ポメラニアンの散歩の仕方と注意点

ポメラニアンなどの小型犬はお散歩が必要ないと思いがちですよね。確かに室内で走り回ったりすることで運動量は足りますが、外に出るということは、社会性を身に付けることもできて、ストレス発散にもつながります。ポメラニアンの健康のためにも、お散歩に連れて行ってあげたいものです。 今回は、ポメラニアンのお散歩の仕方と注意点を紹介します。

ポメラニアンのお散歩の仕方

ポメラニアンの運動量は多くはありません。しかし、ポメラニアンは太りやすい体質をしているので室内での運動やお散歩は必須なのです。1日のお散歩の時間は20~30分を目安にお散歩させてあげましょう。
お散歩の時に、リードを長くしておくと道路へ飛び出すなど危険な行動の原因になります。必ずリードは短く持って飼い主さんの横を歩かせるようにしましょう。
雨の日は室内遊びだけでも十分ですので、ボール遊びなどで走り回らせるようにしてあげましょう。

お散歩で注意しておきたいこと

ポメラニアンは好奇心旺盛で活発、更に勇敢な性格を持ち合わせているので、ポメラニアンのお散歩はしつけをしておかないと大変なことになるかもしれません。 他の犬や知らない人に、吠えて立ち向かっていくというようなことがないよう、子犬のころから社会性とマナーを身に付けさせておく必要があります。
その他にも、ポメラニアンが安全にお散歩するために注意しておきたいことを見ていきましょう。

季節に合わせたお散歩

夏場のお散歩はコンクリートが熱くなり肉球がやけどしてしまう可能性もある上、暑さが苦手なポメラニアンが熱中症にもなりやすくなるので、安全にお散歩ができるよう朝早い時間帯か日が沈んでしばらく経った夜の時間帯にお散歩させてあげるようにしましょう。こまめな水分補給も忘れずに行ってください。
梅雨などの雨が多い季節には、運動不足になりがちです。運動量が少なめではありますが、ストレス発散の意味でも運動量に気を付けてあげてください。室内ドッグランなどに連れて行ってあげるのも良いかもしれませんね。

階段などの段差

ポメラニアンは、骨や関節が弱い犬種です。太り気味などであれば特に、外での段差などの障害物に注意しておかないと骨折や脱臼の原因になる可能性があります。

拾い食い

犬は落ちているものを、食べる目的ではなくてもそれが何なのかを知るために口の中に入れてしまいます。もしかしたらそれは毒性のあるものかもしれません。誤って飲み込んでしまうことで呼吸困難や腸閉塞も引き起こしかねませんので、拾い食いをしないよう細心の注意が必要です。落ちているものを口に含みそうになったら、足などで遮り注意を他のことに向けさせる訓練をしておきましょう。

まとめ

ポメラニアンが安心・安全にお散歩させるために必要なことは、マナーと最低限のしつけです。「おすわり」「待て」などのしつけを単なる芸と思っている方も多いようですが、これは主従関係をはっきりさせて、犬の興奮を抑えるといった意味があります。犬の安全を守るために基本的なしつけは必須なのです。
マナーと最低限のしつけを行って、ポメラニアンと一緒に楽しく安全なお散歩をしましょう。