フレンチブルドックの里親になる前に知っておきたい準備や注意点

フレンチブルドックの里親になる際には、様々な準備や注意点があります。後々トラブルになることがないように、しっかりと話を進める必要があります。自分の心の準備や覚悟も大切ですし、同居の家族が同じように考えているかも重要です。では、具体的にはどのような準備や覚悟、注意点があるのでしょうか。トラブルなくきちんと里親になれるよう、しっかりと理解しておきましょう。

フレンチブルドックの里親になる方法

里親としてフレンチブルドックを引き取る方法には、保護団体や里親探しのサイト、譲渡会などがあります。

詐欺などに騙されたりしないように、信頼できるところを見つけましょう。

先住犬がいる場合は、フレンチブルドックとの相性を見るためにお試し期間が設けられているところを選ぶと良いでしょう。

また、ボンランティア団体等ではワクチン代が必要なケースがあるので、引き取る時の料金や引き取った後に連絡が取りたいのかどうかも聞いておくと、後々のトラブルを避けられます。

フレンチブルドックを里親から迎え入れる時の準備

フレンチブルドックを里親から迎え入れる時の準備① 飼い主さんの心の準備

里親になったフレンチブルドックに持病があったり、引き取った後で病気になって治療にお金がかかったりしても、最期まで面倒を見る覚悟を持つことは絶対条件です。

過去に悲しい思いをしているフレンチブルドックに、二度と同じ思いをさせてはいけません。

同居の家族にも同じ気持ちがあるかどうかという点も大切なポイントです。

フレンチブルドックを里親から迎え入れる時の準備② 知識

フレンチブルドックの特徴や、飼うにあたっての注意点等を勉強しておく必要があります。

暑さ寒さが苦手なフレンチブルドックの里親になるには、飼育環境やかかりやすい病気について理解しておかなければなりません。

フレンチブルドックの老犬を引き取る場合は特に、健康管理についての知識を備えておきましょう。

フレンチブルドックを里親から迎え入れる時の準備③ 飼育グッズ

フレンチブルドックを引き取る際に譲り受けることができるものは必要ありませんが、基本的にはサークルやトイレ、散歩に使うリード等、必要なものがたくさんあります。

食事もいきなり変わると下痢を起こしたりしやすいので、引き取るまでに食べていたのと同じドックフードを与えた方が良いでしょう。

フレンチブルドック,里親,フレブル

フレンチブルドックを里親から引き取る時の注意点

フレンチブルドックを里親から引き取る時の注意点① お試し期間

フレンチブルドックの里親になったら、一生面倒をみることになります。

一つの命を引き取るのですから慎重に進めましょう。性格には個体差があるので、飼い主さんや同居の家族、先住犬との相性に問題がないかを確かめるためのお試し期間は、あった方が良いでしょう。

フレンチブルドックを里親から引き取る時の注意点② 確認不足は後悔の元

引き取りを検討するフレンチブルドックの性格や病気の有無等わからないことはうやむやにせず、すべて聞いておきましょう。

過去にトラウマのあるフレンチブルドックは、何かの拍子に問題行動を起こすこともあります。

後になって「こんなはずじゃなかった」と思うことがないよう、十分に確認した上でフレンチブルドックの里親になるかどうかを決めることが重要です。

また、ワクチン代等が必要なところもあるので、引き取り時の料金についてもきちんと確認しておきましょう。

意外と確認不足になりがちなのが、引き取り後の連絡が必要かどうかということです。

引き取った後も様子を知るために連絡を取りたいと希望する人もいます。

「やっぱり返してほしい」と言われて揉めるケースもあるので、事前にしっかりと話し合っておきましょう。

フレンチブルドックを里親から引き取る時の注意点③ 動物病院

動物病院は病気やケガをした時だけでなく、健診やワクチン接種等でもお世話になります。

最寄りに複数の動物病院がある場合は、犬を飼っているご近所さんやインターネットの口コミで評判をチェックしておきましょう。もちろん診察時間や休診日、急患対応についての確認も重要です。