フレンチブルドックを守る室内環境とは?あなたの家の安全度チェック!

体温調節が苦手なフレンチブルドックは、必然的に室内飼いをすることになります。家の中だから安全ということはなく、室内だからこそ対策をしなければならないことがあります。フレンチブルドックの安全や健康を守るためには、迎え入れる前にしっかりと準備しておくことが大切です。きちんとした対策ができるように、室内飼いでの安全対策についてご紹介します。

フレンチブルドックを守る室内環境 室内飼い=安全ではない? 

昔は犬といえば外で飼うのが一般的でしたが、近年は小型犬や寒暖の差に適応できない犬種をペットにする人が増え、室内で飼う人も多くなっています。

温度や湿度を調節できるだけでなく、外敵から守られる、衛生的等、室内飼いにはたくさんのメリットがある一方、室内だからこそ注意しなければならない点もあります。

室内には、フレンチブルドックにとって危険なものが意外と多くあります。

危険回避の方法をきちんと知っておくことで、愛犬が安全快適に過ごすことができます。

フレンチブルドックを守る室内環境 室温やフローリングについて

フレンチブルドックに適した室温・湿度

フレンチブルドックは暑さに弱く、寒さも苦手です。

エアコン等でしっかり調節してあげましょう。暑い時は湿度にも注意が必要です。

ジメジメした環境では熱中症になりやすく、命に関わることになりかねません。

フレンチブルドックには負担?フローリングの床

フレンチブルドックは股関節等に疾患を起こしやすい犬種なので、滑りやすいフローリングの床での生活は負担がかかります。

転んで怪我をしたりしないように、滑り止めやカーペット等を敷くと良いでしょう。

カーペット等を敷いた場合はノミダニ対策のためにもこまめに掃除し、清潔に保つことも大切です。

フレンチブルドックのしつけや安心できる場所として サークル・ケージ

来客があった時等に、興奮したフレンチブルドックがはしゃぎ回ってケガをすることがあります。

こうしたトラブルを防ぐには、サークルやケージに入れると落ち着かせることができます。

危険回避だけでなく普段のしつけにも利用できるので、愛犬の安心できる場所として用意してあげましょう。

フレンチブルドック,室内,犬

フレンチブルドックを守る室内環境 危険なもの

フレンチブルドックを守る室内環境で危険なもの① 目線にあるもの

フレンチブルドックの目線にある家具等は、何かの拍子に目をぶつける恐れがあります。

置かないようにしましょう。

フレンチブルドックを守る室内環境で危険なもの② リモコン、電気コードなど

フレンチブルドックがいたずらをしたら危ないものは片付けておきます。

たとえばボタン電池を飲み込んでしまったら、命に関わる事にもなります。また、ストーブなど高温になるものも火傷の恐れがあるのでフレンチブルドックの行動範囲には置かないようにしましょう。

フレンチブルドックを守る室内環境で危険なもの② ゴミ箱

フレンチブルドックに限らずゴミ箱の中を漁る犬は多いものです。

お菓子のパッケージ等、美味しそうな匂いのついたものを食べ物と間違えた愛犬が飲み込んでしまい、胃や腸に詰まったら手術が必要になることもあります。

ゴミ箱は犬の手が届く場所に決して置いてはいけません。

チョコレートやキシリトール入りのガム等も、フレンチブルドックが食べると中毒を起こす恐れがあります。

食いしん坊のフレンチブルドックを危険から守るために、お菓子は出しっぱなしにしないよう片付けておきましょう。

フレンチブルドックを守る室内環境で危険なもの③ おもちゃ・アクセサリー

小さなおもちゃやアクセサリー等は、フレンチブルドックがくわえて遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

ゴミと同様、胃や腸に詰まってしまと危険なので注意が必要です。

この他にもフレンチブルドックがいたずらをしそうなものや危険を感じる場所は、あらかじめ対策しておきましょう。

対策が難しい部屋にはフレンチブルドックが入れないようにすることも、安全を守るためには必要です。