犬と車でドライブ!愛犬とのドライブのコツとは?


柴犬,車,ドライブ​​​​​​​

犬とのドライブ。まずは車に慣れてもらおう

犬とのドライブはまず、犬が車に慣れることから始めます。

車に慣れていない状態で、突然長時間のドライブは、犬にとっては何が何だか分からず、興奮しまくって楽しいどころでなくなるか、車酔いを起こしてしまうこともあります。

犬とのドライブを楽しむために、犬が車に慣れることは、とても大切なことになります。

車に慣れさせる方法として4つご紹介いたします。

1. まずはエンジンをかけず、抱っこして車に乗る

犬は音や些細な振動、匂いに敏感です。

聞き慣れないエンジン音や振動、ガソリンの匂いなど、車の中には犬が苦手とするものが山ほどあります。

それらを少しずつ克服するために、車の中という狭い環境にいることに慣れさせましょう。

まずは、エンジンをかけずに抱っこして車に乗り、車中が怖くないことを覚えさせます。

その時、窓を開けて、外の空気を感じられるようにするといいでしょう。

少しずつ慣れてきたら、エンジンをかけ、振動や匂いに慣れさせていきます。

2. 車の中で遊ぶ

車に乗ったら楽しいことがあると思ってもらうために、車中で遊んであげたり、車中で大好きなおやつをあげることで、車に乗ればいいことがあると覚えさせましょう。

3. 初めて車に乗せる時は、短時間から

車中にいることに慣れてきたら、犬を乗せた状態で、車を走らせてみましょう。

ただし、ここで大事なのは、絶対長時間の運転はしないことです。

まずは、ご近所一周など短時間のドライブをして犬の状態を確認します。

初めから長時間のドライブをしてしまうと、犬が疲れてしまうのと、車酔いになってしまう可能性があります。

4. 車に乗せる時は、クレートごと

最近では犬とのドライブ用グッズがいろいろあり、ドライブボックスやドライブシートなど、便利なグッズがたくさんあります。

犬が車に慣れてきたら、ご自身の愛犬の大きさや性格に合わせて、便利なグッズを使うことも可能ですが、まず慣れるまでの間は、クレートごと車に乗せるようにしましょう。

慣れたクレートの中にいることで、犬は安心することができます。

犬とのドライブでおすすめのグッズ

犬が車に慣れ、さぁ、いよいよ本格的な犬とのドライブに出かけましょう!

今回は犬とのドライブがより便利で楽しくなるグッズをお教えいたします。

ペットソファー・ドライブベッド

クレーとでのドライブに慣れたら、ペットソファー・ドライブベッド

を助手席や後部座席に置いて、ドライブはいかがでしょうか?

ご紹介するこちらのソファー・ベッドは、ただ座席に置くだけではなく、ちゃんと万が一の時、飛び出したりしないように、シートベルトで固定できるようになっています。

ソファー・ベッドも犬が快適に過ごせるようにフカフカで、犬が座ったときの傾きまで計算されています。

「ペットソファー・ドライブベッド」

後部座席カバー

中型〜大型犬だと、車の移動は大変ですよね。

遊んだ後、ドロドロの体で車に乗せるのは、後のことを考えると憂鬱に…

そのために便利なのが、後部座席カバーになります。

このカバーは使い方が3wayあり、後部座席、トランク、片側座席と使え、とても便利です。

多頭飼いの場合にも便利にお使いになれます。

「後部座席カバー」

バイオウィルクリア

狭い車中で、万が一、犬が粗相をしてしまったり、吐いてしまったら…

気になるのは臭いと除菌についてですよね。

自宅で使っている除菌消臭スプレーは大きすぎて、毎回持って歩くのは面倒です。

でも、携帯用の除菌消臭スプレーなら、車に常備して置くこともでき、大変便利なのでおすすめします。

「バイオウィルクリア」

ペット用大判厚手ウェットティッシュ

最近では、どこでも使えるようにウェットティッシュを持ち歩く人も増えましたが、人用のものは大抵アルコールが含まれていて、犬には刺激があります。

こちらのウェットティッシュは、アルコールフリー!

40cm×18cmの大判で、通常のウェットティッシュより1.5倍の厚さがあります。

汚れてしまった犬を拭くのも良し、車中の掃除に使うのも良し!

あれば絶対便利なグッズです。

「ペット用大判厚手ウェットティッシュ」

犬とのドライブでの注意点

楽しい犬とのドライブにするために、注意点が3つあります。

中には愛犬の命を守ることにも繋がりますので、ぜひ参考になさってください。

1. 食後に車に乗せない

愛犬が車酔いをしやすいかどうかは、実際ドライブをしてみなければわかりません。

ただ、胃に食べ物が入っていると、人同様、車酔いしやすいといわれています。

一度、具合悪くなる体験などをしてしまい、車嫌いにさせないためにも、ドライブ前には食事をさせないようにしましょう。

2. 車内の温度

特に夏のドライブは要注意です。

エアコンをかけていても、暑い中、犬に直射日光が当たってないか等、確認を怠らないようにしましょう。

また、エアコンの風が直接犬に当たることがないように気をつけます。

そして、当然のことですが、ちょっとの時間でも、犬を車内に置き去りにすることは絶対しないでください。

3. 犬が飛び出さないようにする

クレートもなし。

ペットボックスもなし。

シートベルトで固定もなし。

運転中、窓開けっ放しで、車中に放置。

危険ですので、絶対にやめましょう。

犬は興奮して、窓から体を乗り出すかもしれません。

何かの拍子で、犬が窓から飛び出してしまっては、ケガでは済まないことになり得ます。

犬の命を守るため、必ず運転中は犬を安全に固定するようにしてください。

犬とのドライブで休憩のポイント

犬とのドライブで忘れてはならないのが、休憩になります。

長距離のドライブならなおさら、こまめな休憩を取る必要があります。

休憩場所でもリードは必須

高速道路上にあるサービスエリアでは特に、たくさんの車が行き交います。

車から降ろす時点で、必ずリードを付けて降ろすようにしましょう。

また、あまり人が多くない海や山でも、犬が外に出れる嬉しさから、突然走り出さないように、やはりリードが必要になります。

トイレ以外にも、軽い運動をさせる

ドライブでの休憩といえば、トイレ休憩がメインになりますが、犬の場合はそれだけでなく、ずっと狭く慣れない場所にいたストレスや、体の凝りもあるので、軽く歩かせ、外の空気を吸わせるようにしましょう。

そうすることで、エコノミー症候群や車酔いを防ぐことができます。

犬だけを車中に残さない

ドライブ中の休憩は、みんなが一斉に、トイレや食事を取りに出かけたくなりますが、犬だけを車に放置するのは危険です。

車中の気温の問題もその1つですが、慣れない車中に犬1匹だけ残すのは、犬自身相当なストレスがかかります。

ほんのちょっとと思っても、それは犬にとってちょっとではないことを覚えておきましょう。

まとめ

犬が車に慣れてしまえば、犬参加での遠出は本当に楽しいものです。

楽しいドライブにするために、いろんなドライブグッズを積極的に取り入れて、便利で快適な旅行にしてください!