どうして覚えてくれないの?チワワのトイレしつけのコツ教えて!


できなくて当たり前だと思うようにしましょう

チワワはとても賢い犬種です。
でも、個体差があるのですぐにできる子とできない子がいます。
これって人間の子供もそうですよね。
もちろん大人でも、得意不得意があり、できることとできないことがあります。
生まれて間もない子犬や、お家に来てすぐの子、環境が変わったことに順応するのに時間がかかり、なかなか決まった場所でトイレできない子もいて当たり前なのです。
ですので、トイレができて当たり前ではなく、できなくてもしょうがない、当たり前だとまずは思うようにしてみましょう。
ご自身の考えに少し隙間を与えてあげることでずいぶん楽になると思います。
飼い主さんがストレスを感じてしまえばかならずチワワもそれを感じてしまい、ますますトイレトレーニングが難しくなってしまいます。

一連の流れを飼い主さん自身で決めてしまいましょう

まず、自分はどうやってチワワにトイレトレーニングをしていくのか、最初に決めてしまいましょう。
一般的な流れとしては、トイレスペースを作る→スペースいっぱいにシーツを敷いておく→トイレを別の場所でしそうになったら、スペースに誘導もしくは連れて行く→シーツの上でトイレをする→思い切り褒める、のようなやり方です。
基本的なことは、トイレを指定の場所で行ったら、思い切り褒めてやることが大切です。
最初の段階では、いきなりトイレスペースを小さくせず、だんだん狭めて行くようにしましょう。
まずは、「この場所ならトイレしても構わない」ということを教えるのが先決です。
さらに、飼い主さん自身が一連の流れをきちんと決めて、ぶれないようにしなくてはなりません。
褒めたり褒めなかったり、ある時は叱るけどある時は同じ条件でも何も言わないではチワワが迷ってしまいます。

できなくても叱らないで

トイレトレーニングで重要なことは、できなくても叱らないということです。
トイレを別の場所でしてしまったり、汚してしまったら飼い主さんとしては「あー!もう!」と叫びたくなることは確かです。
しかし、そこをぐっとこられて汚されたら黙って拭きとることを徹底します。
躾方を間違えると、トイレを失敗した方が良いと勘違いしてしまうこともありえますので、トイレを失敗したら無視するに限ります。
声をかけたり叱ったりすると、チワワによっては構ってもらえると思いこんでしまう子もいますので、注意が必要です。
その代わり、ちゃんとトイレができたら、思いっきり褒めてあげましょう。

他人の躾が自分の子に合うとは限らない

例えばお友達同士でトイレのしつけについて話し合ったり、インターネットで躾け方法を紹介しているのをご覧になるのはいいことだと思います。
しかし、全ての子に適応するわけではありません。
最初に申し上げましたが覚えるには個体差があります。
お友達の子がその方法でできたから、ネットでそういう風に紹介されていたからといって、絶対にその方法が正解だと思いこまない様にしましょう。
どんな躾け方法にも言えますが、その子その子にあった方法を見つけて実践してあげるのが飼い主さんとしての役目ではないでしょうか?

絶対に出来なくちゃだめですか?

トイレを決まった場所でできるにこしたことはありません。
しかし、あまりにもできないからと叱ってばかりいては委縮してしまってトイレ自体を我慢してしまうことになりかねません。
そうなると、今度は膀胱炎をおこしたり、尿毒症になったりしてしまいますし、あまりトイレをしなくなると結石にもなりやすくなります。
病気になってしまうよりは、トイレが決まった場所できないほうがまだマシであると思って、気長にのんびり躾けるようにしてみませんか?