パピヨンの激安販売店やブリーダーは避けたほうがよいの?

パピヨンの子犬の価格は、ペットショップやブリーダーによって差があるものの、信じられないような激安価格で販売されていることがあります。購入する側にとって、値段が安いのは有り難いことですが、あまりにも安いと、逆に不安を感じることも…。このような激安販売店やブリーダーは避けたほうがよいのでしょうか?

パピヨンの価格の相場

パピヨンの価格の相場は10~30万円ぐらいで、ペットショップで購入するよりも、直接ブリーダーから購入したほうが安いと言われていたりしますが、血統が優秀な子犬の場合は、ブリーダーからでも値段は高いため、一概にどっちのほうが安いとは言えないでしょう。価格は、体格や毛色のバランス、立ち耳になっているか、血統書の有無、親犬がチャンピオン犬か、などの条件によって差があります。また、値段が高いからといって、しつけがしやすいよい犬というわけではありません。

値段が安い理由

基本的に数十万円するパピヨンの値段があまりにも安いのには、それ相応の理由があります。

月齢が経っている

生後2~3ヵ月の子犬の時期から飼いたい人が多いため、月齢が経って体が大きくなり、売れ残っている場合は、値段を安くして販売しています。月齢が経つほど、その分値段も安くなっていることが多いです。

先天性の疾患がある

値段が異常に安いときに最も疑われる理由は、先天性の疾患があることです。子犬の時期は異常が見られないようでも、成犬になってから発症することもあります。

見た目がよくない

頭から鼻筋にかけての白い部分(ブレーズ)の幅が広すぎて、目のまわりに色が入っていなかったり、耳が白かったりしたミスカラーは驚くほどの安さで販売されています。というのも、見た目のことだけでなく、ミスカラーには、遺伝性の疾患を伴っている可能性があるためです。

激安販売店やブリーダーからの購入は避けるべき?

結論から言うと、激安販売店やブリーダーからの購入は避けるべきとは、言い切れないところがあるでしょう。その理由をいくつか挙げてみました。

月齢が経っていることのメリット

確かに生後2~3ヵ月頃から飼い始めれば、最初から自分で飼育をできる喜びがありますが、その時期は体調やケガのトラブルが多く、長時間の留守番をさせるわけにはいきません。しかし、もう少し月齢が経っていれば、そのような心配も少なくなるので、手間が楽になった頃から飼い始めていかれる、というメリットがあります。

ミスカラーは飼い主の考え次第

ミスカラーの場合、遺伝性の疾患が心配されます。そのため、購入は控えたほうがいいという意見もありますが、一概にはそう言えないところがあるでしょう。その理由は、疾患にもよりますが、飼育環境や飼い主のケアによって、なるべく発症しないようにさせることはできます。また、たとえ毛色がミスカラーであっても、パピヨンの賢さや、かわいさに変わりはありません。したがって、飼い主がミスカラーをどのように捉えるかによって購入もありなのか、もしくは避けたほうがよいのか、考え方が分かれるのではないでしょうか。

先天性の疾患があるときは慎重に考える

たとえ激安で販売されていても、よく考えてから決めたほうがよいのは、先天性の疾患がある場合です。もし長期間の治療が必要な疾患の場合は、高額な医療費がかかります。飼うのならば相当の覚悟と責任が必要です。

まとめ

パピヨンを購入するときは価格だけで判断せず、健康状態などもしっかりと確認するようにしましょう。また、月齢が経ち、売れ残っていたとしても、しっかりとケアをしている販売店やブリーダーの方もいるので、そのようなところから購入すれば、健康なパピヨンが安い値段で譲り受けることができるでしょう。