和歌山県でおすすめの愛犬と行けるレジャースポット


和歌山県の基本情報

コーギ,犬
和歌山県の基本情報
  • 地方:近畿地方
  • 県庁所在地:和歌山市
  • 和歌山県の名産品と言えば、
    日本一のみかんの生産量を誇る和歌山県の地域ブランド「有田みかん」
    最高級品種「南高梅」
    ご当地ラーメン「和歌山ラーメン」などがあり
  • 名所と言えば、
    落差133メートルの日本一の「那智の滝」
    空海(弘法大師)が真言宗を開いた仏教の聖地 世界遺産「高野山」
    全長640メートルの白い砂浜「白良浜」などが有名
  • 犬の飼育登録数:48,604頭(2018年度現在)
    人口に対して5.18%の飼育率、全国平均程度。

和歌山県のレジャースポット

おすすめレジャースポット① 「ドッグリゾート パートナーズハウスゆあさ」

パートナーズハウスは、有田郡にある愛犬と泊まれるログハウスです。
1棟貸切のログハウスなので、周囲を気にせずゆっくりと過ごすことができます。
施設内には、ドッグランやアジリティ、ドッグプール、温泉、レストランなどがあり、どこへ行くにも愛犬を連れていくことができる関西最大級のドッグリゾートです
また、魅力的なのは、全犬種対応しているので、どれだけ大きい犬でも利用することができます。
飼っている犬が大型犬で、一緒に旅行をすることを諦めていた人にもオススメの施設です。

詳細

  • 住所:和歌山県有田郡湯浅町山田1638-1
  • 電話:0737-65-3411
  • 営業時間: 午前7時~午後10時頃(電話受付は午前10時~午後17時)
  • 定休日: 年中無休(ご宿泊客がない日のみお休み)
  • 入場料:(日帰り施設利用料金)犬1頭目:1,080円、2頭目から540円
  • ホームページ:『パートナーズハウスゆあさ』

おすすめレジャースポット② 「紀ノ川SA下り線」

紀の川サービスエリアの下り線には、ドッグランが併設されています。
ドッグラン自体は小規模ながらも、犬用水飲み場、専用トイレ、ペット用ごみ箱(ウンチボックス)まで備えられています。

高速を使ったお出かけの際には、ドライブ途中のいい気分転換になります。
車での長時間移動となると犬も疲れてしまいますので、旅の途中の休憩や気分転換のために、ドッグランで軽く運動させてあげるのもいいですよね。
和歌山県ならではの、ご当地のお土産を見たり、買ったり、ご当地グルメを食べたりすることも楽しめますし、景色も綺麗ですので、愛犬とっても飼い主とってもリフレッシュになる施設です。

詳細

  • 住所: 和歌山県和歌山市北野744-5
  • 電話: 073-462-0395(インフォメーション)
  • 営業時間:(ドッグラン)8時00分〜18時00分
  • 定休日: 年中無休
  • 入場料:無料
  • ホームページ:『紀ノ川SA下り線』

おすすめレジャースポット③ 「ポルトヨーロッパ」

和歌山市にあるポルトヨーロッパは、「歌山マリーナシティ」という複合施設の中にあるテーマパークです。

全国のテーマパークや遊園地の中でも珍しい、ペット同伴可能なテーマパークです。
ポルトヨーロッパは、遊園地があったり、ヨーロッパの雰囲気が楽しめるようなエリアがあったりします。
遊園地の観覧車は、愛犬と一緒に乗ることができます。
ヨーロッパの街並みを愛犬と散歩するというのも非現実的で、とても楽しめます。
ポルトヨーロッパ内のレストランのテラス席だと、愛犬と一緒に食事を楽しむこともできます。

ポルトヨーロッパは、入場無料ですので、気軽に愛犬を連れて散歩に連れていくこともできるおすすめスポットです。

詳細

  • 住所: 和歌山県和歌山市毛見1527 和歌山マリーナシティ内
  • 電話: 0570-064-358
  • 営業時間: 10時00分~17時00分
  • 定休日:不定休
  • 入場料: 無料
  • ホームページ:『ポルトヨーロッパ』

おすすめレジャースポット④ 「黒沢牧場」

海南市にある黒沢牧場もペット同伴可能、ドッグランも併設されたスポットです。
黒沢牧場では、牛が放牧されているので、そのエリアは立ち入り禁止です。
このエリアに入らないように注意さえすれば、楽しく過ごすことができます。
牧場内では、バーベキューをすることができる広場や遊具がありますので、アウトドア派の飼い主には、とてもおすすめです。

大自然の中、愛犬とともに美味しいバーベキューを楽しめるオススメの施設です。

詳細

  • 住所: 和歌山県海南市上谷603
  • 電話: 073-487-1677
  • 営業時間: 9時00分~17時00分
  • 定休日:不定休
  • 入場料: 大人400円、子供(3歳~中学生)200円
  • ホームページ:『黒沢牧場』

おすすめレジャースポット⑤ 「サンシャイン牧場果樹園」

日高郡にあるサンシャイン牧場果樹園は、ペット同伴可能な牧場果樹園です。
ぶどう狩りやいちご狩りができて、バーベキューをすることも出来る施設です。
愛犬と一緒に味覚狩りやバーベキューができますので、楽しめること間違いなしです。
注意点としては、犬はぶどうを食べてはいけませんので、ぶどう狩りは避けた方が良さそうです。
また、施設は牧場にもなっており、様々な動物がいます。
味覚狩りや牧場など楽しめる箇所が複数あり、1日ゆっくり楽しむことができます。

詳細

  • 住所: 和歌山県日高郡印南町大字印南原5640
  • 電話: 0738-44-0351
  • 営業時間:9時00分~17時00分
  • 定休日: 7月下旬〜9月下旬(ぶどう狩り)、2月上旬〜5月上旬(いちご狩りの 営業期間中無休
  • 入場料: 大人500円、子供250円
  • ホームページ:『サンシャイン牧場果樹園』

愛犬とのおでかけ 注意点

愛犬と行けるレジャースポットは、その他にも多くの人が利用する場所です。

他の犬と遭遇することや、利用客の中には犬が苦手な人もいるかもしれません。

愛犬が周りへ迷惑をかけないように細心の注意を払いましょう。

周りの人への配慮を忘れず、飼い主さんんがマナーとルールを守り、愛犬にも守らせることが大切です。

ビジョンフリーゼ

愛犬とおでかけする前に

①最低限のしつけをしておくこと

犬のしつけを単なる芸の1つとして考えている人もいらっしゃいますが、実はそうではありません。

犬のしつけは、愛犬を守るための手段、そして、人間社会で生きていくためのルールを守らせるためのものです。

多くの人が利用するレジャースポットへおでかけをするためには、最低限「おすわり」「まて」「おいで」のコマンドに従うことができること、さらにトイレのしつけが必要になります。

飼い主の前ではできても家族以外の人の前に出るとできないこともあるため、子犬のうちからいろいろな場所でトレーニングしておきましょう。

②社会性を身に付けておくこと

レジャースポットでは多くの人と遭遇します。
犬連れ可能なスポットであれば、他の犬が遊びに来ていることもあるでしょう。

そんな時、社会性が不足している犬の場合には、人や犬に吠えかかる・噛みつくなどのトラブルを起こすことが考えられます。

愛犬を公共の場所に連れ出すためには、社会性を身に付けておかなければなりません。
子犬のうちに近所への散歩から慣れさせ始めて、徐々に人や犬の多い場所にお出かけして慣れさせておきましょう。

③狂犬病・混合ワクチンやノミ・ダニ予防をしておくこと

レジャースポット先では、愛犬が水辺や原っぱで遊ぶことがあったり、他の犬と交流する機会があることが考えられます。

狂犬病やあらゆる感染病への感染、ノミ・ダニに寄生されてしまう可能性があるため、あらかじめそれぞれの予防法を取っておくようにしましょう。

特に犬用のための施設を利用する際には、「狂犬病」「混合ワクチン」の1年以内に接種した証明書「注射済票」の提示を求められることもあります。

愛犬が感染症に感染しない、そして他の犬に移してしまわないためにも必ず予防しておくようにしましょう。

いざ出発!!車での注意点

①犬の車酔いに気を付ける

愛犬を連れて車でおでかけする場合には、犬が車酔いしないよう注意してあげましょう。

車酔いしていないか、疲れていないかをよく観察して気遣ってあげてください。

犬が車酔いしないためにできる対策として

  • 直前の食事はさせない。できれば2時間前までに
  • こまめな休憩を取ること
  • 揺れを最小限に
  • 車内の匂いを取っておくこと(芳香剤もNG)

などがあります。

②愛犬だけ車内に残さないこと

レジャーの多くなる季節、夏場の車内はかなりの温度まで上がります。

車での移動時にはトイレや食事休憩などを取ることも必要ですが、決して愛犬を車内に置き去りにはしないでください。

③安全を心掛けること

安全運転を心がけることは当たり前のことですが、愛犬の安全を十分に気遣ってあげましょう。

運転者の膝に乗せる、リードにもつながず窓を全開にするなどの乗せ方はとても危険です。
万が一事故に合ってしまった時、犬の場合は車内から放り出されたり、エアバッグによって命を落としかねません。

犬を車に乗せるときは、クレートや犬用のドライブシートなどを活用して愛犬を固定するようにしてください。

お出かけ先での注意点

①施設で決められたルールを守ること

犬連れOKの施設では、それぞれルールが設けられていることがあります。

例えば、

  • 利用区間
    犬連れOKの施設でも犬連れ禁止エリアがあることもあります。
  • 犬種や犬のサイズによる入場規制
    大型犬や危険犬種に指定されている犬種の入場規制が定められていることがあります。
  • リードや犬の洋服の着用・キャリーバッグの使用
    入場するためにリードや洋服の着用が定められていること、またはキャリーバッグに入れておくことで入場できる施設・エリアなどがあります。
  • 利用時間や曜日指定
    犬連れでの利用時間や曜日が定められていることがあります。
  • 狂犬病・混合ワクチン接種証明書の提示

などがあります。
施設によってもルールが異なりますので、事前に確認して必要なものを準備しておくこと、そしてそのルールを守って利用しましょう

②マナーを守ること

お出かけ先の施設のルールに定められていなくても、周りの人のことを気遣ってマナーを守って利用しましょう。

愛犬の糞尿の始末・持ち帰りをすることはもちろんのこと、無駄吠え、飛び掛かり癖などは周りの人への迷惑となります。

その他にも公共の場でのブラッシングや宿泊施設でのシャンプー、牧場の動物との接触方法など多くありますが、いずれも周りの人に不快な思いをさせるような行為はしないよう飼い主自身が行動に責任を持たなければなりません。

③ヒート中の公共施設へのお出かけは控えること

犬連れOKのレジャースポットでは、もちろん他の犬に会うこともあります。

メスのヒート(犬の生理)中は公共施設へのお出かけを控えるようにしましょう。
ヒート中は、周りのオス犬を興奮させてしまうためオス犬同士のケンカを招きかねません。

例えマナーパンツを履かせていても変わりませんので、ヒート中の愛犬とのおでかけは控えるようにしてください。

④愛犬の体調を気遣うこと

当たり前のことですが、愛犬の体調を第1に考えてあげてください。

レジャーの機会が増える春から夏にかけての季節は、犬にとって暑くて疲れやすい季節です。

こまめな水分補給を取らせること、また熱中症にも注意してあげましょう。
特に「パグ」「フレンチブルドッグ」「シーズー」などの短頭犬種は、熱中症にかかりやすい特徴を持ちますので、水分補給以外にも外で活動する時間帯にも気を付けてあげましょう。

愛犬とのおでかけ こんな行動はNG!!

公園,散歩

マナーを守ることの重要性

近年愛犬と一緒にお出かけする飼い主さんを多く見かけます。
しかし、犬連れOKのレジャースポットは、和歌山県に限らず決して多いとは言えません。

さらに、飼い主さんの中にはマナーの悪い飼い主さんがいらっしゃることから、犬連れOKの施設が犬連れ禁止になった例もあるようです。
このままでは、どんどんお出かけ先も減ってきてしまうでしょう。

そうならないためにも、飼い主一人ひとりが責任持った行動を取ることに心掛けてマナーを守っていかなければなりません。

こんな行動は嫌われる!!NG行動

NG行動① 花壇や植木でおしっこ・マーキングさせる

レジャースポットでは、花壇や植木に綺麗な草花を植えて飾っていることも多いです。
そういった花壇や植木を台無しにしてしまうのが、犬のおしっこやマーキングです。

花壇や植木だけでなく、基本的に施設内では排泄させない、または専用トイレが設置されている場合は専用トイレ内だけで排泄させるようにしましょう。

また、入場前に排泄させておく、マナーベルトやマナーパンツを着用させておくと良いでしょう。

NG行動② 糞尿の後片付けをしない

きちんと守られている飼い主さんも多いですが、未だに犬の糞尿の後片付けをしない飼い主さんがいらっしゃいます。

レジャー施設内では基本的に排泄させないようにしなければなりませんが、万が一、排泄してしまった場合には、速やかに後片付けをし排泄物は持ち帰るか、専用ゴミ箱がある場合に専用のごみ箱だけに捨てるようにしましょう。

通常のごみ箱に捨てて帰るようなことはしないでください。

マナーベルトやパンツが汚れた場合も同様、通常のごみ箱には捨てず専用ゴミ箱、あるいは持ち帰るようにしましょう。

NG行動③ 無駄吠えを放置する、愛犬を制御できない

日常とは違った体験、たくさんの人や犬に出会うレジャースポットへのお出かけは、犬にとって刺激に溢れる時間となるでしょう。
そのため、吠えるなどの興奮状態を見せることもあるかもしれません。

しかし、他の利用者への迷惑となりかねないため、決して放置してはなりません。
「おすわり」「まて」などの指示を出し、落ち着きを取り戻させてあげましょう。

厳しいことを言うようですが、愛犬を制御できない場合には一緒にお出かけするべきではないでしょう。

NG行動④ 敢えて人ごみに連れて行くこと

人気レジャースポットなどでは、多くの人が来場していて人混みで身動きも取れないようなこともあります。
そういった場所には、できるだけ犬は連れ入れないようにしましょう。

犬にとってもストレスになりますし、人混みの中には犬が苦手な人・アレルギーのある人もいるかもしれません。
また、抜け毛が気になる人もいるでしょう。

どうしても人混みを避けられない場合には、せめてキャリーバッグに入れるなどの配慮を行うようにしましょう。

愛犬とのおでかけ 持ち物・便利グッズ

レジャースポットへの持ち物

愛犬とのおでかけでの持ち物は、行先や過ごし方、日帰りか泊りか、交通手段によっても異なってきます。
準備しておきたい持ち物を事前にチェックしておきましょう。

主な持ち物としては、

  • マナーポーチ
  • 首輪・リード
  • 鑑札・迷子札
    ※万が一に備え、おでかけ先では必ずつけておくようにしましょう。
  • フード・飲み水・食器・おやつ
  • ペットシーツ
  • タオル
  • 犬用の洋服(抜け毛飛散防止・寒さ対策)
  • キャリーバッグ・クレート
  • 1年以内の注射済票
  • ウエットティッシュ
  • レインコート
  • おもちゃ

などがあります。

あれば役立つ 便利グッズ 紹介

①Snack Duo/スナックデュオ
お水とおやつやフードを1つにして持ち運べるボトルです。
おやつやフードを入れる方は取り出しやすく大きく開き、お水部分は水漏れ防止キャップになっているため、持ち運びも利便性も抜群です。
『Snack Duo/スナックデュオ』

②犬用シートベルト
車でお出かけする際に必要な犬用のシートベルトです。
お手持ちのハーネスにフック部分をかけて、片方をシートベルトの差し込み口にセットするだけなので、使い方も簡単。
『犬用シートベルト』

③お出かけ用 犬用トイレ
折りたたんで持ち運べるトイレ用品です。
コンパクトに折りたたんだら専用の巾着袋に入れて持ち運ぶことができるので、荷物がかさばらず便利です。
『お出かけ用 犬用トイレ』

この記事のまとめ

和歌山県のドッグランで遊ぼう
  • 愛犬と入れるおすすめレジャースポットは、
    「パートナーズハウスゆあさ」
    「紀ノ川SA下り線」
    「ボルトヨーロッパ」
    「黒沢牧場」
    「サンシャイン牧場果樹園」
  • レジャースポットへのお出かけ前には「最低限のしつけ」「社会性」「狂犬病・混合ワクチンの予防接種」「ノミ・ダニ予防」が必須
  • 車で移動する時には、「車酔い対策」「愛犬の安全の確保」が必要
  • レジャースポットでは、定められたルールとマナーに気遣うこと
  • 持ち物は、行先や過ごし方、日帰り・泊り、交通手段に合わせた物を準備すること

まとめ

和歌山県には、人にとっても愛犬にとっても、とても魅力的なレジャースポットがあります。
ペット同伴可能な施設では、他の動物や犬がいます。

病気や寄生虫をうつされないように、予防できるものはしっかり予防しておきましょう。

和歌山のような自然がたくさんある所では、街中ではかからない病気にかかる可能性もあるので、アウトドアを楽しむのであれば、多くの病気を予防できる混合ワクチンを、事前に摂取しておくことをオススメします。