フレンチブルドッグのアレルギーの特徴と注意点を動物看護師が解説!

アレルギーは、人間だけではなく犬にも起こるものです。特にフレンチブルドッグは、様々な犬種の中でも皮膚が弱い犬種です。皮膚に関しては、見た目によらず、意外とデリケートなのです。フレンチブルドッグのアレルギーの特徴や、アレルギーを引き起こすとどのような症状が出るのか、また、アレルギーを引き起こしてしまったらどうすればいいのか、などを紹介します。

フレンチブルドッグのアレルギーの特徴

フレンチブルドッグは、もともと他の犬種に比べても皮膚のトラブルがとても多いです。皮膚病になりやすかったり、アレルギーを引き起こしたりと、皮膚に症状が出てくる場合がとても多いのです。
フレンチブルドッグのアレルギー体質は、遺伝的素因がほとんどです。アレルギーには様々な原因があります。食物アレルギー、花粉やハウスダストなどの環境アレルギーなどがありますが、フレンチブルドッグに一番多いのが、食物アレルギーです。
ドッグフード以外のおやつや、人間が食べるような物を与えているとアレルギーの原因となります。ドッグフードだけ与えていたとしても、そのドッグフードの原材料にアレルギー物質が入っているとアレルギーを引き起こす原因となります。

アレルギーの症状

アレルギーの症状は、主に皮膚の痒みや赤み、脱毛や炎症などです。まれに、嘔吐や下痢のような消化器に症状がでる場合もあります。フレンチブルドッグは、皮膚に症状が出る場合がほとんどです。フレンチブルドッグは、短毛な分、脱毛していても分かりづらいです。特に、クリームやフォーンなどの毛色の薄いフレンチブルドッグは、脱毛が分かりにくいですが、赤みや炎症は分かり安く、すぐに気づくことが多いです。しかし、ブリンドルなどの毛色が濃いフレンチブルドッグは、赤みが目立ちにくいため、発見が遅くなる場合もあります。
アレルギー症状は、体に全体的にでます。背中やお腹脇の下、内股などといった体中から、顔のシワの部分まで真っ赤になるフレンチブルドッグもいます。
とても痒いので、足をつかってかいたり、噛んだり、タオルなどに擦り付けたりするので、放置していたら悪化してしまいます。

アレルギーの子に気をつけた方がいいこと

食物アレルギーが多いフレンチブルドッグに、特に気をつけた方がいいこととは、食事です。まずは、アレルギーと診断されたら、アレルギー用のドッグフードに変えることが一般的でしょう。アレルギー用のドッグフードにも様々な種類があります。アレルギー検査をして、何に対してアレルギー反応を引き起こしているのかを知った上で、愛犬のフレンチブルドッグに合ったドッグフードに変えるということが一番いい方法です。
また、おやつや、人の食べ物が原因でアレルギー反応を引き起こしている場合もありますので、まずはそのような食べ物を与えることをやめてみましょう。
食物アレルギー以外にも、環境アレルギーが原因の場合もあります。草や花などにもアレルギー反応を引き起こす原因となるものもありますので、散歩中に草むらに行くことをやめてみるなどの工夫が必要となります。

まとめ

フレンチブルドッグは、皮膚が弱い犬種なため、他の犬種以上に皮膚に関して、気をつけてあげないといけません。皮膚の変化にすぐ気づける様に、毎日の皮膚のチェックを、習慣づけることをおすすめします。皮膚の痒みや赤みなどの症状は、必ずしもアレルギー反応を引き起こしているとは限りませんので、皮膚の異常を見つけたら、動物病院へ連れていき、診てもらいましょう。