アメリカンコッカースパニエルがいびきをかく原因とは?

アメリカンコッカースパニエルは人間と同じように夢も見ますし寝言も言います。突然、寝言を聞くと人間としては驚いてしまいますが、寝言にはあまり病的なものはありません。しかしアメリカンコッカースパニエルが頻繁にいびきをかく場合は、何か病気を抱えている可能性があります。いびきにはどういう病気が隠されているのでしょうか。

いびきをよくかく犬種とは?

犬にはいびきをよくかく犬種があります。一番いびきをかきやすい犬種は短頭種の犬です。短頭種というのはパグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアなどのいわゆる「鼻ペチャ」の犬です。構造上、どうしてもいびきをかきやすくなっています。また「トイ種」と呼ばれる超小型犬も鼻から肺までが近く、いびきをかきやすい構造になっています。

しかしアメリカンコッカースパニエルは短頭種でもトイ種でもありませんので、構造的にはいびきをかくことは少ないのですが、頻繁にいびきをかく犬もいるようです。そういう場合は、肥満のためにいびきが出てしまう可能性があるので、いびきが気になるようなら様子をよく観察しておくことが大切です。

肥満が原因のことも

短頭種でもなく病気というわけでもないのに、アメリカンコッスパニエルがいびきをかいている場合、肥満が原因であることが多いです。肥満のために喉の周辺に脂肪がついてしまい、気道が塞がれた状態になってしまいます。アメリカンコッカースパニエルは食欲旺盛で太りやすいので、食事の管理をしっかりと行い肥満を防ぐことが重要です。肥満を防ぐことでいびきだけにとどまらず、様々な病気を防ぐことができます。まさに肥満は万病のもとです。太っているからいびきが出やすいのだと安心することなく、まだいびきだけで済んでいる時点で肥満を解消するようにしましょう。

太っていないのに頻繁にいびきをかく、いびきがどんどんひどくなってくる、息苦しそうにしている、などの場合は、何らかの病気からいびきが発生している可能性がありますので、注意しましょう。

いびきを起こす病気とは?

軟口蓋過長症

犬の上顎の奥にある「軟口蓋」と呼ばれる部分が長く伸びすぎて、気道を塞いでしまう病気です。いびきが出るだけでなく、ひどい場合は呼吸困難になってしまうこともあります。いびきをかいている犬が苦しそうにしていたら要注意です。外科手術によって軟口蓋を切り取るという方法が取られることもあります。

気管虚脱

気管がつぶれてしまい呼吸がしづらくなる病気です。肥満や老化が原因で起こることが多いです。いびきもかきますが、ガーガーという咳も出ます。ひどい場合は呼吸困難になってしまいます。軽い状態であれば内科的療法で症状を抑えることができますが、ひどくなると外科手術が必要になります。肥満や老化に他に暑い時期に発症したり再発したりすることが多いので要注意です。

心臓病

心臓病は犬種に関わらず、肥満している犬、老齢の犬はかかる可能性が高くなる病気です。心臓が大きくなってしまうことで気管を圧迫して咳やいびきが出るようになります。心臓病になってしまうと、一生治療や投薬が必要になってきますので、生活習慣などに注意して、できるだけ防ぐようにしたいです。

まとめ

いびきはユーモラスな面もありますが、人間にいびきと同様に病気が隠れていることがありますので、いびきをかいているときの状態などを詳しく観察してチェックすることが必要です。いびきは肥満や病気などの他にも、家族にタバコを吸う人がいた場合、タバコの煙が鼻の粘膜を傷つけることが原因になることがあります。アメリカンコッカースパニエルが煙に触れないように注意するようにしましょう。