トイプードルはどこから迎える?ペットショップ?ブリーダー?里親?

トイプードルは一時爆発的な人気があり、いい血筋の子犬を飼おうと思うと、とんでもない高額だった頃がありました。現在ではそんな流行りも落ち着きつつありますが、それでもトイプードルは人気犬種です。だからこそトイプードル選びは慎重に選ばないとなりません。

トイプードルはどこにいる?

トイプードルを探すとき、みなさんどこが思いつきますか? 人気犬種なので珍しい犬種と違い、近所のペットショップへ行けば必ず1頭はいるのではないでしょうか。
愛犬探しはある意味、飼い主さんとのフィーリング。ピンとくる犬に出会えるかどうかだったりもします。いろんなところを歩きみて、いく先々で情報を集め、ぜひピンとくる運命のトイプードルと出会って欲しいです。
ペットショップ、ブリーダー、シェルターと犬がいるところは様々ですが、それぞれ特徴があります。

ペットショップから購入。いい点、悪い点

いい点

比較的家の近所にあることが多く、そのペットショップの規模にもよりますが、たくさんの犬種を一気に見て歩けます。また、ペットショップは人の口コミが大事ですので、よっぽどなペットショップではない限り、先天性の疾患があるような問題がある子犬の販売はいたしません。
良心的なペットショップでは、オーナー自らが子犬を見定めて仕入れているので、たくさんの犬を長年見てきたオーナーの目は間違いなくいい子犬を見分けられたりします。

悪い点

売り残りを出したくないのがペットショップの正直な所ですよね。そのお店がどんなお店かをちゃんと見定めてから決めないと、ビジネスでしか犬を扱っていないお店だと、とにかく売ることしか目的としていませんので、ケースで過ごす新しい家が見つかるまでの間、ケアはほぼされなかったりします。
そのため食糞をする癖がついてしまったり、ストレスで自傷行為がやめられなかったりと問題のある犬になってしまうことがあります。またその子犬がパピーミル出身のこともゼロではないです。

ブリーダーからの購入。いい点、悪い点

いい点

いいブリーダーさんは、本当に犬を大切に大切に考えていますので、その繁殖している犬種に関してはエキスパートです。何でも相談に乗ってもらえます。もし、初めて犬を飼うのであればいろいろ教えてもらうことができ安心です。
またペットショップのように早くから親犬から話されるということも基本ありませんので、母親の母乳でちゃんと免疫力のある健康な子犬に育ち、兄弟たちと過ごすことにより、しっかりと社会化を済ませることができます。

悪い点

全てのブリーダーさんが犬好きのブリーダーとは限りません。やはりビジネスとしてのブリーダーが存在するのも事実で、最悪「パピーミル」と呼ばれるブリーダーもいます。
当然そういうところは、犬舎を人に見せるなんてとんでもない光景なので、見学はできないことがほとんどです。また、いいブリーダーさんに運良く出会えても、そういう犬を大切にしているブリーダーさんは、無理に繁殖はさせませんので、◯年待ちとかありえます。

シャルターから保護犬を引き取る場合。いい点、悪い点

いい点

わけあって、飼い主を失ってしまった犬たち。そういう犬たちは、一度深く辛い思いをしたことがある犬がほとんどです。しばらくはその悲しみで心を閉ざしているかもしれませんが、悲しみを知っているぶん、愛情も他の犬よりも深いことが多いです。
そして何より、不幸な道を辿らせることなく、1つの命を救えたことは犬好きとしてこの上ない喜びじゃないでしょうか。

悪い点

子犬で、しかもミックスではなく純血のトイプードルという限られた犬種を探すのが大変です。保護犬の大半は成犬になっていることが多く、場合によっては、その犬自体に何か問題がある場合もあります。

トイプードルをどこから迎えるにしても

まずは、どこからトイプードルを迎えるにしても慌てて決めないことです。いろいろ情報を集め、口コミを参考にしながら実際見て歩き、自分が納得できるところから購入しましょう。最愛のトイプードルに出会えますように。