パピヨンの成犬のサイズと成長過程の注意点

パピヨンの成犬のサイズは、どのぐらいが一般的なのでしょうか。体が大きめのパピヨンもいれば、成犬でも小柄なパピヨンを見かけることもあります。このようにパピヨンの体の大きさに差があるのは当たり前のことなのか、気になるところです。そこで、パピヨンの成犬のサイズと成長過程での注意点についてお届けしていきます。

成犬のサイズ

パピヨンの標準的な成犬のサイズは、体高20~28cm、体重4~5kgほどです。しかし、個体差によって体の大きさには差があり、これよりも小さかったりすることもあります。また、性別や毛色によってサイズが違うということは、あまりありません。成犬になったときにどのぐらいの大きさになるかは、実際のところ、骨格がしっかりとしてくる生後8ヵ月頃にならないとわからないことも多く、とくにミックス犬の場合は予想が難しいと言われています。

成犬のサイズを予想するには?

体の大きさは親犬からの遺伝が大きく関係しているため、親犬の大きさを知っておけば、成犬になったときのおおよそのサイズが予想できます。もし親犬が小柄であれば、その子犬のパピヨンも将来は小柄になりやすいでしょう。したがって、前述した標準サイズにこだわる必要はありません。体重の増加が止まってくる生後8ヵ月頃まで様子をみて、その体の大きさに見合った育て方をすることが大切です。

成犬になるまでの注意点

成犬になるまでの成長過程は、体が作られていく大切な時期です。したがって、体が丈夫で健康な成犬へと成長していくために、この時期に気をつけておきたいことがあります。

ダイエットをさせない

パピヨンに必要な1日あたりの餌の量は、ドライフードの袋に記載されている目安量を参考にして、あげているかと思います。しかし、量もきちんと守って、おやつもあげないようにしているのに、子犬のパピヨンを見て「少し太りぎみ?」と感じることがあったりします。しかし、子犬の時期はそれでも大丈夫ですので、ダイエットはしないようにしましょう。成長が著しいときにダイエットをすると、成犬になったときに支障をきたす恐れがあります。それよりも逆に、体重が増えていかなかったり、減ってしまったりする場合は注意が必要です。本来は体重が増えていく時期ですので、念のために獣医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

体重管理をする

パピヨンは生後8ヵ月頃になると、大きさの変化がなくなってくるようになり、その時点での大きさが成犬としてのサイズになります。したがって、このときの体型を維持するようにし、体重管理をしっかりとしていきましましょう。パピヨンは太りやすい体質ではありませんが、餌やおやつの与えすぎや運動不足は肥満の原因になりますので、気をつけておきたいところです。肥満になると、胴体のまわりを触ったときに、肋骨の感触がわからない、また、上から見るとくびれがないという状態になっています。肥満はさまざまな病気を引き起こす原因になるため、注意が必要です。

まとめ

成犬になっても体重が2.5kgほどしかない小柄なパピヨンいます。そのため、成犬のサイズは個体差によって差があることを、覚えておきましょう。また、残念なことに飼い主の中には、ペットショップで聞いた成犬時の推定サイズよりも大きかった、という理由で里親に出そうとする方もいたりします。飼った以上はパピヨンも家族の一員ですので、どんな大きさに成長しようとも、必ず最後まで責任を持って飼うようにしてくださいね。