マルチーズのドッグランデビュー!注意しなければいけないことは?

マルチーズは基本的に、それほど運動量は多くありません。家の中での運動や、家の周辺でリードをつけての軽い散歩で十分です。でも実はマルチーズは活発で走るのも大好きな子が多いのです。そんな愛犬のマルチーズを広い場所で思いっきり走らせてあげたい!とドッグランデビューさせようとするとき、どんな点に注意しなければならないのか、考えてみましょう。

マルチーズのドッグラン注意点① ドッグランの規約を守る

ドッグランにはそれぞれに規約を定めています。

必ず行く前に利用したいドッグランの規約に目を通し守るようにしましょう。

おやつやおもちゃの持ち込みもドッグランによって違います。持ち込みができるところでも、他の犬たちが寄ってきてしまうことがあるので気をつけるようにしましょう。

マルチーズのドッグラン注意点② 愛犬から目を離さないようにすること

たくさんの犬がいるので、愛犬は興奮して部屋の中でいるときには考えられない行動をすることがあります。マルチーズは特に大きな犬にも飛び掛っていく怖いもの知らずの犬もいますので、他の犬とトラブルにならないように、目を離さないようにしましょう。

マルチーズのドッグラン注意点③ ワクチン接種、ノミ・ダニ予防をしておく

ワクチン接種や狂犬病予防接種を済ませてから利用するようにしましょう。当然のことながら、済ましていない場合は利用を控えましょう。ノミ・ダニ予防については、他の犬に移したり移されたりという問題になりますので、必ず行く前に済ませておきましょう。ノミ・ダニ予防は動物病院でも自宅でも簡単に行えます。

マルチーズ

マルチーズのドッグラン注意点④ メス犬の発情期には利用しない

マルチーズがメスで避妊手術をしていない場合、定期的に発情期が訪れますが、その期間はドッグランの利用を控えましょう。去勢手術をしていないオス犬を刺激してしまうことになります。

マルチーズのドッグラン注意点⑤ 利用前にトイレに行かせておく

ドッグランを使用する前には、粗相をしてしまわないように必ず排泄させておくようにしましょう。それでもドッグラン内で粗相をしてしまった場合は、飼い主が責任を持って速やかに処理しましょう。そのために掃除用のビニール袋などを持参することは言うまでもありません。

マルチーズのドッグラン注意点 まとめ

ドッグランには小型犬や中型犬、大型犬まで様々な犬と飼い主がいます。愛犬を思う存分走らせたいために、他の犬や飼い主の迷惑にならないように気をつけましょう。基本的にドッグランは元気な犬たちが集う場所です。特に感染症の病気にかかっている犬の利用は控えましょう。 ドッグランは規則を守って利用すれば、たくさんの犬や飼い主たちと楽しく過ごせる場所です。ルールを守って愛犬とのコミュニケーションを楽しみましょう。