ペットショップでトイプードルを探す時のポイント

トイプードルを飼いたいと決め、どこで探そうかと思いつくのが、ブリーダーさんやペットショップだったりしますよね。直接ブリーダーさんの元を訪れ、自分の目で見て決められることが1番いいのでしょうが、ブリーダーさんも近所にない場合も多く、なかなか難しいこともあります。ペットショップなら割と見つけやすいです。でも粗悪なところからの受け入れはしたくありません。では何に気をつけたらよいのでしょう?

ペットショップ1軒だけで決めない

近所にペットショップは1軒だけだからと安易に決めないようにしましょう。もちろん、そのペットショップが信頼できるところであれば問題はないのですが、やはり少なくても2〜3軒は見て歩き、それぞれのスタッフと話をし、実際子犬を見て比べてみることをおすすめします。

いいペットショップの条件

店内が臭くない

店内の内装やインテリアがどんなにオシャレでも、犬を粗末に扱っているとこは臭います。臭うお店は避けたほうがいいです。

犬が入っているケージが綺麗

店内がいくら綺麗でも、犬が入っているケージはどうでしょうか。犬が排泄した後すぐスタッフが見て掃除しているようなところは信用できます。

スタッフの知識

気になる犬がいた場合、いろんな質問をして見ましょう。いいことも悪いこともちゃんと説明してくれるかがポイントです。
例えばショップにしたらマイナスになるような、子犬に軽いパテラがあるとかそういう情報を隠さず教えてくれるかどうかは大きなポイントになります。

1日中展示していませんか?

小さなケージに入れ、人前に長時間晒しているだけでも子犬にとってはストレスです。それを1日中、店の営業時間中ずっと子犬を展示しているようなお店はNGです。
犬の健康を考えているお店は、時間を見て子犬を休ませます。過度のストレスにさらされてた犬は、やはり問題を持つ犬が多くなります。

実際、犬を抱かせてもらいましょう

ペットショップでお気に入りの子犬を見つけたとき、飼うと決める前には必ず抱っこさせてもらいましょう。抱っこをした時のリアクションに注目してください。
嫌がっていませんか?極端におとなしくありませんか?まず嫌がる場合は、もしかしたら体のどこかが痛いのかもしれません。基本的に子犬は何にでも興味津々で元気がいい時期です。
極端におとなしい場合は、何か問題を抱えている場合があります。また抱っこした時のおてんば加減で、その個体の性格がわかったりします。やんちゃなのか、おとなしめなのか。飼い主さんとフィーリングが合うかどうかをみるにも抱っこは大切です。

気に入った犬を観察して見てください

気に入った子犬を見つけた時、どうぞ即決せずに観察して見てください。顔まわりは汚れていませんか?お尻は汚くありませんか?口の中はどうでしょうか。毛並みは綺麗ですか?
できるならケージ越しではなく、直接見せてもらうことをおすすめします。まず顔まわりがグズグズに濡れていたり、目やにがあるなんて場合は、もしかしたら目に炎症が起きている可能性もあります。
犬のお尻は基本的に排泄しても綺麗なのですが、仮に汚れている場合、下痢をしていたことも考えられますよね。ペットショップの管理が悪くそうなのか、その犬自体にもともと健康問題があるのかは判断し兼ねますが、その子犬を飼うかどうするかの基準にはできます。
疾患があるのをわかって飼うのと、わからないで飼うのとでは違いますよね。

まとめ

初めて犬を飼うのであれば、どういう風に犬を選んだらいいか悩みますよね。だからこそ、信頼できるペットショップを探すことは重要です。
犬を実際飼っている人からの口コミを参考にしながら、何軒もペットショップを周り、ここなら信頼できるというショップを見つけてください。
最愛のパートナーに出会えますように。