犬を部屋で飼うには?犬も飼い主もストレスフリーな部屋作り


昔は犬を番犬として室外で飼っていましたが、今ではマンションなどの集合住宅も増え、住環境の変化と共にほとんどの犬が室内で飼われるようになりました。犬を室内で飼うことにはメリットもデメリットもあります。室内で犬と一緒に毎日を快適に暮らすためのさまざまな注意点や困ったときの対策法などについてお話します。

犬を部屋で飼うようになったのは?

一昔前までは庭の片隅にある犬小屋に繋がれた犬をよく見かけましたが、現在では飼い犬の約90%が部屋飼いされていると言われています。

では、どのような理由で犬を外飼いから部屋飼いするようになったのでしょうか。

飼われる犬種の変化・和犬から洋犬へ

今まで外飼いされてきた犬は、和犬かその雑種がほとんどです。

和犬やその雑種は日本の気候の変化にも順応できるため、番犬として外飼いするのに適していました。

近年、多くの洋犬が国内で繁殖されるようになり、愛玩犬としての人気が高まりました。

洋犬の愛玩犬には小型犬が多く、四季の寒暖差の大きい日本の気候では室外で飼うことができません。

洋犬を愛玩犬として室内で飼うことが当たり前になったことから、最近では柴犬などの和犬や大型犬も部屋飼いするようになりました。

住環境の変化

犬を外で飼うにはそれなりの広い庭や敷地が必要ですが、都会や市街ではマンションなどの集合住宅に住む人が多くなったことも部屋飼いが増えた理由のひとつでしょう。

また住宅におけるセキュリティの進化もあり、番犬としての必要性がなくなったことも大きな要因になっています。

犬への意識の変化

犬を部屋飼いするようになったことの一番の要因は、犬種の変化や住環境の変化もさることながら、人間社会の犬への意識の変化でしょう。

社会全体が犬を人間の使役としてではなく、家族の一員として、人間社会の仲間として考えるようになりました。

人の犬への意識が、犬を飼うという意識から犬と共に暮らすという意識に変化したことで、犬を部屋飼いすることへの抵抗感がなくなったといえるでしょう。

犬を部屋で飼う時のメリットと注意点

犬を部屋飼いすることのメリットはたくさんありますが、注意しなければならないこともいくつかあります。

では、犬の部屋飼いのメリットと注意点にはどんなものがあるのでしょうか。

犬の部屋飼いのメリットその① 健康と安全を保てる

外飼いの場合は犬小屋を設置していても暑さ寒さや雨風を完全に防ぐことはできません。

室内では雨風にさらされることもなく、冷暖房をエアコンで調節することができます。

体温調節の苦手な犬にとって、四季を通じて室内で快適に過ごせる環境は健康を保つためにも大きなメリットになります。

また、室内ではノミやダニ、蚊の媒介によるフィラリアなどの被害にあう確率は、室外より格段に低く衛生的です。

外飼いの場合には、知らない人から食べてはいけないものを貰って食べてしまったり、また反対に不用意に近寄った人に噛み付いたりという不慮の事故が起きる可能性があります。

部屋飼いでは常に飼い主の目が行き届いているため、愛犬にとっても他者に対しても安全を確保することができます。

犬の部屋飼いのメリットその② 常に犬の状態を知ることができる

犬はとても我慢強く、敵に自分の不調を悟られるのを嫌う本能から、飼い主が異変に気づいた時には手遅れになっていることが少なくありません。

部屋飼いの場合は多くの時間を犬と共に過ごしているので、愛犬の体調の変化や体の異変にいち早く気付いてやることができるため、病気や怪我の早期発見、早期治療につながります。

犬の部屋飼いのメリットその③ 脱走を防ぎやすい

外飼いの犬の場合は柵や低い門扉などを飛び越えたり、リードを噛みちぎったりして脱走するというトラブルがよくあります。

また雷や花火などの音を怖がりパニックになりその勢いで脱走してしまう犬もいます。

部屋飼いの場合は、飼い主の不注意で玄関の閉め忘れから脱走するということはあり得ますが、犬が自力で鍵を開け脱走するというようなことはありません。

脱走による迷子や交通事故から愛犬を守るためにも部屋飼いは安全だといえるでしょう。

部屋飼いするときの注意点は?

犬を部屋飼いするときはどんなことに注意すればいいのでしょうか。

・誤飲や誤食といたずらに注意!

室内には犬の興味をひくものがたくさんあります。

目に見える危険なものは片付けていても、ベッドの下や椅子の後ろなど、普段目に付かない狭い場所に小さなもの(ボタンや金属片など)が落ちていることがあります。

仔犬などは狭いところに入り込みやすく、成犬などは足で掻き出したりして、飼い主の知らないうちに誤飲していることもありますので細心の注意が必要です。

家族が留守の間にゴミ箱や灰皿をひっくりかえして、タマネギの皮やタバコの吸殻など食べると危険なものを誤食してしまうことも考えられます。

ゴミ箱はフタ付きのものにして、口に入れると危険なものは扉の閉まる別の部屋に置くようにしましょう。

コード類などは通電した状態で齧ると感電することがありますので、壁に固定して這わせたり、保護カバーをつけたりしておくといいでしょう。

・フローリングの床は危険!

犬にとってフローリングの床は滑りやすくとても危険です。

走って滑ったりすると骨折したり、股関節を痛めたり、椎間板ヘルニアの原因になったりします。

フローリグの床には滑りにくい素材のカーペットやコルクなどのジョイントマットを敷いて足に負担がかからないようにしてあげましょう。

・抜け毛には毎日のブラシングが必須!

部屋飼いで一番厄介なのが抜け毛対策です。

特にダブルコートの被毛を持つ犬種の場合は、年2回の換毛期があり大量の抜け毛がでます。

毎日掃除をしていてもすぐに部屋中に毛が落ち部屋の隅に溜まっていたりします。

抜け毛は完全に防ぐことはできませんが、毎日欠かさずブラッシングすることで抜け毛の量をかなり減らすことができます。

換毛期などは朝と夕の1日2回のブラッシングで下毛をしっかり取り除いてあげましょう。

犬を部屋で飼う時気になる臭い対策

犬を飼っている本人は気づかないことが多いのですが、訪ねてきた知人などから「部屋が犬臭い」と言われたことはありませんか。

犬を部屋飼いしているときの臭いの原因や臭いを消す方法、臭いを出さないようにする対策などにについて詳しくお話します。

犬を部屋飼いしている時の臭いの原因は?

犬を部屋飼いしているときの臭いは糞尿などの排泄物の臭いが主なものです。

また、口臭や肛門腺の臭い、体の汚れから出る臭いなどが、犬が部屋を歩いたり寝たりする場所に染み付きそれが臭いの原因になっています。

部屋についた犬の臭いを消す方法

犬の臭いは部屋そのものに付くわけではありません。

部屋に置いているものに染み付いた臭いが部屋全体に漂っているのです。

従って臭いが付着したものを排除するか、消臭してやることによって部屋の臭いを消すことができます。

まずはトイレシートなどの臭いの元になるものは汚れたたらすぐに新しいシートに取り替えましょう。
汚れたシートを捨てるときは部屋の外のゴミ箱に捨てるようにします。

カーペットやソファー、カーテン、犬のベッドなどの布製品についた臭いはスプレー式の消臭剤を使って消臭しましょう。

革製のソファーなどは専用のクリーナーを使うなどして拭き取りましょう。

毎日1回は窓を開けるなどして空気を入れ替え部屋の換気をすることも大切です。

愛犬から嫌な臭いを出さないための方法と対策

愛犬から嫌な臭いを取り除くには体を清潔に保つことが一番です。

月に1度のシャンプーや毎日のブラッシングで常に被毛を健康に保つことで雑菌の繁殖を抑え悪臭を防ぎます。

耳や口、目の周りなどの汚れはこまめに取り除いてあげましょう。

口臭も歯磨きの習慣を付けることで防ぐことができます。

歯磨きが出来ないときは口臭を防ぐ歯磨きガムを利用するのもいいでしょう。

犬と過ごす部屋作り。おすすめレイアウト

犬を部屋飼いするとき、犬と人が快適に暮らせる部屋作りはどうしたらいいのでしょうか。

犬専用のくつろげるスペースを作ってあげよう

犬にもゆっくり一人でくつろげる自分だけのスペースが必要です。

犬はもともと洞窟のようなところで暮らしていたので、周りが囲まれた小屋のような狭い空間を好みます。

ゲージやサークルを使って快適な居場所を作ってあげましょう。

ゲージやサークルの置き場所

・明るい風通しのいい場所

・家族が集まるリビングなど常に人の気配がする場所

・テレビや音響機器のそばは避ける

・エアコンの風が直接当たるところはNG

ゲージやサークルの中に入れてやるもの

・クレートかキャリーバックやベッド

・給餌水器

・お気に入りのおもちゃ

トイレは寝床から離れたところがベスト!

基本的に犬は自分の排泄物で敵に居場所をしられるのを恐れるため、寝床の近くで排泄することを嫌います。

また、犬は本来綺麗好きなので、寝床のまわりが排泄物で汚れることを嫌がります。

留守番の時などにゲージやサークルの扉を閉めて出掛けるのであれば、ゲージ゙やサークル内にトイレを設置してやる必要がありますが、できればトイレは寝床から離れた場所でできるようなトイレトレーニングをしてあげましょう。

入ってはいけない場所には仕切りをしよう

室内で自由にさせている場合には、危険な場所や入られては困る場所に柵や仕切りをしましょう。

・食べ物があり火や刃物を使う台所

・溺れる危険性のある浴室

・粗相をされては困る和室

最後に・・

愛犬と同じ屋根の下で暮らす毎日は飼い主にとってもかけがえのない幸せな時間です。

ちょっとした工夫や気遣いで、愛犬にとっても飼い主にとっても快適で安全に暮らすことができます。

いつまでも愛犬が良きパートナーとして傍にいてくれるといいですね。