犬用ベビーカー(カート)が必要な時と便利な使い方


犬用ベビーカー(カート)をご存知ですか?見たことはあっても、使ったことがないという人も多いかもしれません。犬にベビーカーなんて、擬人化しすぎ〜なんて声もありますが、犬用ベビーカーは、犬を甘やかすだけに存在しているわけではありません。とても優秀な使い道があるのです。今回はそんな犬用ベビーカーについてご紹介いたします。

 

ダックスフンド,ベビーカー

犬用ベビーカーとは?

犬用ベビーカーは、犬用カート、犬用バギー、キャリーカートなど、様々な呼び方をします。

見た目は、赤ちゃんのベビーカーと似ています。

また、使い方は犬を乗せて歩くものなので、赤ちゃんのベビーカーと同じですね。

そんな見た目から、犬をベビーカーに乗せていると、「犬は人じゃないし…」「甘やかしすぎ。犬は歩きたいはず」などという意見が生まれるのかもしれません。

確かに、完全に使い方を勘違いし、犬を擬人化してしまっている困った飼い主さんもいますが、犬用ベビーカーは、使い方次第で犬の生活がとても快適になるものなのです。

犬用ベビーカーの使い方

それでは犬用のベビーカーの正しい使い方をご紹介します。

観光地など、人混みから犬を守る

近年、着々と犬と行ける観光地は増えています。

でも、観光地はどこもたくさんの人がいて、歩くのも大変なことがあります。

そんな人混みの中、犬を歩かせるのは時に危険を生みますね。

万が一犬の足を踏まれたら…

蹴られたら…

逆に、犬の方が何かに驚いて、人に迷惑をかけてしまったら…

そういう不安全てを犬用ベビーカーは解決します。

人混みの中ではベビーカーを使い、人混みを抜けたら歩かせる。

そんな便利な使い方で、犬を安全に守ることができます。

犬がケガ(障害持ち)で歩けないけど、外に連れ出したい

犬も時にケガをします。

何かの病気やケガで障害を持ってしまうこともあります。

歩けないけど、散歩命の犬は存在します。

中には、外でしかトイレをしないという頑固者もいるでしょう。

そして、長い距離は歩けないけどリハビリ兼ねて、少し歩かせたいなど、犬によって、様々な事情があります。

お気に入りの場所まで、抱っこしていくこともできるけど、中型〜大型犬の抱っこはきついです。

犬用ベビーカーがあれば、乗せたり歩かせたりが非常に簡単にできますよね。

万が一のことがあった時、犬用ベビーカーは犬の生活の質を間違いなく上げてくれます。

シニア犬の散歩の補助

愛犬にはいつまでも元気でいて欲しいですが、いつか年を取り、足腰が弱くなって来ます。

でも、大好きな散歩はさせてあげたい。

そう飼い主なら思います。

でも、体力を超えての散歩はシニア犬には負担です。

そんな時犬用ベビーカーがあれば、歩ける距離まで歩かせ、疲れたようならベビーカーに乗せて帰るということが可能になります。

無理して疲れた犬を抱っこするなど、飼い主さんの負担も減り、散歩が苦痛の時間ではなく、変わらず楽しい時間をキープできます。

犬用ベビーカーを選ぶときのポイント

犬用ベビーカーにはたくさんの種類があります。

選ぶときにはどんなことを気にして選んだらいいでしょうか。

ポイントを3つご紹介いたします。

1. 使い方に合わせたデザインを選ぶ

犬用ベビーカーにはたくさんのデザインがあり、頑丈で犬の座り心地を重視したもの、とにかく軽量で、コンパクト、折りたたみ可能なものなどあります。

例えば旅行先で、人混みの中の移動にだけ使いたい場合などでは、持ち運びが簡単な軽量で折りたためるものがおすすめです。

また、シニア犬やケガ(障害犬)をしている犬に使うなら、ある程度しっかりとした安定感のあるもので、座り心地がいいものを選んであげたいですね。

2. 犬の大きさ・重さに合わせる

犬用ベビーカーにはそれぞれ、耐荷量があります。

また、それぞれ大きさも違います。

どんなに使い勝手が良さそうなベビーカーでも、愛犬のサイズとマッチしていなければ、安定感も悪く、快適とはいえなくなってしまいます。

気に入ったベビーカーが見つかった場合は、そのサイズが愛犬にあっているか、必ずチェックするようにしましょう。

3. 安かろう悪かろうはNG安定感と丈夫さがキー

犬用ベビーカーには安価なものから高価なものまで幅広くあります。

安価なもの全てが悪いわけではありません。

その逆に、ただ高価なだけでもいけません。

チェックのポイントとして、

  • タイヤの動き(安定感がありスムーズか)
  • 犬が収まりは快適か
  • 丸洗いできるか
  • キャリー部分取り外し可か
  • 軽くて操作が簡単か

などを中心にチェックするようにします。

犬用ベビーカーのおすすめ商品

いろんな使い道がある犬用ベビーカーはあると大変重宝します。

探すと本当にたくさんの犬用ベビーカーがあり、迷ってしまいます。

今回は選ぶときの参考になるように、 つおすすめ商品をご紹介いたします。

1. 老犬介護・お出かけに CocoHeart

この犬用ベビーカーは、犬を上、前、後ろのどこからでも乗り降りさせることができます。

タイヤは360度回転で小回りが利き、折りたたみもできます。

素材は600でニールの丈夫な記事で、防水タイプになります。

「老犬介護・お出かけに CocoHeart」

2. 4wayペットカート

  • 犬用ベビーカーとして
  • ドライブキャリーとして
  • キャリーバッグとして
  • キャリングカートとして

4通りの使い道があるペットカートになります。

そして使わないときは、コンパクトに折りたたむこともできます。

旅行先のあらゆるシーンで対応でき便利です。

「4wayペットカート」

3. 大型犬用バギー

犬用ベビーカーっていうと、小型犬用は簡単に見つかりますが、大型犬用ってなかなかありません。

でも、大型犬だってベビーカーを必要とすることがあります。

特に、いざ病院に連れて行こうというとき、女性1人で大型犬を担ぐのは苦労します。

そこで役に立つのが大型犬用のベビーカーです。

ワンタッチで開閉し、ベビーカー自体高さがないので、乗り降りが簡単!

「大型犬用バギー」

4. 3way犬用ベビーカー ナナメにならない!

  • 犬用ベビーカーとして
  • 犬用リュックとして
  • ストラップを重ねてキャリーバッグとして

3通りの使い方ができます。

このベビーカーのポイントは、ベビーカーとして使ったとき、ハンドルを傾斜してもバッグ部分が斜めにならず、フラットを保つことができます。

そのため、犬は安心して座っていられます。

また、天面窓は4段階に切り替えできます。

「3way犬用ベビーカー ナナメにならない!」

5. ディアススイートハートカート

まず大きなタイヤで安定走行ができ、必要に応じ、レバーを上げると直進のみにロックすることもできます。

また、カート本体も折りたたみができ、キャリーバッグとして利用することもOK

20kgまで対応できるので、多頭飼いの場合でも安心して使えます。

「ディアススイートハートカート」