パピヨンをドッグランに連れて行くときの注意点とは?

ドッグランはリードを付けずに、犬を自由に遊ばせることができる場所。愛犬のパピヨンにとって、思いっきり走り回って遊べることは、きっと刺激的で楽しい時間となるでしょう。しかし、ドッグランにはたくさんの犬が遊びにきますので、ほかの犬や飼い主の方たちに迷惑をかけないように配慮する必要があります。では、ドッグランに行くときはどのようなことに注意したらよいのか、ご紹介していきます。

飼い主の言うことを聞ける

ドッグランには、さまざまな犬が遊びに来ます。そのため、トラブルを起こさず安全に遊べるように、きちんと指示に従えるようにしておかなくてはなりません。最低限、「オイデ」「マテ」「ダメ」はしっかりと覚えさせて、パピヨンが遊んでいる途中でも、呼べば自分のもとへ来るようにしておきましょう。ドッグランでは、お互いにルールやマナーを守って、相手の犬や飼い主をケガさせたり、反対に自分の犬がケガを負わないように注意して、安全に遊ぶことが大前提です。そのことをしっかりと頭に入れて、責任をもって遊ばせるようにしてください。

ほかの犬に慣らしておく

子犬の時期に社会化不足で、ほかの犬にあまり接していない場合は、犬がたくさんいるドッグランにいきなり連れて行くのは、やめたほうがよいです。急にそんなにたくさんの犬に会うのは楽しめるどころか、かえって恐怖感を与えるだけになってしまいます。そのため、まずは普段の散歩のとき、ほかの犬に会っても、怯えたりしないようにすることから始めていきましょう。慣れないうちは相手の犬に吠えてしまうかもしれませんが、そのときに叱るのは逆効果ですので気をつけてください。それよりも、相手の犬が近づいてきたら「マテ」をさせて、やり過ごせるようにしておくことが大切です。そうすることで、「飼い主の言うことを聞いていれば、相手の犬は攻撃してこないんだ」と覚えていき、ほかの犬に対する恐怖心が減っていきます。したがって、様子を見ながら、ドッグランに連れて行けそうかどうか、判断するようにしましょう。

落ち着かせてから遊ばせ、目を離さない

ドッグランに入ったら、とくに初めてのときはすぐにリードは外さず、最初は付けたまま一緒に歩いて、落ち着かせてから遊ばせるようにしたほうがよいでしょう。たくさんの犬を目の当たりにするのは、パピヨンにとって刺激が大きいですので、まずは安心させてあげることが大切です。それからようやくリードを外して遊ばせていきましょう。普段と違い思いっきり走り回れて、きっと嬉しいはずです。しかし、パピヨンが遊んでいる間は、目を離さないようにしてください。たくさんの犬がいる中では、何かトラブルが起こることも十分あり得ます。自分の犬はもちろんですが、ほかの犬の動きにも気を配っておくようにしましょう。

ヒート中(発情期)は行かない

飼っているパピヨンがメス犬の場合、ヒート中のときは、ドッグランで遊ばせることはできません。メス犬のフェロモンの臭いがオス犬を刺激してしまいます。これは多くのドッグランが利用規約で定めていますので、必ず守るようにしてください。また、ヒートが終わってもすぐにドッグランに連れて行くことは控え、最低でも3週間ぐらい空けてからにするようにしましょう。

まとめ

運動が大好きなパピヨンにとって、ドッグランはきっと最高の遊び場にちがいありません。ほかの犬や飼い主に迷惑をかけないようにして、楽しく遊ばせてあげてくださいね。また、ドッグランには、さまざまなルールが定められていますので、行く前によく確認しておいたほうがよいでしょう。