トイプードルをペットショップから迎えたい。良いペットショップって?


ペットショップの良し悪しについて

ペットショップにもいろいろあります。
最近の海外のペット先進国から見れば、動物を長時間ケースの中に閉じ込め展示すること自体が虐待と言います。

その流れから、ペットショップは「悪」というイメージが生まれているのかもしれません。
ただ、逆にブリーダーは全ていいのかといえば、そうでもなく、パピーミルと紙一重な所も多いです。
そういうことを考えると、ペットショップの中には、本当に動物を好きでちゃんとケアしながら販売しているところもあります。

どこから来た犬かをしっかり言えるペットショップもたくさんあるので、選び方1つでペットショップからの方が、偽ブリーダーからよりもいい子犬を迎えることができます。

大型店舗と個人店舗の違い(犬の仕入れ方)

ペットショップにもいろいろあります。
大型店舗で全国にたくさん支店のあるショップや、小さい個人でやっているペットショップ。
そして店舗を持たず、特設会場のようなところで不定期で販売し、ネットでの販売もしているようなところとあります。

大型店舗

扱う犬種も数も桁違いに多いので、見に行った店舗にいなかった犬種でも支店同士のやりとりですぐ手に入ることもあります。
ただ大型店舗の場合、扱う犬の数が多くなるので、ブリーダーから直接仕入れるという他、犬のセリ市からの仕入れも十分あり得ます。

お店によっては、自家繁殖しているところもあるようです。

個人店舗

規模が小さい分、置いている犬も少ないです。
場合によっては、依頼を受けてから探すというところもあります。

本当に犬が好きで経営しているところは、犬の販売よりもトリミングや犬のグッズをメインに販売していて、オーナーさんが好きな犬種についてはちょっとしたブリーダーさんよりも知識があり、良いブリーダーさんとのパイプも持っていたりします。

なのでいざその犬種の犬を探しているという時には、自らブリーダーを探すより、良い子犬に出会えることがあります。

良いペットショップを見つけるには?

ご紹介したように、大型・小型店舗それぞれの良し悪しもあり、ご自身が何を求めるかによって、選ぶショップも変わって来ます。
どちらにせよ、選ぶ時にそのお店を見るポイントとして、

    店内が綺麗かどうか

    どんなに見た目綺麗にしている店内も、匂いはごまかせません。
    獣臭がするとか、アンモニア臭がするところは、ちゃんと犬たちをケアしきれていない証拠ですので避けましょう。

    犬と犬のケージは綺麗か

    犬の顔回るりや手足が汚いとかありませんか? 毎日犬の状態をチェックしているお店なら、汚れた犬はあり得ません。
    また、排泄後すぐにスタッフが片付けているかは大切なポイントの1つです。

    放置にしている状態が続けば、犬が食糞するようになります。
    衛生上、健康上よくありませんね。

    スタッフの対応はどうか

    その犬の特徴や飼い方はもちろんのこと、どこから仕入れた犬かまで説明できるかどうかチェックしましょう。
    大型店舗の場合スタッフの数も多いので、聞く相手によってはわからないこともあるでしょうが、エキスパートなスタッフが1人常駐しているところが好ましいです。

    口コミはとても大事

    良いことも悪いことも隠さず知れる情報源は、口コミサイトだったりします。
    もちろんその情報全てを100%信じることはできませんが、それらを参考にしながら見て歩くには大事な物差しになります。

    アフターケアはある?!

    購入後のケアがしっかりしているかどうか確認が大事です。
    扱っている犬に自信があるところは、生命保証をつけています。
    そしてその内容について、契約前にちゃんと説明があるかどうかも大事です。

同じペットショップでもさまざまあります。
自分が信頼を持てるところから購入するのが1番です。
いろいろ情報を集めて時間をかけて探して見てください。