トイプードルがアレルギーになった時の原因と症状と対策について動物看護師が解説します!


トイプードルのアレルギーの症状の特徴

アレルギーを引き起こすと、体中がとても痒くなるので、夢中になってかいてしまいます。
足でかくだけならまだましですが、皮膚の痒い部分を噛むトイプードルもいます。
そして皮膚が傷つき、悪化してしまいます。
それをやめさそうとしても、なかなかやめることができません。
かくことによって、赤みが広がったり、出血したりします。

また、かゆみで寝られなくなったり、食欲が落ちたりなど、生活に支障をきたす場合もあります。
トイプードルは、毛がふさふさしている犬種ですので、かいていたとしても、皮膚に炎症が起こっているということまで発見できない場合があります。
症状が悪化してから気づく場合もありますので、普段から体のチェックをすることをおすすめします。

考えられる原因

犬のアレルギーには、食物アレルギーや金属アレルギーなどが有名ですが、意外と多いのが、ノミアレルギーです。
ドッグフード以外にも様々な食べ物を与えている場合は、食物アレルギーを疑います。
しかし、ずっと同じドッグフードを与えているのに、アレルギー症状が出てしまったという場合は、他の原因が考えられます。
春から夏にかけて多いのは、ノミが原因で引き起こされるアレルギーです。
ノミの予防をしていないトイプードルは、ノミがついてしまいます。
体に寄生するノミにとってトイプードルは、毛が多いので、寄生しやすい環境なのです。
そして、ノミに噛まれることによって、そこからアレルギーが引き起こされることがあるのです。

その他にも金属製の食器を使っていると金属アレルギーを引き起こします。
また、散歩中に草むらに入っていくトイプードルだと、草むらの植物が原因で引き起こすアレルギーもあります。

対策や治療法

食物アレルギーの場合は、おやつなどは一度控えて、今まで与えていたドッグフードだけにして様子を見てみましょう。
それでも改善がなければ、ドッグフード自体をアレルギーに対応したものに変えることが必要となります。

また、金属アレルギーや植物アレルギーなどは、食器をプラスチックなどの違う素材にかえたり、散歩中は草むらに近づかせないようにしたりするといった工夫が必要です。

そして、ノミアレルギーを引き起こさないようにするためには、ノミを予防・駆除出来る薬があるので、外へ出るのであればしっかり予防をしておくことをおすすめします。

アレルギーの種類は様々ですが、症状は皮膚に出ることが多いです。
改善や予防方法はありますが、アレルギーを引き起こしてしまった時は、動物病院へ連れていきましょう。
治療としては、かゆみ止めの注射や内服薬がメインとなります。
炎症が酷かったり出血したりしているようであれば、菌が繁殖しない様に抗生物質も必要となります。

まとめ

アレルギーの種類や症状も様々ですが、アレルギーを引き起こした時は、何が原因で引き起こされているのかを考える必要があります。
また、今は出ていなくても、愛犬のトイプードルが、何らかのアレルギーが出たときに備えて、アレルギー対策はしておいた方がいいです。
トイプードルを飼っている人は、定期的にトリミングに行かれている飼い主が多いです。
その際に皮膚をチェックしてもらうといいでしょう。