トイプードルの耳掃除ってどうやるの?


トイプードル,茶色,白

トイプードルの耳って?他の犬と何が違うの?

まず、トイプードルの耳は垂れ耳です。
耳は垂れていますが、聴こえは他の犬と同じでかなりいいです。
じゃあ何が違うかというと、耳の中に毛が生えています。
これはマズルに毛が生える犬種特有なのです。

例えば、マルチーズやシーズー、シュナウザーにも生えてきます。
そしてトリミングと一緒に定期的に抜かないと、耳の中がただでさえ垂れているので蒸れやすく、毛に絡まったチリやホコリのせいで炎症を起こしやすくなります。

どうやって耳の毛を抜くの?飼い主でもできる?

定期的にサロンに連れて行きカットをしてもらっている犬だと、トリマーさんがやってくれると思いますが、耳掃除をしていて、耳毛がきになることがありますね。
そんな時は、飼い主さんが抜いてあげることも可能です。

滑らないようにイヤーパウダーを使い手で抜いてもいいですし、鉗子や毛抜きを使うのもいいでしょう。
ただし、全ては暴れず大人しくやらせてくれる犬限定です。
耳の中はデリケートですので、無理に抜こうとして傷つけたら逆に炎症の元になってしまいます。
無理はせず、獣医さんやトリマーさんにお願いしましょう。

耳掃除はしなきゃダメ?どれくらいの間隔でするの?

垂れ耳の場合、どうしても耳の構造上汚れが溜まりやすいです。
なので、定期的に耳の掃除が必要なのです。
ではどういうケアが必要かというと、コットンボールやカット綿を使い、優しく耳の中手が届く範囲を綺麗にします。

綿棒は使ってはいけません。

綿棒はどうしても他のものと違い奥まで入りやすく、綺麗にするつもりが、汚れを奥に押し込んでしまうことがあるので使いません。
場合によっては、イヤークリーナーを少しコットンに湿らせて拭くのも効果ありですよ。
この時耳垢が赤茶色だったり、耳の中が臭い場合は、炎症を起こしている証拠です。
獣医さんに診てもらいましょう。
耳掃除は基本、週に1回か2週間に1回程度でいいようです。
あまり頻繁にやるのも耳に負担がかかります。

イヤークリーナー使用の賛否

耳の掃除では、イヤークリーナーを数的耳に垂らして〜というのが基本の耳洗浄です。
しかしそれはクリーナーの量が多すぎたり、犬自身がうまくクリーナーを外に出せなかったりした場合、耳の中が乾燥するという状態にならず、結果、炎症の原因になります。

そのため最近では獣医さんによっては、イヤークリーナーは勧めていない先生もいます。
なので、飼い主さん自身イヤークリーナーを正しく使う自信がなければ、イヤークリーナーで耳の中を拭き取ることをメインで使い、垂らすことはしなくてもいいでしょう。

耳垢の正常、異常はどこで判断?!

基本的に、健康な耳の中はめくって見た時綺麗です。
匂いは無臭とまではいきませんが、ほぼしません。
耳垢もゼロではありませんが、ほとんど汚れはコットンにつきません。
それが耳をめくって見た時に耳が赤かったり、耳の入り口に耳垢が付いていたり匂いがしたら、炎症を起こしているかもしれません。

赤茶色い耳垢と発酵臭がするようだと「マラセチア」の可能性があります。
例えば黒い耳垢が出るようだと耳ダニだったり。
何れにしても、耳垢の色が変わったと思ったら、ひどくなる前に病院での受診をおすすめします。

トイプードルの耳はデリケート

耳の中の汚れ方は、同じトイプードルでも個体によって様々です。
汚れやすい個体だと頻繁な耳掃除が必要になりますが、そうでもないのに毎週毎週耳掃除をしていると、逆に耳に負担がかかり炎症を起こしてしまいます。

ご自身のトイプードルの耳の状態に合わせ、そんなに汚れがひどくない時は、無理に拭く必要はありません。
また、うまく掃除できない時はプロに任せましょう。