ポメラニアンのいびきについて(原因や病院に行く目安など)


犬のいびきとは?

寝ているときの犬を見ると、時々、「ガーガー」や「グーグー」といびきをかいているのを目にしたことはありませんか?犬がいびきをかくしくみは人間と同じです。
人間や犬が呼吸をするとき、口や鼻から息を吸い、気管を通って肺へ空気が送られます。
この時に、気管が何らかの形で狭くなてしまうと、空気が呼吸器を通るときに振動するため、これがいびきとして聞こえるのです。

いびきの原因

犬の中でもいびきをかきやすい犬もいます。
それは、ポメラニアンやパグ、ペキニーズなどの短頭種です。
この犬種は、鼻が短く口腔の面積が狭く、口内の天井部から後方に伸びている軟口蓋(上あごの一番奥にある柔らかい部分のこと)が圧迫されて下垂してしまうことがみられるのため、いびきをかくことが多いのです。

また、環境や、体型によっていびきをすることもあります。
太っていてもいびきをかきます。
首の周りに脂肪がつき、喉が圧迫されてしまうからです。
ですから、日頃の体重管理もきちんとおこないましょう!
そして、いびきの中でも、そのままみていても良いいびきと、注意が必要ないびきがあります。

病院にはどのタイミングで連れていくのか?

いびきにも注意しなければ、いけない時もあります。
それは、気管虚脱や心臓病、そして腫瘍などです。
普段のいびきとの違いはなんでしょうか?

  • 寝ていても呼吸が苦しそう:寝ていても喘いでいたり、呼吸がしにくそうなとき。
  • いびきが普段よりも激しい:いつものいびきでなく、大きな声でいびきをしているとき。

このような症状などがありましたら、かかりつけの動物病院へ行き、診てもらってください。
そのとき、いびきをしている時のビデオなどの動画を撮っておき、獣医師にも観てもらうと、飼い主が言葉で説明するより、分かりやすく適切な治療がおこなえます。

また、短頭種でもあるポメラニアンは、「気管虚脱」には特に気を付けてください。
これは、気管が押しつぶされて空気が正常に送られなくなることです。
一度、つぶれてしまった気管は元に戻すことはできません。
気管虚脱の主な症状は、呼吸困難やチアノーゼ、咳などです。
予防方法は、体重管理と、散歩時の首輪にリードではなく、ハーネス(胴輪)にすることなどです。
できるだけ、首に負担をかけないようにしましょう。

まとめ

犬のいびきにもそれなりの理由があるということです。
ポメラニアンは短頭種ですので特に、日頃の体重管理など、飼い主ができることはしっかりとおこない、いびきの異変や心配なことがあった場合は、必要であれば速やかにかかりつけの動物病院に連れて行ってあげてください。