獣医師が解説!チワワにかかりやすい病気ってどんなものがあるの? Vol.3

膝蓋骨脱臼

この膝蓋骨脱臼という病気は、チワワを含む小型犬に多発するといわれ、どの犬種にもおこる可能性はありますが、トイ種、ミニチュア種で発生が多いです。

病気の定義

専門的にいうと、「大腿骨滑車における正常な解剖学的位置から内方あるいは外方への膝蓋骨の変位。
」が膝蓋骨脱臼の定義になります。
つまり、膝のお皿にあたる膝蓋骨が定位置にはまらずに内側、外側に外れてしまう病気です。
小型犬では、75%が内方に脱臼するといわれています。

症状

初期はほとんど症状をおこしませんが、以下のような症状がみられたら注意が必要です。

  • スキップしたり、ケンケンする動作
  • 足が妙に蟹股だったり、内股である
  • 足をかばうような動作やびっこがみられる
  • 足をもちあげて地面につこうとしない

診断

一般的に、身体検査をおこない、触診において診断されます。
大腿骨、頸骨といった膝の上下の骨の形状の異常や捻転を確認するため、レントゲン検査が実施されることもあります。

治療

膝蓋骨脱臼の治療には、内科学的治療と外科的治療があります。
一般的に重症度が低い症例では、運動制限や消炎鎮痛剤、軟骨保護薬などの内服薬を用いる内科的治療で管理をすることが多いです。
また、重症度が高くなり、足を使えない状態ですと、膝蓋骨の位置を正常にもどし、膝の伸展運動が正常におこなえるようにするよう外科的治療が選択されます。

ポイント

チワワは超小型犬種で、飼い主の注目を得るためにぴょんぴょんとジャンプすることもあります。
このジャンプ運動やくるくると回転運動などは非常に膝に負担がかかりますので、膝蓋骨脱臼と診断されてしまったら、避けた方がよいでしょう。

フローリングなどすべる床などもよくありませんので、カーペットをひくなどの工夫が必要です。
肥満もこの病気の悪化要因になりますので、気をつけましょう。

角膜炎

チワワを含む短頭種といわれる鼻の短い犬種は、眼が障害物などにあたりやすく、角膜炎など目の問題をおこしやすいと考えられています。

病気の定義

目の構造上、黒目の部分を覆う膜を角膜と称しますが、この角膜が炎症を起こした状態を角膜炎と呼びます。
角膜炎は非潰瘍性角膜炎と潰瘍性角膜炎に分類され、非潰瘍性の方が角膜の表層の炎症、潰瘍性の方が角膜上皮欠損(角膜びらん)とその直下の角膜実質欠損(角膜潰瘍)を伴う炎症とされています。

また、専門的にいうと非潰瘍性角膜炎は、慢性表層性角膜炎、色素性角膜炎、結節性肉芽腫性上強膜炎、乾性角結膜炎とに細かく分けられます。

症状

以下のような症状がみられたら注意が必要です。

  • 目がしょぼつく
  • 瞬きがいつもより多い
  • 目を気にしてこする
  • 涙がでる
  • 目やにがでる
  • 目を痛がる、顔をさわられるのをいやがる
  • 診断

    フルオレセイン染色検査:目を特殊な染色液で染めて、目に傷がついているかどうかをみる検査。
    非潰瘍性角膜炎では染まらず、潰瘍性角膜炎では染まってみえます。
    眼鏡検査:目の状態を眼鏡とよばれる器具を使って、チェックします。

    治療

    角膜炎は、上記にしたように色々と種類があるので、それによって治療も様々ですが、一般的には、点眼薬を使用した内科治療になります。
    ただし、傷が深い潰瘍性角膜炎は、外科的対応が適応になることもあります。
    また、潰瘍性角膜炎は失明することもありますので、早期対応が必要です。
    目の異常がみられたら、早めに動物病院で診てもらいましょう。

    ポイント

    お散歩の際は、草むらを避けるなどして、目に障害物が当たるのを避けるように心がけましょう。