トイプードルのための手作りご飯レシピ

みなさん、ご自身の愛犬に手作りのご飯を作ってあげたことはありますか?どれくらいの量をどうやって料理するか、ハードルが高そうで試したことがないという方も多いかもしれません。普段、自分たちのご飯を作るついでに、同じ材料を少し使いささっと作れたら楽ではないですか?犬にとっても水分いっぱいの食事は、それだけで健康になる助けになっています。今回は簡単にできるトイプードルのご飯レシピを紹介します。

夕食作りの余り野菜とご飯で「雑炊」

特別、犬用のご飯用に野菜を買ってくる必要はありません。犬も家族の一員。食べさせてはいけない食材にだけは気をつけて、あとは同じものを使って作ります。そんな余った食材と白いご飯で作れるのが美味しい雑炊です。

基本のレシピ(1食分)

  • 鶏肉 45g
  • キャベツや白菜などの葉野菜 1枚
  • 舞茸や椎茸 5g
  • ご飯 適量
  • うずらの卵 1個
全ての野菜と鶏肉を適当な大きさにカットしておきます。まずは鶏肉をごま油で炒め、火が通ったら容器に写しておきます。
続いて葉野菜とキノコ、ご飯を小さな鍋に入れ、そこにひたひたになるくらいのお湯を入れ煮ます。グツグツと数分煮て、野菜やきのこに火が通ったら鶏肉を鍋に戻し、最後にうずらの卵を落とし入れ軽く混ぜます。
これで完成なのですが、気持ち風味が欲しければ、カツオだしをほんの少し入れてもいいかもしれません。

人も犬も一緒に「ミネストローネ」

人間用のご飯としてミネストローネを作るとき、材料の一部を犬用に分けるだけでささっと作れます。

基本のレシピ(1食分)

  • 鶏肉 50g
  • キャベツ 1枚
  • にんじん 5g
  • じゃがいも 20g
  • セロリ 10g
  • トマト水煮 適量
野菜類と肉を適当な大きさに切っておきます。まず、鶏肉をオリーブオイルで軽く炒め、容器に移しておきます。続いて少量のオリーブオイルで野菜類を炒めます。
続いて、野菜類が隠れるくらいに水を入れ煮ていきます。しばらく煮て、ジャガイモが柔らかくなったら、トマトの水煮と鶏肉を加え更に数分煮たら完成です。
このスープの応用として、じゃがいもを抜いてご飯やパスタを入れてもいいですし、肉の量を加減して大豆を潰して入れてもいいですよ。

夕食作りで余ったひき肉で「ハンバーグ」

基本のレシピ(1食分)

(ハンバーグ)
  • ひき肉 40g
  • パン粉 小さじ1
  • うずらの卵 1個
(付け合わせ)
  • じゃがいも 20g
  • キャベツ 1枚
  • にんじん 15g
ひき肉、パン粉、うずらの卵を1つの容器に入れよく混ぜ合わせ形を整えます。そして薄くオリーブオイルをしいたフライパンで焼き完成です。
付け合わせのじゃがいもとにんじんは、適当な大きさに切って茹でておきます。キャベツはできたら適当に切って、生であげましょう。生であげたほうが酵素を取り入れることができるので良いです。

エスニックな夕食に「タコライス」

家でエスニック料理など作ることはありますか?ちょっと変わった夕食を食べる時、犬ともそのエスニック感をシェアしてください。

基本のレシピ(1食分)

  • ひき肉 40g
  • ご飯 適量
  • レタス 1枚
  • ピーマンかパプリカ 15g
  • ミニトマト 2個
  • アボカド 15g
レタスは細切りし、ピーマンまたはパプリカ、トマトとアボカドは小さく切ります。ひき肉をオリーブオイルで炒め、ご飯の上に野菜類とひき肉を盛り付けて完成です。夏なんかにぴったりなレシピではないでしょうか。

まとめ

犬の手作りご飯はドライフードと違い、水分をたっぷり取れるのと新鮮な食材を使って作るため、加工された食材ではなく自然の味そのまま、栄養素も丸々取れることがメリットになります。また愛犬の体調を見ながらご飯を作れるので、愛犬の健康管理にもいいですね。ただ栄養バランスのコントロールはドライフードより難しくなるので、獣医さんなどに相談しながらの手作り食をおすすめします。