パピヨンのとってもかわいいミックス犬。どんな種類があるの?

ミックス犬の魅力は、外見も性格も個性豊かなところで、それぞれのかわいさがあるところではないでしょうか。実はパピヨンのミックス犬は種類が豊富で、全てを挙げるときりがないほど…。どのミックス犬も魅力たっぷりなのですが、今回はその中から代表的なパピヨンのミックス犬をピックアップしてみました。

パピチワ

パピヨンとチワワを掛け合わせたミックス犬。別名「パピチワ」と呼ばれ、ミックス犬の中でも、人気のある種類です。超小型犬のチワワの血筋が入っているということもあり、体の大きさは体高23cm前後、体重2.5kgほどで小柄な傾向にあります。外見は、パピヨンの特徴であるフサフサの美しい被毛や、三角の大きな立ち耳と、チワワのチャームポイントであるうるんだ大きな丸い目や、丸みをおびた頭部が掛け合わさり、非常にかわいい印象です。性格は活発で甘えん坊なところが見られ、パピヨンとチワワの性格の特徴がよく表れていると言えるでしょう。

マルパピ

パピヨンとマルチーズを掛け合わせたミックス犬。別名「マルパピ」と呼ばれ、先ほどの「パピチワ」とは違ったかわいさを持っています。平均的な体重は3kg前後。外見は全体的にマルチーズの特徴が見られ、パピヨンのような優雅な美しさというよりは、愛嬌があってかわいらしいというような雰囲気です。耳の形はパピヨン譲りの立ち耳だったり、マルチーズよりの垂れ耳だったりとそれぞれ違い、足の長さもパピヨンのように長いこともあれば、マルチーズのように短いことも。とにかく外見のバリエーションが非常に豊富で個性的です。性格はおとなしく落ち着いている傾向があると言われていまが、とくにミックスの場合、性格は個体差によるものが非常に大きいため、一概には当てはまらないことも少なくありません。

パピプー

パピヨンとトイプードルを掛け合わせたミックス犬で、別名「パピプー」と呼ばれています。体の大きさは体高が28cmほどで、体重が5kg前後。トイプードル譲りのクルクルの被毛と、パピヨン譲りの耳の飾り毛などが合わさって、非常に愛くるしく個性的です。また、パピヨンもトイプードルも頭がよいため、性格は非常に賢く、活発で社交的なところが見られ、飼いやすいという飼い主の方も少なくありません。

ポメヨン

パピヨンとポメラニアンを掛け合わせたミックス犬。別名「ポメヨン」または、「パピポメ」と呼ばれています。体の大きさは体高が25cm前後、体重が3~4kgほどです。ポメラニアン譲りのフワフワの被毛の胴体と、パピヨンのすっきりとした顔立ちが合わさった外見で、非常にかわいらしく人気があります。ただし、パピヨンもポメラニアンも足のトラブルが多い犬種なため、骨折や脱臼をしないように注意が必要です。室内環境を整えるなどして予防するようにしましょう。

パピコー

パピヨンとコーギーを掛け合わせたミックス犬。別名「パピコー」と呼ばれています。平均体重は約5~6kgで、前述したほかのミックス犬と比べると体は大きいほうです。外見は、少し胴体が長めで短足といったコーギー譲りの場合もありますが、顔はパピヨンよりで、大きな立ち耳を譲り受けているケースも少なくありません。しかし、どちらかと言うと、全体的にはコーギーよりの印象が強めです。また、コーギーの体型に近い場合はヘルニアになりやすいので、気をつけるようにしましょう。

まとめ

ミックス犬は個体差による違いが非常に大きいため、外見も性格もさまざまなタイプがいることを、覚えておいてください。また、成長の過程で、最初はパピヨンよりだった外見が少しずつ変わっていく…、といった姿が見られるのもミックス犬の魅力のひとつでしょう。パピヨンのミックス犬はこのほかにも、パピヨン×ヨークシャーテリア、パピヨン×柴犬など、たくさんの種類がいますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。