テリア犬の魅力にどっぷりはまる!?テリア犬のご紹介


テリア犬

〇〇テリアと「テリア」が付く犬種は、探せば本当にたくさんいます。あなたはどれだけのテリアをご存知でしょうか。そもそもなぜ、◯◯テリアと名前がつくようになったのでしょうか。見た目は全く違うテリアもいる中、ある共通点もあるのです。今回はそんなテリア犬のヒミツに迫り、テリア犬の魅力をたくさんご紹介いたします!

テリア犬とは

テリアという名前の由来から解説していきましょう。

テリア(Terrier)はラテン語で土や地面、大地というterraという言葉から生まれたといわれています。

そして、ほとんどのテリア犬はイギリスで誕生しています。

テリアと呼ばれる犬たちはみな、土を掘ることが得意で、穴に入り込んだネズミやうさぎ、ときにキツネなどを狩ることに優れています。

それらの能力から、テリアという名前がつけられるようになりました。

テリアの種類

数多く存在するテリア犬ですが、現在テリア種といわれる犬種は、世界に44種類以上いるとされています。

そのほとんどは、かつてしていた狩りではなく、各家庭で愛される愛玩犬として平和な毎日を送っています。

それでは、テリアの種類と、どんな犬種がいるのかを一部ですがそれぞれご紹介していきます。

テリアのタイプは3種類

テリア犬は大きく分けて3種類あります。

それぞれ体格が違い、それに合わせてしてきた仕事も違います。

テリアのタイプ①足の短いテリア

狭いところでも上手に追いかけることができる体型のため、足が短いテリアは、地面近くに巣穴を作る小動物を狩る仕事を主にしていました。

ウェストハイランドホワイトテリア

ウェスティとも呼ばれる、人気のテリア犬になります。

小さな体と短い足が特徴的です。

一見、大人しそうな見かけですが、好奇心旺盛で、常に楽しいことを探して歩き回ります。

真っ白な被毛は硬めのワイヤーヘアになります。

スコティッシュテリア

小さな体は全く華奢とは無関係かのように、がっしり骨太な体格になります。

小さくても立派に小動物と戦い、狩をしていたため、かなりの体力を持っています。

他の犬や動物にはあまり友好的ではありませんが、基本的に人は大好きです。

ノーフォークテリア

ノーフォークテリアは、体長が体高よりやや長いのが特徴的です。

勇敢で、怖いもの知らずに敵に向かっていく強さを持ちます。

大変頭がいいので、しつけもしやすい反面、自分が決めたことには頑固になる傾向があります。

人が大好きですが、独立心も持っていますので、いい距離を保って付き合うことができます。

ノーリッチテリア

ノーフォークテリアとノーリッチテリアはほぼ同じ歴史を持ちます。

当時は、同じ犬種として扱われていたこともあります。

見た目の違いといえば、ノーフォークテリアが垂れ耳なのに対し、ノーリッチテリアは立ち耳になります。

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアはテリア犬には珍しく、シングルコートの長毛種になります。

被毛はシルクのように細く艶やかで、年齢毎に毛色が変化します。

かつてはネズミを捕らえる仕事をしていたヨークシャテリアですが、今では完全に愛玩犬として、定番の人気を誇ります。

見かけは守ってあげたくなる小型犬ですが、そこはテリア犬。

活発でときに頑固な一面を見せることがあります。

かわいさからつい甘やかして育ててしまうと、問題犬になってしまうことが多いです。

オーストラリアンテリア

様々なヨーロッパの犬と交配し、オーストラリアのタスマニアで誕生したテリア犬になります。

テリア犬の中でも穏やかな性格を持っているのが特徴です。

ただやはりテリア犬種なので、狩猟本能があるため、戦いのスイッチが入ってしまうと、ガウガウなってしまうことがあります。

ケアーンテリア

オズの魔法使いのトート〜で有名になったのが、ケアーンテリアになります。

世界中にいるテリア犬の中で、最もテリアの原型に近いとされている犬種です。

気が強くやんちゃな性格を持ちますが、家族の愛情に応えようと一生懸命な姿は本当に健気で、繊細な一面も見せます。

子供と遊ぶことは得意ですが、他の小動物とは仲良くできないことが多いです。

シーリハムテリア

大きな特徴は、胴長短足で、体に対して頭が大きいバランスにあります。

かつては飼育数もあったシーリハムテリアですが、2008年には50頭切るまでに減少してしまいました。

現在では少しづつではありますが、回復傾向にあるようです。

プライドが高く、警戒心も強いため、知らない人には一切なびきません。

一方、心を許した飼い主にはどこまでも尽くします。

スカイテリア

体長が体高の2倍あるのが特徴になります。

長く豊かな被毛は美しく、狩の際、ケガをしないように額と目を覆う飾り毛も特徴的です。

飼い主を深く愛することで有名で、中でもグレイフライヤーズのボビーが有名でしょう。

主人がなくなった後14年間ずっと、ご主人の墓に寄り添っていました。

それほど愛情深いいぬが、スカイテリアになります。

ダンディディンモントテリア

テリア犬でありながら、性格が温厚で、他の動物にも比較的優しい性格を持ちます。

また、攻撃的でもなく、あまり吠えグセもないことから、テリア犬初心者でも飼いやすい犬種ではないでしょうか。

そして、ダンディディンモントテリアの魅力はヘアスタイルにもあります。

特徴的な頭部のヘアスタイルは、定期的なトリミングで作り出すものになります。

テリアのタイプ②足の長いテリア

足の長いテリアはもちろん、走りが得意でしたので、もともとある狩猟本能と合わさり、野を走るウサギやキツネなどを狩りしてきました。

ジャックラッセルテリア

テリア犬といえば、ジャックラッセルテリアと思いつくほど、テリア犬の代表犬種になります。

映画やテレビで見ることも多く、世界中で人気があります。

性格はテリア犬そのもので、好奇心旺盛で、じっとしていることが大嫌いなやんちゃな犬がジャックラッセルテリアです。

ワイヤーフォックステリア

名前どおり、ワイヤーのような被毛を持ち、かつてはキツネを狩っていた犬になります。

背中がやや短く、それに対し、足が長いのが特徴的です。

性格は元気で活発。動くものをつい、追いかけたくなる本能を持ち合わせています。

ケンカっ早いこともあるため、ドッグランでは注意が必要です。

エアデールテリア

エアデールテリアはテリア犬の中で、最も大きいテリア犬になります。

とても賢く物怖じしない性格から、警察犬として活躍しているエアデールテリアも多いです。

多少頑固なところがあるので、しつけは簡単ではありませんが、集中力があり、忍耐力が強いところは他の犬種には負けません。

ウェルシュテリア

エアデールテリアの小型バージョンと思われがちですが、先祖が違うといわれています。

ウェルシュテリアの先祖犬は、ブラックアンドタンテリア、オールドイングリッシュブロークンという犬種と考えられています。

大好きな家族には友好的ですが、知らない人や犬には警戒心をむき出しにすることがあります。

ベドリントンテリア

見た目で一目惚れしてしまう人も多いはず。

子羊そのものです。

そして、テリア犬でありながら、見た目のまんま、おっとりとしていて、どこかフワッとした雰囲気を持っています。

感受性が強く、飼い主の気持ちを察することに長けています。

ただし、やはりテリア犬の気質はきちんとあり、売られたケンカは勝つまでやめようとしません。

また、動くものを追いかけたくなるところがあります。

アイリッシュテリア

アイルランドで生まれたテリア犬で、1700年代に描かれた絵画に描かれていることから、最も古いテリア犬と考えられています。

テリア気質を強く持つ犬種で、子犬の頃からのしつけが重要になります。

闘争心が強く、気性も荒い傾向があります。

ただし、家族にはこれほどなく温厚で、子供とも仲良く遊ぶことができます。

ケリーブルーテリア

ケリーブルーテリアはアイルランドの正式な国犬になります。

アイルランド以外では、かなり少ない飼育数で、なかなかお目にかかることはない犬種です。

家族には従順で愛情深く、常に寄り添っていてくれる犬種ですが、縄張り意識が強く、知らない人へは敵対心を見せます。

いざという時には、家族を守るためどんな敵にでも立ち向かっていきます。

テリアのタイプ③ネズミ駆除や愛玩犬として

テリアの中には狩だけではなく、家族とともに生活し、ネズミを狩る仕事や闘犬スポーツでの活躍するテリアや、愛玩犬として人間と生活してきたタイプもいます。

トイマンチェスターテリア

つい、ミニチュアピンシャーと混同しがちですが、全く違う犬種になります。

超小型犬に分類されますが、体は小さくても、穴の中に隠れたキツネなどを立派に狩をしてきたテリア犬です。

とにかく明るく活発で、遊ぶのが大好きなアクティブな性格を持っています。

反面、負けず嫌いでケンカしやすいところもあるので注意が必要になります。

日本テリア

日本テリアのほとんどが、頭は黒く、体は白地に斑点模様を持っています。

テリア犬ではありますが、一般的におとなしく、しつけがしやすい犬種になります。

知らない人には人見知りをする傾向があり、警戒して吠えてしまうこともあります。

感受性が豊かで、いちいち言わなくても、飼い主の気持ちを察することができます。

スタッフォードシャーテリア

かつてはアメリカンピットブルテリアと同一犬種とされていました。

イギリスで誕生したこの犬は、犬や牛、熊などと戦わせる闘犬として活躍していました。

現在では、凶暴性が取り除かれ、家庭犬として愛されています。

飼い主への従順さは右に出る者がいないくらい強く、子守までやってしまう、愛情深い犬です。

ただし、本能的に危険を察知すると攻撃的になることがあります。

ブルテリア

特徴は顔にあります。

マズルから額の線が凹凸なく、まっすぐのっぺりしているのがブルテリアのかわいさになります。

日本ではテレビアニメで人気になった犬ですが、飼育数はとても少ない犬種です。

のんびりして見えますが、やはりテリア犬だけあって、遊ぶのが大好きで活発な性格の持ち主。

テリアの性格

ご紹介してきたように、テリアと呼ばれる犬種は、かなりの種類があることがわかります。

そしてそれぞれ、多少犬種ごとに性格は違いますし、個体ごとに様々な個性を持っています。

ただ面白いことに、テリア犬にはテリア犬だからこそ持つ、テリア独特の性格があります。

それがテリア犬にはまってしまう魅力の1つでもあるのです。

それでは、テリア独特の性格にはどういったものがあるのか見ていきましょう。

  • 縄張り意識が強い
  • 賢く、自分で判断して動く能力がある
  • 好奇心旺盛
  • 物怖じしない大胆な行動をとる
  • 頑固
  • 遊ぶのが大好き
  • 心を許した家族が大好き
  • 独立心が強い
  • 知らない人に対しての警戒心が強い
  • 興奮しやすい
  • ケンカは負けない自信家

いかがでしょうか。

こうして見ていくと、何となく、テリアという犬がどんな感じか想像できるのではないでしょうか。

もともとは狩猟犬として活躍してきた犬たちなので、どうしてもその名残はあります。

飼い主にべったり、おっとり型の犬を望んでいるのであれば、テリアを飼ってしまうと、想像とは真逆の性格なのでびっくりしてしまうでしょう。

テリア犬は、常に楽しいことを探して、アクティブに動くパワフルな犬が多いので、犬と一緒にスポーツをしたり、アウトドアをしたりという人にはぴったりな犬です。

テリア気質とは

よく言いますね。

テリア気質をよくわかっていないと、テリア犬を飼うのは大変と。

テリア気質とは何でしょうか。

簡単にいうと、「猟犬としての本能」のことになります。

狩をする上で、

  • 吠える
  • 威嚇する
  • 噛む
  • 追いかける

といった行動は、ごく自然なことで必要な行動です。

でもそれを、現代の私たちの生活の中でやられてしまうと、様々な問題が起きてしまいますね。

テリア犬にとっては、当たり前の行動でも、人間と生活する以上、そこはセーブしてもらわないと大変です。

なので、テリア犬を飼うときには、その他の犬種のしつけトレーニング以外に、テリア気質に合わせたトレーニングが必要になってきます。

テリアの特徴

性格に続き、テリアの特徴を見ていきましょう。

テリア犬の体型は、顔の形や足の長さなどは、それぞれの犬種で変わってはきますが、ほとんどのテリア犬に共通している特徴があります。

  • 四肢がしっかりしている
  • 体全体が筋肉質で締まっている
  • 被毛には様々種類がありますが、硬い剛毛が多い
  • 大型のテリアもいるが、小型犬が多い
  • 小型犬でも体力・持久力はかなりある

テリア犬は長い歴史の中、狩をしたり、人とともに様々な環境で仕事をしてきたので、体が丈夫な犬種が多いです。

そのため、どんなに小さく見えても、疲れ知らずでいつまでも楽しく遊ぶことが多いでしょう。

ただし、1つ気をつけたいのは、どんなに体力があり体が強いといっても、運動のしすぎは関節に負担をかけてしまうことです。

人と違い犬の場合、骨や関節、筋肉などを悪くしてしまうと、簡単に手術をして治すということはできません。

また、犬にとって四肢を使い力強く歩くということは、とても大きな意味を持ちます。

シニアになっても楽しく歩かせるためにも、ちょうどいい運動を心がけましょう。

まとめ

テリア犬の性格を見ていくと、まさに犬らしい犬と感じます。

自分の感情を隠すことなく、まっすぐに表現をし、楽しいときは楽しい。

怒ったときは吠える。

エネルギッシュに走る。

そして、大好きな家族と寄り添って生きる。

大切なことを思い出させてくれるテリア犬は、魅力に溢れている最高な犬種ですね。