ポメラニアンの多頭飼い!相性は大丈夫?


ポメラニアンはどんな性格?

まずはポメラニアンの基本的な性格を見ていきましょう。
ポメラニアンは気が強く、極度の甘えん坊です。
縄張り意識も強く、常に自分が一番でいたいため他の犬を新しく迎えるには優先的にかわいがってあげなければなりません。
しかし甘えん坊な半面、1人で遊びたがることもあります。
精神的にはしっかりと自立した面を持っているため、留守番が苦手だということもありません。
またとてもフレンドリーで好奇心旺盛な一面もあり、多頭飼いには向いている犬種だと言えます。

ポメラニアンと相性のいい犬種とは

ポメラニアンはどの犬種とも相性が悪いとは言えないでしょう。
たとえ大型犬が相手でも持ち前の気の強さから負けてしまうというようなことはありません。
しかし新しく犬を迎える場合、いくつか注意が必要です。

無駄吠えのしつけ

ポメラニアンは無駄吠えが多いです。
もし無駄吠えをさせないようにしつけができていない場合、新しく迎えた犬も無駄吠えをしてしまうことがあります。
犬は元々群れで暮らす生き物なので、主従関係をしっかりさせなければなりません。
先に暮らしている先輩犬が行っている行動は、後から入ってきた後輩犬にとっては正しいことだということになってしまします。
逆にしつけをしっかり行っていれば、先輩犬が後輩犬に教えてくれるので、比較的楽にしつけを行うことができるので必ず覚えさせておきましょう。

優先順位をつける

ポメラニアンは数ある犬種の中でも嫉妬深く、極度の甘えん坊です。
どんな犬種とも基本的に仲良くはできますが、常に自分が一番でいたいため新しく来た犬ばかりを構っていると嫉妬しストレスが溜まってしまいます。
例えばエサを上げる順番や撫でてあげる時などにポメラニアンを先に優先してあげるといいでしょう。
しかし先輩犬を優先しすぎると後輩犬も嫉妬をしてしまうことがあるので、ポメラニアンが見ていないところでたくさん可愛がってあげるといいかもしれません。
臨機応変にバランスよく愛情を注いであげましょう。

ポメラニアンと相性の悪い犬種とは

ポメラニアンはとても協調性があり、群れの中での行動を好むためこれといって相性の悪い犬種というのはいません。
しかしポメラニアンの問題ではなく、特定の犬種自身の問題によりあまり多頭飼いは向いていない犬種がいます。
それはテリア種です。
テリア種とはミニチュア・シュナウザーやジャック・ラッセル・テリアなどのイギリスの猟犬です。
テリア種は単独行動を好むため、ポメラニアンとは対照的にどの犬種とも多頭飼いはお勧めできません。
性格によっては多頭飼いが可能な個体もいるようなので、見極めが肝心です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ポメラニアンは愛らしく、とても魅力的な犬種です。
テリア種を除けばどの犬種とも一緒に暮らすことができるので、他の犬種とも触れ合うことができ色々な犬の魅力を知ることもできます。
しかし次々に新しい犬を迎え入れるのではなく、今一緒に暮らしている犬を大切にしてあげることが一番です。
これから初めて犬を飼いたいという方も迎え入れた犬の性格などを見極めながら、多頭飼いは慎重に行っていきましょう。