ジャーマンシェパードドッグの基本情報や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパードドッグの基本情報

名前のとおり、ジャーマンシェパードドッグはドイツで生まれました。

もともとは牧羊犬として活躍していたのが始まりです。

運動力、賢さ、忠誠心のどれもが桁外れに高く、その特徴を買われ、警察犬や軍犬など、高いスキルを必要とする仕事をこなす超有名犬になりました。

ルックスも中身共にクールで凛々しく絵になるため、映画やテレビCMでもよく活躍しています。

ジャーマンシェパードドッグの歴史

ジャーマンシェパードドッグはドイツから始まる

ジャーマンシェパードドッグはドイツの各地方で活躍していた牧羊犬を改良して生まれた犬種といわれています。

その交配にはドイツ軍人であった、フォン・シュテファニッツ大尉が大きく関わっています。

様々な犬種を交配させる中で、数多くの問題点もありましたが、1899年にジャーマンシェパードドッグ協会が設立され、さらに改良が進み、優秀で力強く高い能力を持つ、ジャーマンシェパードドッグが誕生しました。

ジャーマンシェパードドッグは軍犬から始まり、マルチで活躍

ジャーマンシェパードドッグが誕生した時代は、世界が戦争に向かって突き進んでいる最中にありました。

そのため、高い能力を持つジャーマンシェパードドッグは、真っ先に軍犬として使われたのです。

それはドイツ国内のみならず、日本へも輸入されました。

世界大戦ではたくさんの尊いジャーマンシェパードドッグの命が消えて行き、悲しい歴史を作りました。

それでも、人々はジャーマンシェパードドッグを愛し続け、世界大戦後も世界中で、ジャーマンシェパードドッグは活躍しています。

その活躍の場は時代時代で変化を遂げ、現在では、

  • 軍用犬
  • 警察犬
  • 麻薬探知犬
  • 捜索救助犬
  • 盲導犬
  • 家庭犬
  • 俳優犬

など様々なシーンで活躍し、世界中で知られる有名犬として愛され、人々とともに働いています。

ジャーマンシェパードドッグの特徴

  • 大きさ:大型犬
  • 体重:オス30.0〜40.0kg、メス22.0〜32.0kg
  • 体高:オス60.0〜65.0cm、メス55.0〜60.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:短毛種、長毛種
  • 被毛の毛色:ブラック、グレー、ブラックタン、ブラックシルバー、セーブル

*ジャーマンシェパードドッグの白色種と呼ばれるのが、スイスで生まれた「ホワイトスイスシェパードドッグ」です。また、アメリカやカナダでも、白色の被毛のジャーマンシェパードドッグが存在し、それらを合わせて「ホワイトシェパード」と呼ばれます。

ジャーマンシェパードドッグの体型は特徴的

ジャーマンシェパードドッグの特徴といえば、横から見るとわかります。

腰からお尻が下がった体型をしています。

また、筋肉質で締まった体は、瞬発力とジャンプ力共に、他の犬種に負けない強さがあります。

ジャーマンシェパードドッグの耳は成長とともに立ち耳に

凛とした顔立ちのジャーマンシェパードドッグですが、子犬の頃は、あどけなく丸く、かわいらしい姿をしていて、子犬時代の耳は垂れています。

ほとんどのジャーマンシェパードドッグは、成長と共に、耳は立ち耳になります。

ただ稀に、立たない耳もあり、マッサージをしたり、補強をしたりします。または、それも個性と受け入れ、垂れ耳のままということもあります。

ジャーマンシェパードドッグの性格・気質

ジャーマンシェパードドッグは賢く、自分で冷静に判断できます

ジャーマンシェパードドッグは警察犬や軍用犬でも活躍しているとおり、運動能力に優れているだけではなく、賢さも持ち合わせています。

レーニングが入りやすく、洞察力にも優れているので、教えたこと以上に、その場の状況を瞬時に判断し、自分で行動することもできます。

ジャーマンシェパードドッグの忍耐力は強く、ストレスにも負けません

ジャーマンシェパードドッグは、任された仕事をどんな状況下でも、最後までやり遂げようとする責任感があります。

過酷な現場で相当なストレスがかかる場合でも、必死に耐える忍耐力もあります。

ジャーマンシェパードドッグは家族思い

ジャーマンシェパードドッグはイメージからどうしても怖いという感情を持ってしまいますが、実際は、想像もできないほど甘えん坊で、家族思いの犬でもあります。一度心を許した相手には、常にそばに寄り添っていようとします。

また、そんな大切な人を守ろうとする警戒意識は、とても強い傾向があります。

そのため、きちんとしつけをしたジャーマンシェパードドッグは、これほどないというくらい、頼もしいボディガードとなるでしょう。

ジャーマンシェパードドッグの飼い方・しつけ

ジャーマンシェパードドッグは大型犬で賢い犬種です。

小型犬と違い、万が一しつけがうまくいかなくても、力で制すということができません。

それなりの覚悟と準備が必要になります。

それがないと、犬の方が上の立場となり、あらゆる問題が発生してしまいます。

そうならないためのポイントを3つご紹介いたします。

1. ジャーマンシェパードドッグは室内飼いをする

大型犬だし、外飼いでも…と思いがちですが、犬との信頼関係を築くためにも、常に人と接している状況で飼うということが、とても重要になります。

外で飼うと、どうしてもコミュニケーション不足となり、人に慣れることに時間がかかります。

室内飼いの場合、しつけの時間以外でも、犬は常に人間の行動を観察し、どう人と行動すべきかを学びます。

また、スキンシップの時間も、外飼いとは比較にならないでしょう。

2. ジャーマンシェパードドッグは子犬から徹底したしつけが重要

賢い犬は、しつけトレーニングなどは、比較的簡単にマスターしてくれます。

そして同じように、覚えて欲しくないようなことも簡単に覚え、問題を起こします。

また、ジャーマンシェパードドッグはどんどん大きくなり、成犬になってからでは、力では勝てません。

賢い犬ほど、きちんと信頼関係を築き、しつけをしないと、問題犬になってしまいます。

しつけトレーニングに自信がなければ、しつけ教室に犬と一緒に通うなどしてでも、きちんとしつける必要があります。

3. ジャーマンシェパードドッグは人や犬に早くから慣れさせる

ジャーマンシェパードドッグは人が大好きで、家族を大切にします。

ただ、家族とだけ接点を持つ育て方をしてしまうと、家族以外はみんな敵と判断してしまい、犬はそのつもりがなくても、敵から家族を守ろうとする本能が働き、つい、攻撃的な犬になってしまいます。

そうならないために、子犬の頃から、家族以外にもたくさん接する機会を作りましょう。

近所の人に触ってもらったり、ドッグランで他の犬とも関わるようにさせ、世の中には家族以外にも人間や犬がいることを理解させます。

ジャーマンシェパードドッグのトイレのしつけ

ジャーマンシェパードドッグ自体は、物覚えが早いので、トイレのしつけはさほど苦労せずに覚えることができます。

まず、トイレのしつけ方法をご紹介します。

  • 家に迎えた日からトイレのしつけは始まります。
  • トイレを覚えるまで、生活のほとんどはサークルの中にします。
  • サークルの中に、トイレと飲み水を置き、それ以外の場所全てにもトイレシートを敷きます。
  • トイレをしたら思い切り褒め、成功したらトイレシートを減らし、失敗したら増やすことを繰り返します。
  • とにかく成功するような環境を作ってあげることで、犬の自信に繋がります。
  • 絶対に失敗に対して、叱ってはいけません。

トイレのしつけは長期ではなく、短期でマスターさせるようにしましょう。

あまり長期戦になると、その分失敗も増え、トイレというものを勘違いしてしまうようになります。

そこで、早く覚えさせるコツは2つあります。

1. トイレは静かでリラックスできるところに置く

トイレを騒がしい場所に置かず、落ち着いてできる場所に置いてあげましょう。

人の出入りが多いドア付近などは、落ち着いて用を足すことができず、結果、自分の判断で、安心できるところでしてしまうなど、トイレの失敗の元になります。

2. トイレ以外のところに臭いを残さない

犬は自分のオシッコの臭いなどで、そこをトイレと認識しますので、トイレ以外でしてしまった粗相は、匂いを完璧に消すようにお掃除をしてください。

匂いがいたるところに残っていると、どこでトイレをしても良さそうかな!?と勘違いをさせてしまいます。

ジャーマンシェパードドッグの散歩の仕方と頻度

ジャーマンシェパードドッグは大型犬になりますので、それなりの運動量が必要になります。

毎日の散歩は、ただひたすら決まった道を歩くより、歩いたり走ったり、時には、ボールなどを使ったりと、変化をつけた散歩をすると喜びます。

そして、歩くルートも時々変えて、できれば坂道などを取り入れましょう。

必要な散歩量:1日2回、1回につき1時間くらい

また、ジャーマンシェパードドッグは散歩だけではどうしても運動不足になってしまいます。

月に何回かはドッグランや、広い場所で思い切り走って運動できるようにさせてあげましょう。

運動不足が続くとストレスが溜まり、思いもよらない問題行動を起こすことがあります。

ジャーマンシェパードドッグのお手入れ

ジャーマンシェパードドッグはダブルコートですので、抜け毛は多いです。

特に換毛期は抜け毛対策を徹底しないと、室内が被毛だらけになってしまいます。

それではジャーマンシェパードドッグに必要なお手入れ方法を見ていきましょう。

ジャーマンシェパードドッグは毎日ブラッシングをしましょう

ジャーマンシェパードドッグの抜け毛対策の基本はまず、ブラッシングです。

スリッカーブラシを使い、毎日ブラッシングをします。

ブラッシングすることで、死毛を取り除き、皮膚へのマッサージ効果もあるので、血行が良くなり、皮膚を丈夫に保つことができます。

ジャーマンシェパードドッグにトリミングは必要!?

基本的に、ジャーマンシェパードドッグにトリミングは必要ありません。

自宅で定期的に、シャンプーをするだけのお手入れで十分です。

ただ、最近ではカットだけでなく、犬の泥パックなどエステ的なケアをしてくれるところも多数あります。

たまに、プロのトリマーさんにきれいに洗ってもらい、パックをしてピカピカの被毛にしてもらうのもおすすめします。

ジャーマンシェパードドッグの臭い対策

ジャーマンシェパードドッグはやや体臭が強い犬種になります。

また、ヨダレも多いので、口周りの臭いが気になることもあります。

臭い対策は4つになります。

  • 1. 月に2〜3回はシャンプーをします
  • 2. ご飯の後やヨダレがあるときは、キレイに拭く
  • 3. トイレ後、お尻をきちんとキレイに拭き取る(消臭剤使用)
  • 4. シャワーをしないときは、体を拭く

ジャーマンシェパードドッグの歯磨き

ジャーマンシェパードドッグは成犬になると、口も大きく、噛む力も強くなります。

そのため、成犬になってから歯磨きを始めるとなると、慣れさせるのに苦労します。

子犬のうちから、口の中を触っても平気なように慣れさせ、歯磨きを日課にしましょう。

口内の健康は犬の長寿に繋がります。

ジャーマンシェパードドッグの注意する病気

ジャーマンシェパードドッグの注意する病気①股関節形成不全

大型犬に多い病気で、遺伝だけでなく、肥満犬や、激しい運動のしすぎでなることもあります。

症状は、足を痛がり、かばって歩くようになったり、足を引きずって歩いたりします。また、運動を嫌がることもあります。

治療は、犬の症状や年齢により、内科・外科治療とあります。

ジャーマンシェパードドッグの注意する病気②胃拡張・胃捻転症候群

胃拡張・胃捻転症候群が発症する原因はわかっていませんが、食事や水を一気に大量摂取することで起きることが多く、食後すぐの運動でもなるといわれています。

胃拡張・胃捻転症候群になると、早急に処置をしないと命に関わります。

吐こうとしているのに吐けない様子や、大量によだれを流す様子があるときは、至急、動物病院へ急ぎましょう。

ジャーマンシェパードドッグの注意する病気③膿皮症

膿皮症は、細菌感染によって起きるといわれています。

ときに、アレルギー性皮膚炎やニキビダニ症などの他の病気が引き金になって、起こることもあります。

症状は皮膚が赤くなったり、湿疹ができたりします。

膿皮症は、軽症のうちに治療をしないと慢性化しやすいので注意が必要です。

ジャーマンシェパードドッグの価格と入手方法

ジャーマンシェパードドッグの価格相場は、10万〜20万円くらいになります。

ただし、ショードッグに出るような血統の場合、50万以上する場合もあります。

ペットショップではなかなか見ることは少なく、ブリーダーから譲り受ける方法がほとんどです。

また、里親になるという方法もあります。

ジャーマンシェパードドッグのさいごに

ジャーマンシェパードドッグは飼う人によって、どこまでも賢く、頼もしいパートナーになってくれます。

そして、飼い方によってはその逆にもなり得るということを、十分覚えておく必要があります。

十分に犬と向き合い、トレーニングをする時間がある方に向いている犬種なのかもしれません。