パピヨンの年齢別のサイズの目安は?

かわいらしい顔立ちで優雅な美しさをもつパピヨン。飼い主にとって、パピヨンがすくすくと成長していく姿は、なんとも言えない喜びがあるのではないでしょうか。健康に育ってもらうには、飼い主がパピヨンの体重管理を行ったりして、日頃からチェックしておくことが大切です。そのためにも、パピヨンの年齢別のサイズの目安を、知っておきましょう。

年齢別のサイズの目安

成長過程において、愛犬のパピヨンが痩せているのか、太っているのかわからないと、不安になることもあるかもしれませんので、年齢別にサイズの目安を把握しておきましょう。パピヨンが生まれたときの体重は約100~150gぐらいで、生後4ヵ月頃には1.8~2.2kgほどに体重が増えていきます。この時期は成長が著しく食欲が旺盛な頃です。そして、生後6ヵ月頃になると2.3~3.5kgぐらいへと成長しますが、これ以降は体重の増加が緩やかになっていきます。また、個体差によっては、この時点ですでに成犬としてのサイズになり、体重の変化があまり見られないパピヨンも。その後、生後8ヵ月頃には2.7~3.7kgほどになり、生後10ヵ月頃に3~4kgぐらいになって体重の変化がなくなり、このときの大きさが成犬のサイズになります。一般的には、パピヨンの成犬の標準サイズは、体高20~28cm、体重4~5kgとされていますが、必ずしもそうでなければならないというわけではありませんので、これに当てはまらなくても心配する必要はありません。

個体差により体のサイズに差がある

パピヨンの体のサイズは個体差により大きな差があるため、成長過程の段階ですでに体の大きさにばらつきがあることも、珍しくありません。そのため、生後6ヵ月で体重が2kgぐらいしかない場合もあれば、すでに3.8kgぐらいあるパピヨンもいたりします。また、体のサイズは親犬からの遺伝によるところが大きいものの、必ずしもそのサイズになるとは限りません。親犬の体重が4~5kgであっても、その子犬のパピヨンは2.5~3kgということもあります。したがって、ほかのパピヨンや親犬と比べてサイズが小柄だったり、大きかったりするのはよくあるケースですので、気にしなくても大丈夫です。

適正体重は体型によって違う

年齢別のサイズの目安を知っておくことは大切ですが、それに合わせてパピヨンの体重をコントロールする必要はありません。というのも、例えば骨格ががっしりとしたタイプのパピヨンでしたら体型は大きめになり、前述した年齢別のサイズより重くなることがあります。しかし、骨格とのバランスを考えると、それが適正体重だったりします。体型とのバランスがとれているか知るには、体重だけでなく、パピヨンの体を触って確認するとよいでしょう。胴体のまわりを触ってみて、うっすらと肋骨の感触がわかるようであれば問題ありません。しかし、肋骨に触れなければ肥満気味で、逆に、肋骨が浮き出て見えているようであれば痩せ過ぎです。したがって、サイズの目安にとらわれずに、体格に合わせて育てるようにして、サイズの推移を見守っていくようにしましょう。

まとめ

パピヨンが成犬になったとき、個体差により体の大きさが倍近く違ってくるのも、決して珍しいことではありません。丈夫な体に育ってもらうために、パピヨンの体型に合わせて健康管理をしていくようにしましょう。体格が小柄でも大きくても、それもひとつの個性ですので、たくさんかわいがってあげてくださいね。