アメリカンコッカースパニエルの寿命は?長生きしてもらうためにできることは?

アメリカンコッカースパニエルは中型犬としては長寿の犬が多い犬種です。愛犬は人間より早く寿命が尽きてしまうことはわかっていても、できるだけ長く元気でいてほしいというのは飼い主全員の願いです。それではアメリカンコッカースパニエルに長生きしてもらうために飼い主ができることとは何なのでしょう?一緒に考えてみましょう。

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は?

犬の寿命はペットフードの発達などで、かなり延びてきてします。小型犬のほうが大型犬、中型犬よりも寿命が長い傾向があります。アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は中型犬としてはやや長く、12歳~15歳位だと言われています。それでも人間の15歳はまだまだ子供ですので、犬の一生は本当にあっという間に終ってしまうのだということがわかりますよね。

同じ長寿でも、病気がちで長く生きるのと元気で長く生きるのとでは犬自身と飼い主の負担が全く違います。長寿になったばかりに、人間と同じような病気に悩まされ介護が必要になってしまう犬たちも決して少なくありません。少しでも元気で一生を終えてもらえるように、飼い主がしてあげられることは、たくさんありそうです。

太らないように注意しよう!

アメリカンコッカースパニエルは食べることが大好きで、太りやすい傾向があります。欲しがるからと、たくさん食べさせていたら肥満になってしまいますので気をつけましょう。アメリカンコッカースパニエルだけではなく、犬には肥満が万病のもとになってしまいます。

ペットフードや犬用のおやつ等、犬用に作られたものならまだしも、人間用に味付けされたものを与えるのは厳禁です。たとえ欲しがって吠えても、人間の食べ物は与えないようにしましょう。人間の食べ物はカロリーや塩分が高いだけでなく、食材そのものが犬に食べさせてはいけないものが多いです。ドッグフードも原材料に気をつけて良質のものを選ぶようにしてあげましょう。肥満防止、ストレス解消のために散歩に連れて行ったり運動させたりするようにすると、適度な筋肉がついて体が丈夫になり、長寿につながってきます。

シニア犬になったら細心の注意を!

シニア犬になってきたら、それまで何ともなかったことでも、できないことが多くなってきて、見た感じも老化が進んできます。人間よりもずっと早く老化していくので、様子を注意深く観察するようにしましょう。アメリカンコッカースパニエルは6歳頃からシニア犬となり、10歳位から老化が進んできます。

白内障を起こしやすいので、目の様子にも気を配るようにしたいですね。床で滑ると関節を傷めやすくなりますので、滑らないようにマットなどを敷いておいてあげましょう。通常のドッグフードではカロリーや塩分が多めになってしまいますので、シニア犬用のものに切り替えましょう。もともと皮膚のトラブルが多いアメリカンコッカースパニエルですが、老犬になると一層皮膚にトラブルを抱えやすくなります。毎日のブラッシングで変わったことがないか確認するようにしましょう。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12歳~15歳で中型犬の中では長寿ですが、人間に比べるとあっと言う間に老化してしまいます。老犬になっても、ずっと健康でいてもらうためには、太らせないようにする、シニア犬になったら常に細心の注意を払うようにするなど、たくさんのことがあります。私たちよりも速いスピードで年をとっていく犬のためにも、できることは全てしてあげるようにしたいものですね。