フレンチブルドッグのアレルギーの特徴と注意点を動物看護師が解説!


フレンチブルドッグの基本情報

フレンチブルドック

フレンチブルドッグは見た目の可愛さだけではなく、大変穏やかな性格で無駄吠えも少ないため、日本の住宅環境ではとても飼いやすい犬種になります。

また賢く、しつけも比較的苦労せずにできることが多いので、初心者にもおすすめできるのがフレンチブルドッグです。

そして何よりも、一度フレンチブルドッグを飼ってしまうと、その独特の雰囲気にやられてしまい、以降、飼う犬はフレンチブルドッグ一筋となることが多く、フレンチブルドッグは他の犬種にない魅力をたくさん持っています。

フレンチブルドッグの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:8〜13kg以下
  • 体高:26〜31cm
  • 被毛:ダブルコート、短毛種(抜け毛が多い傾向)
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 平均寿命:10〜14歳
  • 注意したい病気:皮膚疾患、呼吸器疾患、眼疾患
  • 価格相場:20〜30万円
フレンチブルドック,ボストンテリア

フレンチブルドッグは短毛種なので、定期的なトリミングなどが必要なく、お手入れは簡単なイメージがありませんか?

確かにカットなどは必要ありませんが、フレンチブルドッグの皮膚はとてもデリケートなのと、普段から抜け毛はやや多く、ダブルコートのため換毛期には大量の抜け毛があります。

そのためブラッシングや皮膚のケアは欠かせません。

こまめにブラッシングしてあげることで抜け毛対策になりますし、ブラッシングすることで、皮膚へのマッサージ効果にもなり、血行が良くなるとともに、皮膚を健康にキープする助けになります。

そしてフレンチブルドッグは他の犬種よりも皮脂腺が多いと言われています。

そのため皮膚の疾患や耳の炎症を起こしやすいので、定期的なお手入れは忘れなくするようにしましょう。

フレンチブルドッグの性格・気質

  • 喜怒哀楽が明快
  • 繊細なハートの持ち主
  • 社交的
  • マイペースで平和主義
  • 見かけによらず動きは機敏
  • 自由が好き
  • 家族と食べ物が何よりも好き
フレンチブルドック

フレンチブルドッグは争いを好みません。

滅多に怒ることはなく、嫌なことがあると、怒る以前にその場から立ち去ろうとします。

とても社交的で遊ぶことが大好きなので、大好きな人や犬と楽しく遊んでいるとつい楽しい感情が爆発し、誰も手をつけられないほどマックスで興奮してしまうことも…

また、飼い主さんに叱られたりすると、この世の終わりかというくらい、深く落ち込み、ひっそりと部屋の隅に行って出てこなくなったりします。

これらはフレンチブルドッグの日常の一部の紹介ですが、フレンチブルドッグは自分の感情をわかりやすく私たちに伝えてくれるので、ずっと生活していると、会話が成り立っているようにさえ感じることができます

フレンチブルドッグのアレルギーの特徴

病気,病院.医者

フレンチブルドッグは、もともと他の犬種に比べても皮膚のトラブルがとても多いです。

皮膚病になりやすかったり、アレルギーを引き起こしたりと、皮膚に症状が出てくる場合がとても多いのです。

フレンチブルドッグのアレルギー体質は、遺伝的素因がほとんどです。

アレルギーには様々な原因があります。

食物アレルギー、花粉やハウスダストなどの環境アレルギーなどがありますが、フレンチブルドッグに一番多いのが、食物アレルギーです。

ドッグフード以外のおやつや、人間が食べるような物を与えているとアレルギーの原因となります。

ドッグフードだけ与えていたとしても、そのドッグフードの原材料にアレルギー物質が入っているとアレルギーを引き起こす原因となります。

アレルギーの症状

アレルギーの症状は、主に皮膚の痒みや赤み、脱毛や炎症などです。

まれに、嘔吐や下痢のような消化器に症状がでる場合もあります。

フレンチブルドッグは、皮膚に症状が出る場合がほとんどです。

フレンチブルドッグは、短毛な分、脱毛していても分かりづらいです。

特に、クリームやフォーンなどの毛色の薄いフレンチブルドッグは、脱毛が分かりにくいですが、赤みや炎症は分かり安く、すぐに気づくことが多いです。

しかし、ブリンドルなどの毛色が濃いフレンチブルドッグは、赤みが目立ちにくいため、発見が遅くなる場合もあります。

一般的にアレルギー症状は、体に全体的にでます。

背中やお腹脇の下、内股などといった体中から、顔のシワの部分まで真っ赤になるフレンチブルドッグもいます。

とても痒いので、足をつかってかいたり、噛んだり、タオルなどに擦り付けたりするので、放置していたら悪化してしまいます。

フレンチブルドッグのアレルゲンになりやすい食べ物

  • ビーフ
  • ラム肉
  • 小麦
  • コーン
  • 大豆
  • 鶏卵
  • 乳製品

などがあります。

必ずこれらのものに反応するとも言い切れませんし、これら以外は大丈夫ということでもありません。

必要であれば、費用はかかりますが病院で食物アレルギー検査を行うことができます。

どの食物にアレルギーがあるかをチェックすることで、フレンチブルドッグをアレルギーから守ってあげることができます。

ただし稀に、フレンチブルドッグの体質が変わることがあり、以前は大丈夫だった食物でも突然アレルゲン反応が陽性になったり、その逆になったりすることがあります。

また、人がするアレルギーの血液検査ほど精度が高くないというデメリットもあります。

そのため費用をかけて食物アレルギー検査をするかどうかは、飼い主さん次第になります。

食物アレルギーの除去食試験とは?

フレンチブルドック

犬の食物アレルギー検査は血液検査以外に、除去食試験というものがあります。

これは、アレルギーを起こさないと言われる療法食を2ヶ月間食べさせ、現在起きているアレルギー症状が治まるのかをチェックしつつ、体の中の状態をリセットさせます。

この間、一切のオヤツは禁止になります。

また、あげている療法食でもアレルギー反応が出る場合は、別の療法食に切り替え再度試します。

そして2ヶ月経過後、以前からあげているフードに戻し、アレルギー反応があるかを見ます。

これで反応が出れば、食物アレルギーがあると判断し、もともとあげていたフードの原料を見直します。

ポイントは、療法食を食べさせている間は、それ以外の食べ物は一切あげないことが大変重要です。

食物アレルギーがあれば、療法食しかあげられないの!?

実際、フレンチブルドッグに除去食試験を試して食物アレルギーがあるとわかりました。

その場合、一生療法食しか食べちゃいけないのでしょうか?

いいえ。

管理次第でちゃんとそれ以外のものも食べられます。

方法として、フレンチブルドッグが食べても大丈夫な食物を見つけてあげることになります。

ドッグフード

食べられる食物探し方法

◆アレルギー症状が落ち着くまで療法食をあげる

  1. 療法食をあげながら、トッピングとして1つだけ食べ物の素材を増やす。(または、1つだけ選んだ食材をおやつとしてあげてみる)
  2. 1ヶ月その1つだけの食材をプラスして反応をみる
  3. 症状が何も出なければさらに1つ増やして同じように様子を見る

この繰り返しで、アレルギー反応が出たら、その食材は外すという風に、1つ1つ確認していきます。

手間はかかりますが、こうすることで何が良くてダメなのかを区別することができます。

フレンチブルドッグの環境アレルギー対策

フレンチブルドッグは食物アレルギー以外にもアレルギー反応を起こすことがあります。

1番多い食物アレルギーをチェックすることから始め、アレルゲンがハウスダストや花粉、ダニやノミ、草木にあるとわかった場合、それらに合わせた対処が必要になります。

基本的には薬でアレルギーを抑えながら、少しでもアレルゲンに触れない生活を心がけることが重要です。

フレンチブルドック

例えば、

  • 室内の掃除を頻繁にしてホコリを溜めない
  • 外出の時はアレルゲンが付かないように洋服を着せる
  • 家に帰ったら被毛についている花粉を取る意味で体を拭く

などがあります。

神経質になる必要はありませんが、皮膚の状態が悪いときなどはいつも以上に気を使ってあげることが、フレンチブルドッグへの優しさになります。

アレルギーの子に気をつけた方がいいこと

食物アレルギーが多いフレンチブルドッグに、特に気をつけた方がいいこととは、食事です。

まずは、アレルギーと診断されたら、アレルギー用のドッグフードに変えることが一般的でしょう。

アレルギー用のドッグフードにも様々な種類があります。

アレルギー検査をして、何に対してアレルギー反応を引き起こしているのかを知った上で、愛犬のフレンチブルドッグに合ったドッグフードに変えるということが一番いい方法です。

また、おやつや、人の食べ物が原因でアレルギー反応を引き起こしている場合もありますので、まずはそのような食べ物を与えることをやめてみましょう。

食物アレルギー以外にも、環境アレルギーが原因の場合もあります。

草や花などにもアレルギー反応を引き起こす原因となるものもありますので、散歩中に草むらに行くことをやめてみるなどの工夫が必要となります。

フレンチブルドック

この記事のまとめ

フレンチブルドッグのアレルギーの特徴と注意点
  • 体重:8〜13kg以下 中型犬でダブルコートの短毛種
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 性格は素直で喜怒哀楽の感情がわかりやすい。社交的で遊ぶことが大好き
  • フレンチブルドッグのアレルギーは遺伝的要素がほとんどで、1番多いのが食物アレルギー
  • アレルギーの症状:皮膚の痒み、赤み、脱毛、炎症、稀に嘔吐、下痢があり
  • アレルゲンになりやすい食べ物:ビーフ、ラム肉、小麦、コーン、大豆、鶏卵、乳製品
  • 食物アレルギー検査には血液検査と除去食試験がある
  • 食物アレルギーがあっても、管理次第で療法食以外も食べられる
  • 環境アレルギー対策:「室内の掃除の徹底」「外出時は洋服を着せる」「帰宅したら体を拭く」

フレンチブルドッグのアレルギーの特徴と注意点 さいごに

フレンチブルドッグは、皮膚が弱い犬種なため、他の犬種以上に皮膚に関して、気をつけてあげないといけません。

皮膚の変化にすぐ気づける様に、毎日の皮膚のチェックを、習慣づけることをおすすめします。

皮膚の痒みや赤みなどの症状は、必ずしもアレルギー反応を引き起こしているとは限りませんので、皮膚の異常を見つけたら、動物病院へ連れていき、診てもらいましょう。