ポメラニアンに与えてはいけない食べ物は?肉・野菜・その他について・・


犬は肉食動物。
だけど生肉はNG

本来肉食動物だった犬。
そのため、生肉を与えても良いと考える飼い主さんは多いのではないでしょうか。
しかし、生肉には寄生虫や病原性細菌等が含んでいる可能性があるので、牛肉・豚肉・鶏肉すべてにおいて生肉で与えてはいけません。
お肉を与える際には、加熱処理をして与えるようにしましょう。
鶏肉などは骨が喉に刺さりやすく危険なので、与える際には骨を取り除いてあげましょう。

他にも、ドッグフードで魚が使われていることがありますが、魚においても加熱処理をして骨を取り除いてから与えるようにしましょう。
イカ・タコ・カニ・貝類は消化不良を起こしやすいなどの理由から加熱処理をしたとしても与えてはいけない食べ物なので注意しましょう。

野菜で与えてはいけないもの

昔からネギ類を与えてはいけないというのは有名ですよね。
玉ネギ、青ネギ、長ネギ、ニラ・ニンニクなどがあります。
ネギ類が含まれているハンバーグやコロッケなどの調理食材も同様に与えてはいけません。
味噌汁に入っているネギを取り除いて与えるという場合や、肉料理にニンニクが使われているものも、ネギやニンニクの成分が溶け出ているので危険です。

キャベツの葉やきゅうり、人参など少量なら生で与えても良い食材もありますが、基本的には茹でたものを与えた方が安全だと言えます。
しかし、人間用に調理されたものは塩分が高いため絶対に与えてはいけません。

また、与えても良いと言われる野菜や果物を与える際には、種・茎・皮・芯に注意しましょう。
種や芯を喉に詰まらせたり、種や茎に中毒物質が含まれている場合がある食べ物もあります。
種・茎・皮・芯は取ってから与えるようにしましょう。

その他に身近な食べ物

他にも犬に与えてはいけない食べ物はあります。
チョコレートやケーキなどの甘いもの、レーズン、梅、調味料系、アルコール、茶・コーヒー類などたくさんあります。

牛乳を与えても良いと思っている人は多いかと思います。
しかし、人間用の牛乳は乳糖分解酵素が無い犬は下痢を起こす可能性があります。
牛乳を与える際には、水で薄めるか犬用の牛乳を与えるようにしましょう。

他にもハムやウインナー・ちくわなどは、肉や魚の加工食品だからと大丈夫だと思われがちですが、塩分が高く高カロリーなので与えないでください。

まとめ

基本的に人間用に調理・加工された食べ物は塩分が高いので与えてはいけません。
ポメラニアンの可愛さに負けてちょっとだけと与えてしまうと、中毒を起こしてしまうこともありますし、その時は大丈夫でも長年の積み重ねで歳を取ってから体調を崩すこともあります。

愛犬の健康のために、与えてはいけない食べ物をしっかりと把握しておくことと、おねだりされても心を鬼にして人間用の食事を与えることはやめましょう。