トイプードルのケアの基本はブラッシング


ブラッシングに慣れるために必要なしつけ

犬を飼い始めてまずするのはトイレトレーニングでしょうか?それと同じように大事なのが、犬の体のどこでも触れるように慣れさせることです。
子犬のうちからいっぱいスキンシップを取り、弱点であるお腹や、例えば口の中でもどこでも触れるようにすることで、サロンや病院に連れていった時も楽ですし、何よりも飼い主さんが日頃のケアでブラッシングや体のチェックを、時間をかけてやってあげることができます。

ブラッシングは、ある日突然ガリガリやるのではなく、最初は見せるだけ。
次に触らせたり匂いを嗅がせたりします。
そして、少しだけ体をブラシで撫でてみます。
優しく声をかけながら時間をかけましょう。
徐々に慣らすことで、ブラッシングは怖くないものと学びます。
焦りは禁物ですよ。

ブラッシングの仕方

必要なのはスリッカーブラシとコームです。

犬がブラッシングを好きになるか嫌いになるかは、慣れさせることも大事ですが、飼い主さんのブラッシングテクニックにもよります。
ガリガリ痛いだけのブラッシングでは、犬じゃなくても嫌になってしまいます。

スリッカーブラシは、使い方にコツを要します。
力を入れずペンを握るように軽く持ちます。
方法としては地肌に向かって垂直に、毛並みに沿って動かします。
ブラシの手前だけ使うような感じだと皮膚を傷つけてしまいますので、ブラシ全体を使うようにします。

一度飼い主さん自身、自分の腕を使ってどうすれば皮膚が痛いか試してみるといいですよ。
スリッカーブラシの後は、コームで毛並みを整えます。

うまくスリッカーブラシを使えない不器用飼い主さんへ

スリッカーブラシは使うのにコツがいります。
慣れれば楽なのでしょうが、慣れるまでに犬が散々痛い思いをし、ブラッシングが大嫌いになっては困ります。

そんな不器用飼い主さんは、コームを使いましょう。
コームの粗目と細目を使い分け、時間はかかりますが少しずつ根元から梳かしていきましょう。
こちらだとスリッカーブラシと違い、もつれや毛玉に気づかずガリガリやってしまうということが少ないので、犬が嫌がる率が低くなります。

どんな手を尽くしても、逃亡を図る犬には

あらゆる手を尽くし、ブラッシングしようとしても、最初良くても飽きてしまい逃亡。
なんてことありませんか?思い出してください。
病院やサロンでは、犬を少し高い台に乗せますよね。
あれって犬の心理で、高いところに上がると犬は動かなくなるそうです。
だからなのです。
家でもその心理を取り入れ、少し高いところでブラッシングしてみるという手もあります。

万が一毛玉ができてしまったら

毛玉取りは痛いです。
女性の方ならわかると思いますが、もつれた髪を無理に梳かそうとすると痛いですよね?毛玉を発見したら、絶対にスリッカーブラシなどでほぐそうとしないでください。

まず毛玉部分を手でほぐし、ある程度ほぐれたら、優しくクシを通して毛玉を取ります。
毛玉が硬く手でほぐせないほどの大きさなら、少しハサミで毛玉に切れ目を入れ、ほぐしてみます。
それでもダメな毛玉は無理せず切ってしまうか、プロに任せましょう。

無理に対処しようとすると痛い思いをさせ、ブラッシングを怖がるようになってしまったら大変です。

トイプードルに必要なのは毎日のケア

毛玉を作らないためにも、皮膚の健康のためにも、必要なのは毎日のブラッシング。
特にトイプードルの被毛は縮れているので毛玉になりやすいです。

可愛い愛犬に痛い思いをさせないためにも、トイプードルのケアの基本はブラッシングです。
どうぞお忘れなく。