しつけの基本!犬に「お手」を教える方法


グレートデーン

あなたの犬は「お手」をできますか?
おすわりや伏せはできても、「お手」はまだしてくれない…。そんな悩みはありませんか?大丈夫です!「お手」は、犬が覚えるたくさんのしつけや芸の中でも、割とハードルが低く、教えやすいしつけになります。「お手」1つでたくさんのメリットがありますので、ぜひ「お手」はマスターさせましょう。

犬の「お手」とは?

犬がする「お手」にはちゃんと意味があります。

犬にとって、前足はとても大切な部位になり、その大切な前足を差し出し、肉球を触らせるということは、その相手を信頼していなければ、できない行為になります。

*犬は4本足で体を支えますが、体重の比重は7:3で、前足が全体重の70%を支えていることからも、とても大切な部位といえます。

そんな大切な前足を差し出す行為「お手」は、その昔、オオカミが自分よりも上の立場のオオカミに、前足を触れるという習性があり、犬の「お手」はそこから来たものであると考えられています。

人を信頼している証しや、コミュニケーションツールとして、「お手」はとても役に立ちます。

現代犬の「お手」をする意味は?

では実際、私たちの愛犬はそこまで信頼の証〜と、重々しい意味を込めて、お手をしてくれているのでしょうか。

答えは、「グレー」です。

もちろんそのような意味合いは含んではいます。

でも現代では、犬と人は昔以上に近い存在になり、服従させるというより、仲間として「お手」は、もっとカジュアルなものになっています。

要は、仲のいい友達同士が、ハイタッチをしあうことに似ているかもしれません。

現代での「お手」は、人と犬のコミュニケーションツールとしての要素が大きくなっています。

犬の「お手」の教え方

犬がする「お手」の意味を知ると、ただの芸の1つと思っていたものが、とても特別なものに感じてきますよね。

では具体的にどうやって「お手」を教えたらいいか、方法をご紹介いたします。

  • 犬の機嫌がいいときに始めます。
  • おすわりをさせ、「お手」とハッキリ聞こえるように合図し、軽く犬の右手を持ち上げ、優しく犬の手を自分の手のひらに乗せ、5秒ほどキープします。
  • 5秒キープが出来たら思い切り褒め、ご褒美をあげます。

この作業を繰り返すのみです。

「お手」の合図で、犬が自発的に、あなたの手のひらに前足を乗せてくれたら成功になります。

注意したいのは、早く覚えて欲しいと焦り、ついついトレーニング時間を長くしがちですが、犬の集中力はどんなに長い犬でも5分くらいが限度です。

1回のトレーニングを5分と決め、1日に4〜5回繰り返すようにしましょう。

犬が「お手」を覚えない!手をさわらせてくれない!

確かに、犬に「お手」を教えるのは、そんなに難しいトレーニングではありません。

ただ中には頑なにお手をしない犬も存在します。

おすわりや伏せは簡単に覚えたのに、お手だけは絶対しようとせず、犬の前足を掴もうとすると怒ってくる場合があるようです。

考えられる理由として、

スキンシップ不足があります。

普段から、犬の体どこを触っても平気なように、犬とスキンシップを取ることが大切です。

毎日ブラッシングやマッサージをして、スキンシップを取りましょう。

そして、身体中ブラッシングやマッサージができるようになり、犬を仰向けにしても黙ってさわらせてくれるようになったら大成功。

改めて、「お手」のトレーニングを始めましょう。

コツとして、しつけトレーニングでご褒美として、おやつを使うのはちょっと…という人もいますが、犬の「お手」は本能の延長線上にあります。

最初のきっかけがおやつ欲しさであったとしても、覚えてしまえば、おやつなしでもすんなりしてくれるようになります。

なかなか手を伸ばしてくれない犬には、おやつなどのご褒美を使って、犬のモチベーションを上げてあげるのも方法の1つです。

犬がお手をできるとこんなメリットが

犬がお手をできると様々なメリットが生まれます。

例えば、

  • お散歩帰りや、ちょっとした手の汚れを拭いてあげたいとき、「お手」の一言で、手を自ら差し出してくれるので、拭きやすくなります。
  • 慣れないと苦労する犬の爪切りも、「お手」の合図で、割とすんなり手を預けてもらえます。
  • ご飯や大好きなオヤツが目の前にあり、興奮状態でコントロール不可になっている犬でも、おすわりと「お手」をさせることで、落ち着かせることができます。

番外編なメリットとして、

  • あなたが食べているオヤツを分けて欲しいというお裾分けして欲しい「お手」
  • 遊んでくれ!という要求の「お手」
  • 何かを伝えようとしている訴えの「お手」
  • 怒られてしまいごめんね〜という反省の「お手」

など、完全にコミュニケーションツールとして「お手」を活用する犬がたくさんいます。

飼い主の私たちも、その時々の犬の「お手」をするときの顔の表情などを見て、何を言おうとしているのか、そのうち簡単にわかるようになり、意思疎通が今まで以上にできるようになります。

注意点として、

犬は自分の要求を通そうとして、「お手」をしてくる場合が多々あります。

それはそれで健気に見え、つい許して何でもしてあげたくなるのですが、それをしてしまうと、「お手」をすれば何でもオーケー!と犬が学習してしまい、困った犬になってしまいます。

「お手」にもルールを設けて、何でもOKにならないようにしましょう。

お手とおかわりどっちが右?どっちが左?

前足を差し出す行為には、「お手」ともう1つ「おかわり」があります。

どっちが右でどっちが左なの!?と迷いますね。

どっちでもいいんじゃないの?と言いたいところですが、相手によって、日によって、いつも差し出す手が変わったりすると、犬はどっちの手を差し出せば正解なのか、混乱してしまいます。

犬がスムーズに合図を聞けるように、左右は統一させるようにしましょう。

考え方として、

あなたの利き手に合わせて、「お手」とおかわりの左右を決めて統一させてもOKです。

ただ一般的には、「お手」は英語での合図は「shake」(握手)になります。

握手といえば、大体が右手になりますよね。

なので、犬の「お手」もそれにならい、「お手」は右で、おかわりは左とすることほとんどになります。

絶対こうでなければいけないという決まりはありませんので、楽に構えて教えていきましょう。

まとめ

犬に「お手」を教えることは、毎日同じように教え続けることで、割とスムーズに覚えてくれます。

ポイントは、褒める!できなくても叱らない。出来たら過剰に褒めまくる。

それだけです。

あとは、あなた自身が焦って、犬に強制するようなトレーニングをしないことでしょう。

のんびりと愛犬と楽しみながらトレーニングをしましょう。