どんなものをあげればいいの?チワワの子犬におすすめのドッグフードやおやつ


まずは、今まで与えていたものからあげましょう

ペットショップから迎えるのであっても、ブリーダーさんから迎えるのであっても、お迎え時には必ずその子犬が今まで食べていたものを、持ちかえらせてくれます。
子犬はその食事で順応しているので、まずは、今まで食べていたものを与えてあげましょう。
急に違うものを食べさせるとお腹を壊す原因になります。
また、与える方法もふやかす、細かくするなど、ショップやブリーダーさんの指示にしたがって与えてあげるようにします。
ある程度お家に慣れてくれば、徐々に違うものに変更していってもかまいません。
手作り食を与えたいと思っておられる場合でも、急に手作りのものを与えるのではなく、だんだん慣れてくるように少しずつ割合を変更して行くのが良いでしょう。

良質なドッグフードの選び方

お店やインターネット上では、さまざまなドッグフードが販売されていますよね。
でも、どれをあげればいいのか本当に迷ってしまいます。
あまりにもいろいろなものを試し過ぎて、フードジプシーなんていう言葉もあるほどです。
できるだけ良いものを与えたいと思うのは飼い主さんとして当然のこと。
最近では、ドッグフードの研究もかなり進んでおり、とても良質なものが多く販売されています。
外国産でも国内産でもどちらでも構いませんが、選ぶ際は食材を多く使っているもの(お肉や野菜等)、添加物ができるだけ少ないもの、日持ちが悪いもの(日持ちが良いものはそれだけ防腐剤が含まれています)を選びます。
あまり安価なフードを選ぶと粗悪品である場合が多いのでおススメできません。
さらに、幼犬用、成犬用、シニア用などステージ別にわかれている場合は、幼犬用を与えて見ましょう。
子犬時代はそのワンちゃんの土台を作る大切な時期。
実は成犬よりも栄養素が高くカロリーの高いフードが適しています。

良質なおやつの選び方

おやつですが、はっきり言って別にあげてもあげなくてもいいものなのです。
人間でも間食を全くしない人もいて、健康的に長生きされていますよね?おやつはあくまでもコミュニケーションツールとして考えるようにし、与えすぎには十分注意します。
犬は賢いので一度美味しいおやつをあげると、それをいつまでも覚えているので、大喜び。
そうなると飼い主さんもついついあげてしまいがちですよね。
おやつを沢山あげすぎると、ご飯自体を食べなくなりますし栄養バランス的にもよくありません。
でも、ご褒美としてあげるのは飼い主さんの楽しみでもあります。
ですので、おやつを選ぶ際も、ドッグフードを選ぶ時と同様に食材そのものを添加物なく加工しているもの、おやつはできるだけ国内産のものを選ぶようにしましょう。
中国産のものは死亡事故も報告されていますので、やめておきましょう。

犬種別フードの方が良いの?

最近では、チワワ用、ダックスフンド用など犬種別で違うドッグフードが販売されています。
犬種別に必要な栄養素を研究して配合したフードですので、これを与えても良いですが、別に絶対に犬種専用のフードでなくてはならないというわけではありません。
ドッグフードを選ぶ基準は上記に述べた基準と同じです。
原材料を多く使用している、添加物が少ないものを選んであげましょう。

適したものを適齢期にあげましょう

子犬時代には子犬に適した食事、おやつを与えるよう心がけましょう。
成犬時代が一番長いので、幼犬時代はあっという間に終わりますが、その犬を形成するのに一番重要な時期でもあります。
栄養バランスが整った食事をしっかりと与えて、いつまでも元気で長生きできるように食事を選んでくださいね。