犬に帽子を被せるのにはワケがある?


近頃の犬のファッションは多種多様で、その犬のコンディションや、必要に応じて様々な組み合わせで、より快適に生活できるようになってきました。そしてその犬ファッションの1つに犬用の帽子があります。あなたは愛犬に帽子を被せていますか?単純にファッションを楽しむ以外に、犬用の帽子にはどんなメリットがあるのでしょうか?

ゴールデンレトリバー​​​​​​​
犬用帽子とは?

犬用の帽子はまさに、犬がかぶる帽子のことになります。

人の帽子との違いは、耳に合わせて2つ穴があることと、犬が歩いても脱げにくい工夫がされている作りになっています。

種類も様々あり、

  • ニット帽
  • つば付き帽子
  • 麦わら帽子
  • 野球帽
  • サンバイザー

などがあります。

それ以外には、ハロウィンやクリスマス、お正月などの行事に合わせ、季節感あるコスチューム的要素の強い帽子もあります。

犬用帽子の使い方

犬用帽子にはたくさんのデザインがあります。

それぞれ、その必要に合わせて被せることでたくさんのメリットがあります。

まずは、どのように犬用帽子を使い、どんなメリットがあるかをご紹介いたします。

犬用の帽子は紫外線対策

人も帽子を被る大きな理由の1つに、紫外線対策がありますよね。

犬も同じなのです。

特に、帽子を被ることで目の保護に繋がります

目は強い紫外線を浴び続けることで、白内障や角膜炎など、様々な眼病に繋がるといわれています。

最近では犬用のサングラスというのもありますが、犬にとって快適ではない場合が少なくありません。

サングラスは苦手だけど、帽子なら〜という犬が多いので、紫外線対策に帽子は大変役に立ちます。

犬用帽子は熱中症予防のため

真夏の気温が高い時間は、基本的にどの犬も散歩はしませんが、夕方以降の散歩でも、夏の暑さは油断できません。

暑い日、犬の頭を触ってみると体より暑いことがわかります。

最近では、夏用の冷感性の生地でできた帽子などがあり、そういったひんやりとした感触の帽子を被ることで、暑い日もうまく体温調節をし、熱中症から犬を守ることができます。

犬用帽子はケガ対策のため

普通に生活している中で、犬が頭をケガするってなかなかないかもしれません。

でも、例えば犬を連れて、海や山へ出かけたとき、大自然の中で犬も大喜びで興奮して走り回るでしょう。

そんなとき、思わぬケガって起こりやすいのです。

新しい匂いを嗅ぎたくて、地面をクンクンしているとき、そこに枝があったら頭を擦りむいたり、目を突いてしまうかもしれません。

そんなときに頭や目を保護してくれるのが犬用の帽子になります。

犬用帽子は寒さ対策のため

寒いと頭痛がしたり、気分が優れないということありませんか?

それは、急激な温度変化で血管が収縮して、血管の周辺にある神経を刺激するためといわれています。

それが同じように犬にも起こるかどうかは、犬は頭痛がすると訴えてくれないので、確かめようがありません。

しかし、温度変化で体調を崩してしまうことは多々あります。

そんな寒い日の散歩など、犬に帽子を被せることで、吹き付ける冷たい風から犬の頭を守ることができます。

1年の行事を犬用の帽子で楽しむ

犬用のファッションは様々あり、探すと季節ごとにいろんなコスチュームがあります。

例えば、暑中見舞い用に麦わら帽子、ハロウィンのコスチューム帽子、クリスマスのサンタクロース帽子、お正月の干支帽子など、その都度、犬に帽子を被せて写真を撮り、一緒に季節を楽しむこともできます。

それらを使ってカレンダーを作ったり、年賀状も作れて楽しいですよ!

犬用帽子を選ぶときのポイント

犬用帽子を選ぶときには4つのポイントがあります。

ぜひ選ぶときの参考になさってください。

1. 犬の頭のサイズに合っているか

犬の頭に合ったサイズの帽子を選ぶことが1番大切です。

サイズの測り方は、ちょうど耳の下の部分の周を測ります。

垂れ耳の犬の場合は、耳を含めて測ります。

また、デザインによっては、顔まわりや首回りの長さ、耳と耳の間の長さも必要なことがあります。

2. 動いてもズレないか

簡易な作りのお飾りに近い帽子は、写真用で被らせる分にはOKですが、それを被って、アクティブに外を歩くのでは、どうしても帽子が脱げやすい場合があり、その都度被り直しての繰り返しで、犬にも人にもストレスになります。

また、ズレて帽子が目を覆い、視界を遮ってしまうこともあります。

やんちゃに動いてもズレない帽子というのが、使いやすく重宝します。

3. 被り心地はいいか

どんなにデザインは良くても、帽子の素材が硬く、犬の皮膚を刺激するような生地だったり、夏用で購入したつもりが、帽子の作りや生地に問題があり、熱がこもってしまうようなものだったりすると、犬は不快に感じ、帽子を脱ごうと必死になります。

季節にあった素材を選ぶことと、犬の皮膚に優しい生地を選びましょう。

4. 機能的かどうか

帽子を被せる目的が、紫外線対策、熱中症・防寒対策だったりする場合、その目的に適った帽子かどうか確認してから購入しましょう。

紫外線対策のはずが、全く顔をカバーできていないでは意味がなくなってしまいます。

また、熱中症・防寒対策も同じことで、帽子の素材やデザインにこだわるようにしましょう。

犬用帽子のおすすめ商品

様々ある犬用帽子の中で、今回は5つおすすめ商品をご紹介いたします。

1. 通年利用OK! 犬用ベースボールキャップ

紫外線・日除け、夏バテ対策にぜひおすすめしたいベースボールキャップになります。

サイズはS〜Lまであり、デザインは11種類から選べます。

どんなに激しく動いても帽子が脱げないように、ヘルメットのように、顎周りから頭にかけてベルトで留められるようになっています。

「通年利用OK! 犬用ベースボールキャップ」

2. 秋冬用マフラーと帽子セット!

アクリル繊維で縫ったマフラーとニット帽になります。

色はグレー、ブルー、レッドから選べ、サイズはSとMがあります。

こういうセット物はありそうでなかなかなく、すっぽりと頭を覆うニット帽は可愛さだけでなく、寒い風からも頭を守ってくれます。

「秋冬用マフラーと帽子セット!」

3. 犬漁父帽

愛犬が女の子なら、絶対欲しくなる帽子です。

デザインは2種類から選べる女の子らしい、かわいい春・夏用のハットになります。

これを被せて散歩もいいですが、ドッグカフェなんかに行ったら注目の的になってしまいます!

「犬漁父帽」

4. カラフルペットハット

7種類のカラーから選べる犬用帽子になります。

脱げないように調整はあご紐で行います。

リーズナブルな犬用帽子なので、色違いで何色か持ちたくなっちゃいます。

ただ残念なのが、1サイズなので小型犬用になります。

「カラフルペットハット」

5. タッターソール中折れ帽子

帽子は機能性も大事だけど、それ以上に見た目も気にしたいという人へおすすめ。

中折れ帽子はシンプルなチェック柄で、秋のファッションにピッタリ合います。

お散歩だけじゃなく、一緒に観光地へ行くときや、ドッグカフェなどに行くときにぜひお使いください!

「タッターソール中折れ帽子」