マルチーズのミックス犬~種類、毛色は?


マルチーズの基本情報

マルチーズ

愛玩犬といったらマルチーズというくらい、時代を問わず、マルチーズは常に人気室内犬のトップ5に入る犬種です。

マルチーズは、生まれた時から愛される極意を極めているかのような振る舞いをします。

歴史を遡れば、マルチーズは誕生から現在に至るまで、一切働いたことがないという、稀に見る生粋のラップドッグになります。

また最近では、純血のマルチーズももちろん人気ですが、マルチーズのミックス犬が大変かわいく、人気急上昇中しています。

マルチーズの身体的特徴

  • 大きさ:超小型犬
  • 体重:2〜3kg
  • 体高:20〜25cm
  • 被毛:シングルコート 長毛種
  • 毛色:ホワイト(稀にクリーム色や淡いベージュが混じる場合あり)
  • 平均寿命:12〜15歳
  • 価格相場:10〜25万円
シーズー

マルチーズの特徴はまず被毛にあります。

まっすぐに白く輝く被毛は細く、光に当たると絹のように美しく輝きます。

その自慢の被毛はシングルコートで、ほとんど抜け毛はありません。

抜け毛がない分、アレルギー持ちの人でも比較的飼いやすく、室内も犬の被毛だらけになるという心配がありません。

ただし、被毛は定期的にカットしてあげないと、永遠に伸び続けてしまうので、お手入れは他の犬種より手間がかかります。

◆マルチーズの理想的なルックス

  • 被毛はホワイトが望ましく、ストレートであること
  • 目は丸く、色はダーク。
  • 鼻・目の長さを結ぶと正三角形
  • 耳の付け根はやや低い位置にあるのがベスト
  • 目縁、鼻、肉球は真っ黒

マルチーズの性格・気質

  • 甘えん坊
  • 穏やか
  • 遊び大好き
  • 賢く学習能力が高い
  • 神経質
  • 活発
  • 見かけによらず勇敢
  • 素直

マルチーズの特技は「抱っこ」と言えるくらい、人にどう甘えるかを熟知しているのがマルチーズになります。

家族と一緒にいることを最大の幸せと感じ、どこでも常に一緒にいたがります。

穏やかな性格なので、常にのんびり行動するのかと思いきや、遊ぶことが大好きで、小さい体に似合わず力強く外を駆け回り、身体中真っ黒になって飼い主さんを驚かせます。

そしてマルチーズは可愛いだけでなく、大変賢い犬種なので、しつけ自体割と苦労なくマスターすることができます。

何をするにも愛らしいマルチーズですが、1つだけ注意するとすれば、甘やかしすぎないことでしょう。

過剰な甘やかしは、マルチーズの分離不安につながります。

極度な依存はマルチーズの精神面に良くないので、可愛がることと甘やかすことは全く別物ということを心がける必要があります。

マルチーズとのミックス犬とは

ご紹介してきたように、マルチーズは愛玩犬として性格面でも大変飼いやすく、小さな体は日本の住宅事情に合っています。

ただ真っ白い被毛は、お手入れを怠ると汚れが大変目立ちやすく、マルチーズの被毛はトリミングが必ず必要で、ブラッシングをしないと毛玉にもなりやすい被毛になります。

マルチーズの良さは残しつつ、

  • 人と違う犬種が欲しい
  • 扱いやすい被毛の犬種が欲しい

という願いを叶えるのが、マルチーズのミックス犬になります。

雑種犬との違いは、単純にマルチーズと雑種との交配ではなく、純血のマルチーズに純血の犬種の犬を交配させた犬がマルチーズのミックス犬になります。

またミックス犬の場合、同じマルチーズと○○犬のミックスでも、それぞれ全く違う顔や体つきになることが多いので、まさに世界で1頭だけの愛犬になります。

マルチーズのミックス犬の種類① マルプー

マルチーズ×トイプードル

マルプーはマルチーズとトイプードルを両親に持つミックス犬です。

マルチーズとトイプードルは、どちらも賢くて飼いやすい犬だと言われていますので、マルプーもその特徴は残しています。

トイプードルは毛色によって性格に多少の違いがあり、マルプーの毛色や性格も親犬のトイプードルを引き継ぐことになるでしょう。

人気があるのはレッドやアプリコットのトイプードルとのミックスで、自己主張が強くやんちゃで、しつけにはてこずることもありますが、活発で元気という長所があります。

ホワイトのトイプードルとのミックス犬も気が強いですが人気です。

マルチーズのミックス犬の種類② チワマル

マルチーズ×チワワ

チワマルはマルチーズとチワワのミックス犬です。

マルチワワやマルチワ、チワチーズと呼ばれることもあります。

平均体重は2.8kgほどで、とても小さく見た目はマルチーズっぽく、顔はチワワに似ていることが多いです。

毛色はチワワの毛色を受け継いで、クリーム、ブラック、クリーム&ブラウンなど様々な色や模様があります。

性格はチワワとマルチーズの良いところをとって、人懐こく活発、飼い主に忠実という反面、気が強くて怖いもの知らずのことも。

ミックス犬は個体に差があるので、飼ってみないとわからない面がありますが、子犬のときからしっかりとしつけをすれば、飼いやすい犬になります。

マルチーズのミックス犬の種類③ マルックス

マルチーズ×ミニチュアダックスフンド

マルックスはマルチーズとミニチュアダックスフンドのミックス犬です。

見た感じはマルチーズ寄りの場合が多く、毛色は親犬のダックスを受け継ぐことが多くシングルコートです。

毛色はブラック、ブラウン、レッド、タンなどがあります。

ダックスの胴長短足の体型を受け継ぐ場合もあれば、体型はマルチーズよりで、仕草がダックスっぽい場合もあります

性格は、とても甘えん坊な犬が多く、警戒心が強く無駄吠えが多くなりがちです。

室内で遊んでいるほうが好きですが、他の犬たちとも仲良くできることが多いです。

マルチーズのミックス犬の種類④ マルシーズー

マルチーズ×シーズー

マルシーズーはマルチーズとシーズーが両親の犬です。

顔はシーズー寄りのことが多く、毛色は白と黒、白と茶色、または白一色になることが多いです。

ふわふわの被毛が魅力的で抜け毛が比較的少ないのはマルチーズと共通しています。

性格はとても温厚で飼いやすいので、ミックス犬の中でも特に人気があります。

甘やかしすぎるとわがままになってしまう傾向があるので、子犬のときのしつけが重要です。

マルチーズのミックス犬の種類⑤ マルポメ

マルチーズ×ポメラニアン

マルポメはマルチーズとポメラニアンが両親のミックス犬です。

ポメマルと呼ばれることも多いです。

ふわふわの被毛と丸くて短い足の体型がとても可愛い小型犬です。

ポメラニアンは茶色、黒、白など毛色のバリエーションが多く、マルポメの毛色も、それを引き継いでいることが多いです。

ポメラニアンはダブルコートで抜け毛が多い犬種ですので、マルポメも抜け毛が多く手入れが少し大変です。

性格は人懐こくて活発で、遊ぶことが大好きです。

丸くて小さい姿から、マルチーズのミックス犬の中でも人気があります。

マルチーズのミックス犬の種類⑥ マルパピ

マルチーズ×パピヨン

マルチーズとパピヨンが両親のミックス犬です。

マルパピと呼ばれています。

マルパピの多くは顔が丸く、耳はマルチーズに似て垂れ耳になります。

被毛はパピヨンに似て豊富な毛色と飾り毛が特徴的です。

毛色はホワイト&ブラック、ホワイト&ブラウン、パーティーカラーとあります。

体の大きさはどちらに似ても小型犬サイズに収まります。

また比較的体が丈夫なことが多く、両親犬よりも長生きすることが多いと言われます。

マルチーズのミックス犬の種類⑦   マルーキー

マルチーズ×ヨークシャテリア

マルチーズとヨークシャテリアが両親のミックス犬です。

マルーキーと呼ばれて人気があります。

優しく甘えん坊なマルチーズと社交的で活発なヨークシャテリアの性格がうまく混ざり合った、バランスのとれた性格のミックス犬になります。

どちらに似ても大変賢く、学習能力に優れているので、犬を飼うのが初心者でも容易に飼うことができます。

マルーキーの見た目は、ぱっと見はヨークシャテリア寄りになることが多いですが、純血のヨークシャテリアと並ぶと一目瞭然、マルーキーの方が顔が丸く、雰囲気が柔らかいのがわかります。

被毛はどちらに似てもシングルコートでトリミングが必要になります。

毛色はブラック、ホワイト、タンか、それらのカラーがミックスされます。

マルチーズのミックス犬の種類⑧ シュナマル

マルチーズ×ミニチュアシュナウザー

マルチーズとミニチュアシュナウザーが両親のミックス犬です。

シュナマルと呼ばれています。

マルチーズとミニチュアシュナウザーはあまりに別の犬種のルックスなので、どんなミックス犬になるか想像しにくいですよね?

意外な組み合わせに見えますが、本当に愛らしいミックス犬になります。

見かけはミニチュアシュナウザーの血を強く受け継ぎ、凛とした佇まいを見せることが多いのですが、よーく顔を見てください。

ちゃんとそこには優しいマルチーズの顔が隠れています。

被毛の質はどちらに似るかで変わるようです。

マルチーズの絹のような被毛か、ミニチュアシュナウザーのようなワイヤータイプの被毛になります。

毛色はミニチュアシュナウザーに似ることが多く、ブラック、ダークシルバー、ホワイト、またはそれらのミックスカラーになることが多いです。

体の大きさはマルチーズよりやや大きくなりますが、ミニチュアシュナウザーよりは小さくなります。

マルチーズのミックス犬を選ぶときの注意

マルチーズとのミックス犬は大変人気があります。

一目惚れして欲しくなるってこともあるでしょう。

でも、マルチーズのミックス犬を選ぶときには注意したいことが2つあります。

マルチーズ

1.信頼できるブリーダーやペットショップを選ぶこと

人気があるというだけで、流行りに乗って無理なマルチーズとのミックス犬の繁殖になっていることがあります。

そういう強引な繁殖だと、遺伝性の疾患や虚弱体質のミックス犬になってしまうことが多いです。

ミックス犬を欲しい時は、必ず信用できる先から選ぶようにしましょう。

2.子犬期と成犬期では顔がや体型が変わることがあります

純血種であれば、ある程度成犬になったときの顔や大きさは予想がつきます。

ただし、ミックス犬となると未知の世界。

子犬の頃はマルチーズ顔だったのに、成長と共に変わってくるということもザラにあります。

また、思ってもいないサイズになることも。

どんな変化も楽しい変化と受け入れて飼う必要があります。

この記事のまとめ

マルチーズのミックス犬〜種類、毛色は?
  • 体重:2〜3kg 超小型犬。シングルコート の長毛種
  • 毛色:ホワイト(クリーム色や淡いベージュが混じることあり)
  • 性格は愛玩犬の意味を完全に熟知しています。甘えることが大好きで、家族へは深い愛情を持っています。見かけによらず活発で勇敢
  • マルチーズのミックス犬:「マルプー」「チワマル」「マルックス」「マルシーズー」「マルポメ」「マルパピ」
  • 「マルーキー」「シュナマル」
  • ミックス犬を選ぶ注意点2つ:「信頼できるブリーダー、ペットショップを選ぶ」「成長とともに顔が変わることがある」

マルチーズのミックス犬の種類 さいごに

ミックス犬は個体差がかなりあり、同じミックス犬でも1匹1匹違うので、世の中に一匹しかいない愛犬になります。

マルチーズは本来白一色の被毛ですが、ミックス犬は親の犬に影響されて、いろいろな毛色になるのが面白いです。

ミックス犬を扱うブリーダーはまだ少ないですが、マルチーズのミックス犬を愛犬にするのもいいですね。