獣医師が解説!小型犬に多い、膝蓋骨脱臼ってどんな病気? Vol.1

好発犬種

小型犬に多発するといわれ、どの犬種にもおこる可能性はありますが、トイ種、ミニチュア種で発生が多いです。
好発犬種としては、ミニチュア・プードル、トイ・プードル、チワワ、ヨークシャ・テリア、ポメラニアン、ペキニーズ、ボストン・テリアなどが挙げられます。

病気の定義

専門的にいうと、「大腿骨滑車における正常な解剖学的位置から内方あるいは外方への膝蓋骨の変位。
」が膝蓋骨脱臼の定義になります。
分かりやすく説明しますと、膝蓋骨とはいわゆる膝のお皿の部分を指します。
このお皿が収まる部位を大腿骨滑車といいいますが、通常お皿はぴたりとここに収まっているのが正常です。
この膝のお皿が大腿骨滑車きちんと収まらずに内方、外方に移動してしまう状況が、いわゆる膝蓋骨脱臼です。
小型犬では、75%が内方に脱臼するといわれています。

重症度分類

膝蓋骨脱臼は、重症度Ⅰ〜Ⅳに分類され、この重症度分類は、獣医師の触診によって行われます。
以下に診断基準を示しておきます。

●重症度Ⅰー膝蓋骨を手で脱臼させられるが、圧迫を解除すると正常位にもどる。
→膝のお皿を横に押すとずれてしまうが、自然にもとのあるべき位置にもどるということです。

●重症度Ⅱー膝蓋骨を手で脱臼させられるか、あるいは膝関節の屈曲時に自然に脱臼する。
脱臼した膝関節が関節を進展して脱臼と反対方向に頸骨を回転させるまで正常位にもどらない。
→膝のお皿を横に押すとずれるか、押すまでもなく足をまげるとお皿がずれてしまう状況です。
お皿をもとの位置にもどすのも、重症度Ⅰのように自然にはいかず、足をのばしてお皿をもとにもどす補助となる動きをとらなければいけません。

●重症度Ⅲー大部分は膝蓋骨は脱臼したままであるが、関節を伸展すると手で整復することができる。
関節の屈曲および伸展によって膝蓋骨が再脱臼する。
→お皿がかなりぱかぱかとずれやすく、ほぼずれた状態でいることが多くなってしまっている状況です。
足を伸ばして、お皿をもとの位置にもどすことはできますが、足を曲げたり、伸ばしたり動かすたびに、お皿がずれてしまいます。

●重症度Ⅳー膝蓋骨は常時脱臼しており、手で整復することができない。
大腿骨の滑車溝は浅くなっているか消失しており、脱臼方向への大腿4頭筋群の変位がみられる。
膝関節周囲の軟部組織の異常および大腿骨と頸骨の変位が顕著である。
→お皿は常にずれていて、もとの位置にもどすことが不可能です。
お皿がもとの位置にはまらない状態により、膝関節の構造自体が異常をきたしてしまいます。
この段階までくると、膝周囲の筋肉も萎縮し、足が不自然な方向に曲がり、地面に着かず、あがったままでいることが多いです。

まとめ

いかがでしょうか。
少し専門的な情報も入りましたが、自分のペットがもし膝蓋骨脱臼と診断されたら、今どのような状態なのか知ってもらう手がかりになれればと思います。
また、膝蓋骨脱臼は小型犬にはとても多い病気なので、はじめて小型犬をおうちの家族に迎えた方は、動物病院で一度チェックしておいてもらうとよいですね。