フレンチブルドックを守る室内環境とは?あなたの家の安全度チェック!


フレンチブルドッグの基本情報

フレンチブルドック

ペチャ顔の犬と言えば、パグ、シーズー、ボストンテリアなどたくさんいますが、忘れていけないのがフレンチブルドッグではないでしょうか。

見た目の可愛さももちろんですが、無駄吠えが少なくマイペースな平和主義犬なので、マンションや子供がいる家庭でも安心して飼うことができる、4本足の家族としては最高なパートナーになります。

フレンチブルドッグの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:8〜13kg以下
  • 体高:26〜31cm
  • 被毛:ダブルコート、短毛種(抜け毛が多い傾向)
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 平均寿命:10〜14歳
  • 価格相場:20〜30万円

フレンチブルドッグの特徴は、体の大きさに対して頭が四角く大きいところにあります。

そんな体の特徴のため、フレンチブルドッグの出産はほとんど帝王切開になります。

たまにパグとフレンチブルドッグが間違えられることがありますが、最大の違いは、フレンチブルドッグの耳はコウモリ耳(バットイヤー)なことです。

また、パグは8kg以上になることは少ないのですが、フレンチブルドッグはそれ以上に成長します。

フレンチブルドッグの性格・気質

  • 平和主義
  • マイペース
  • 忍耐強い
  • 遊び大好き
  • 食べ物大好き
  • 家族が命
  • 寂しがり屋
  • 好奇心旺盛
  • デリケートで落ち込みやすい
フレンチブルドック

フレンチブルドッグは大変穏やかで、滅多に怒ることがありません。

無駄吠えも少ないのでとても飼いやすい犬種になります。

忍耐強いので、小さな子供にしつこく触られても怒るということなく、無言で立ち去ろうとする、大人な対応をできるのがフレンチブルドッグです。

のんびり常にゆっくり動くのかと思いきや、運動神経が良く、遊ぶのが大好きなので、大はしゃぎで興奮すると、手がつけられないほど激しく動き回ります。

家族が大好きで、常に誰かと一緒にいたがる甘えん坊の一面もあります。

フレンチブルドックを守る室内環境「室内飼い=安全ではない? 」

昔は犬といえば外で飼うのが一般的でしたが、近年は小型犬や寒暖の差に適応できない犬種をペットにする人が増え、室内で飼う人も多くなっています。

実際、室内飼いと外飼いを比べると、明らかに室内飼いされた犬の方が長生きするというデータがあります。

常に家族と一緒にいられる安心感から、外飼いよりストレスがかからないのと、そばで生活する分、スキンシップや会話をしやすいので、犬は常に満たされた環境で生活できます。

また、温度や湿度を調節できるだけでなく、外敵から守られる、衛生的等、室内飼いにはたくさんのメリットがある一方、室内だからこそ注意しなければならない点もあります。

室内には、フレンチブルドックにとって危険なものが意外と多くあります。

危険回避の方法をきちんと知っておくことで、愛犬が安全快適に過ごすことができます。

フレンチブルドック

フレンチブルドックを守る室内環境「室温やフローリングについて」

フレンチブルドックに適した室温・湿度

フレンチブルドックは暑さに弱く、寒さも苦手です。

犬は汗をかきにくく、肉球が少量の汗をかいたり、口呼吸で舌を出したりして自分の体温調整をします。

ただフレンチブルドッグのような短頭種はその呼吸をうまくすることができず、体温調整が大変苦手な犬種になります。

そのため、フレンチブルドッグが快適と感じる温度は20〜25度で、湿度は60%を超えてしまうと犬にとって不快な湿度になります。

エアコン等でしっかり調節してあげましょう。

暑い時は湿度にも十分注意が必要です。

ジメジメした環境では熱中症になりやすく、命に関わることになりかねません。

夏の暑い季節などに家族が留守にするときは、必ずエアコンは付けっ放しで出かけるようにしてください。

また寒い冬は、就寝するときに暖房を消すのであれば、フレンチブルドッグが寒くないように、ベッドに防寒グッズを利用したり、暖かい毛布を足してあげたりしましょう。

フレンチブルドックには負担?フローリングの床

フレンチブルドックは股関節等に疾患を起こしやすい犬種なので、滑りやすいフローリングの床での生活は負担がかかります。

転んで怪我をしたりしないように、滑り止めやカーペット等を敷くと良いでしょう。

カーペット等を敷いた場合はノミダニ対策のためにもこまめに掃除し、清潔に保つことも大切です。

フレンチブルドッグも人と同様、ハウスダストが原因でアレルギーを起こしたり、皮膚の状態が悪くなったりします。

また、フローリングの掃除のために、床拭きクリーナーを使う場合は注意が必要になります。

極力自然由来のクリーナーを使うことで、万が一フレンチブルドッグが床を舐めても心配ないように対策をしましょう。

フレンチブルドックのしつけや安心できる場所としてのサークル&ケージ

来客があった時等に、興奮したフレンチブルドックがはしゃぎ回ってケガをすることがあります。

こうしたトラブルを防ぐには、サークルやケージに入れると落ち着かせることができます。

危険回避だけでなく普段のしつけにも利用できるので、愛犬の安心できる場所として用意してあげましょう。

フレンチブルドッグを守る室内環境「観葉植物は安全OR危険!?」

室内に観葉植物があるだけで、パァッと家の中が明るくなり、どの植物を置くかで家の雰囲気も変わるので、こだわる人はあれこれこだわりがあるようです。

でも、フレンチブルドッグを室内飼いする場合、少し注意が必要になります。

実は、観葉植物の中には犬にとって「毒」になるものがあり、いたずら心で口に入れられてしまったら、病院行きになってしまうことがあります。

最悪命に関わる中毒症状を起こすことがあるので、犬にとって安全な観葉植物を選ぶか、絶対に手の届かない場所へ置くようにしましょう。

◆フレンチドッグにNGな観葉植物

  • ドラセナ類
  • バラ科植物
  • ポトス
  • セローム
  • すずらん
  • アロエ
  • アサガオ
  • チューリップ
  • クワズイモ
ボストンテリア,フレンチブルドック

フレンチブルドッグを守る室内環境「ルームフレグランスにご注意」

犬は匂いに大変敏感なのは誰もが知っていますよね。

人にとっていい匂いで癒されても、犬にとって不快な匂いというのはたくさんあります。

例えば、

  • アロマキャンドル
  • リードディフューザー
  • ルームフレグランススプレー
  • 香水

など、犬は大変苦手な匂いになります。

要は、自然な香りはOKだけど、合成して作られた匂いはNGということです。

そうした犬が苦手な匂いが常に室内に充満していることで、犬がストレスを感じるだけでなく、アレルギーの原因になることもあります。

室内に何かいい香りが欲しいとお考えであれば、ぜひ、天然のハーブオイルなどを焚いて、犬にも優しい香りを演出してみてください。

フレンチブルドック

フレンチブルドッグを守る室内環境「手の届く場所に危険なものはNG」

フレンチブルドッグはおっとり見えて、好奇心旺盛なので、気になるものがあるととにかく確認しないと気が済まなくなります。

フレンチブルドッグにとって、それは危険なのか安全なのか、飼い主さんにとって大事なのかどうか、そんなことはおそらく関係ありません。

「気になる」が全てで夢中になるでしょう。

壊れても平気なものなら「あ〜あ」で済みますが、例えば電池や電化製品など、噛んでしまったら危険なものはたくさんあります。

私たちが生活する中で、気にならないものであっても、フレンチブルドッグにとっては未知なるものになります。

特に子犬のうちは何でも口に入れたがるので、手の届くところには絶対危険なものは置かないようにしましょう。

パグ

この記事のまとめ

フレンチブルドッグを守る室内環境とは?
  • 体重:8〜13kg以下の中型犬。ダブルコートの短毛
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 性格は穏やかで無駄吠えが少ない。常に静かなわけではなく、遊ぶのが大好きで、興奮するとかなりはしゃぐことがある。家族が大好きで常に一緒にいたがる
  • フレンチブルドッグは室内飼いすることで、寿命が延びることが多い
  • フレンチブルドッグの適温は20〜25度で、湿度は60%以下
  • 夏はエアコンでインド調整。冬は防寒グッズを活用
  • フローリングは滑り止めやカーペットを敷く
  • サークルやケージを利用することで危険回避やしつけに利用できる
  • 観葉植物の中には毒になるものもある。置く種類に注意
  • ルームフレグランスを使うなら化学合成のものではなく、天然のものを使う
  • 手の届く場所に危険なものは置かない

フレンチブルドッグを守る室内環境とは? さいごに

私たちが当たり前で便利に生活している環境でも、犬目線で見てみると、意外とこれは危険だな〜ということが結構目につきますよね。

フレンチブルドッグは私たちと違い、常に床に近い位置で生活をします。

一度、フレンチブルドッグと同じ目線までしゃがみ、室内を見渡して見ましょう。

念には念を入れて、安全なフレンチブルドッグの室内環境を整えてあげましょう。