ポメラニアンをペットショップから迎える時の注意点


良いペットショップの選び方は?

良いペットショップを選ぶためには

ポメラニアンを選ぶとき、良いペットショップかどうか?見分けるためにはいくつかチェック項目があります。
下記を参考にしてみてくださいね。

生後何日でペットショップにやってきたのか

動物愛護法では、平成24年改正法により「生後56日を経過しない犬猫は販売していけない。
」と法律で決められています。
ただし、2016年8月末日までは生後45日以上ならば良く、2016年9月1日からは生後49日以内は禁止となっています。
また早くペットショップにやってきた子犬は、母親や兄弟から早く離されたこともあり犬同士の社会性が身につかず問題行動を引き起こす場合もあります。
生後何日でペットショップにやって来たかどうか?確認しておきましょう。

飼育環境を見てみよう

ショーケース内が清潔かどうか?子犬の排泄物がそのままになっていないかどうか?確認しましょう。
ショーケース内が汚れていたり、排泄物がそのままになっているお店はNGです。
子犬の時に排泄物に抵抗がないと、購入した後に食糞などをしてしまう子も多いため注意が必要です。

犬の社会性を考えているかどうか?

良いペットショップには、子犬同士が遊べるようなプレイルームを設置している所もあります。
子犬の時が、一番社会性が育つ時期でもあります。
元気に子犬同士で遊んでいるようなペットショップを選びたいですね。

展示時間が守られているかどうか?

動物愛護管理法では犬を展示できる時間は、午前8時から午後8時までと決められています。
一日中ショーケース内で展示されている子犬にとって、長時間人の目にさらされていることはストレスになります。
時間が守られているかどうかもチェックしていきましょう。
良いペットショップならば、一日中ショーケースに入れておくことはしていませんし、上記の時間よりも短く設定している場合が多いです。

ブリーダーはどんな人でどこから仕入れているのか

「ブリーダーがどんな人で、どこから仕入れているのか?」という質問に対して店員さんが答えられないのであれば、勉強不足または悪徳ブリーダーさんからやって来た場合も考えられます。
「どこのどんなブリーダーなのか?」「飼育環境は?」「子犬の親はどんな性格でどんな犬なのか?」このぐらいの質問にはしっかり答えられるペットショップを選びましょう。

またポメラニアンはこの所人気が急上昇中のため、「これまでにもポメラニアンを多く繁殖しているブリーダーなのかどうか」も聞く必要があります。
人気がある犬種は無理に繁殖されている場合もありますので、もともとポメラニアンのブリーダーでないのに人気があるからと急にブリーディングを始めたというブリーダーにも注意が必要です。

生体保障があるお店を選ぼう

子犬の場合もしもの時を考えて、ペットショップの生体保証があるかどうかは選ぶ基準の一つとなります。
保障規約の内容は購入後何日以内で、どういう場合ならば保証がされるのかといった詳細について十分に把握する必要があります。

ペットショップにお迎えに行くのに必要なもの

ペットショップから愛犬をお迎えに行く日程が決まったら、まずはキャリーケースやクレートを購入しましょう。
キャリーケース・クレートとはワンちゃんが一匹入れるぐらいの取っ手が付いた持ち運びができるケースの事です。
クレートがあると動物病院に行く時なども、便利なのでおススメです。
クレートのサイズは、ポメラニアンの場合は成犬になっても3キロ程度なので小さなもので問題ないでしょう。
購入する際はペットショップの方と相談してみてください。

お迎えする時の移動手段での注意点

ペットショップから自宅までの距離や移動手段によっても注意が必要です。

車で移動の時

ペットショップから自宅までの移動中に、車の中で犬がおしっこやうんちをしてしまう場合もあります。
また車酔いをしてしまい吐いてしまう事も。
ケースの中に、いらないタオルやトイレシートなども準備しておくと良いでしょう。
犬用のウエットティッシュなどもあると便利です。

徒歩の場合

子犬の場合は、すぐに首輪やリードを付けてお散歩とはいきません。
抱っこして連れて行く事も不可能ではありませんが、まだまだ子供なので暴れたりして腕から落ちたりするようなもしもの事故が起きないとは限りません。
やはりキャリーケースやクレートに入れてあげるのが良いでしょう。

電車の場合

電車では手荷物扱いになりますので、駅で確認が必要です。
公共の場合、電車・タクシー・バスでは必ずケースに入れて運ぶことが義務付けられています。

ペットショップから迎える時に準備するもの

室内飼いをするポメラニアンの場合、必要となるのはケージ・サークル、犬用のベッド、トイレ、水入れ、ドックフード、首輪、リード、おもちゃ、おやつ、ブラシ等です。

ケージ・サークル

家の中で放し飼いをする家庭もありますが、まず始めは犬が落ち着く空間やトイレトレーニングをするためにもケージ・サークルは必要です。
小型犬だからと言ってあまり小さなものだと、トイレとハウスが一緒になってしまい上手に犬も覚えてくれない場合も。
できればサークルの中にトイレとハウスやベッドが別々に置けるぐらい、大き目のサイズのものを選びましょう。
最近では、ケージ内でハウスの場所とトイレの場所が仕切られているものもあります。

トイレ

子犬の時はシートをぐちゃぐちゃにして、いたずらをしてしまう場合もあるため初めはメッシュタイプのトイレを用意すると良いでしょう。

水入れ

水入れは、ケージに設置するタイプでいつでもきれいな水が飲めるものがあります。
深めのお皿に入れておく場合もありますが、元気で活発な子犬はよくお皿をひっくり返したりして、周辺がびちゃびちゃになり飼い主さんも大変です。

首輪・リード

首輪に電話番号などが書かれた札をつけておくと、万が一犬が逃げてしまったり、震災など何かあった時にも安心です。
リードはお散歩の時に必要です。
成長過程に合わせてサイズを変えていきましょう。

おもちゃ・おやつ

犬用のおもちゃがあると、お留守番の時なども一人遊びをしてくれます。
おやつもしつけの時にうまく使ってあげると良いでしょう。
ただし、おもちゃやおやつにも生後何か月以上でないと危険ですといった注意書きもありますので必ず確認しておきましょう。

ブラシ

長毛種のポメラニアンは毛が絡まることも多いため、子犬のうちからブラッシングに慣れさせるようにしましょう。
ブラッシングには抜け毛やほこりを取るだけでなく、マッサージ効果もあり新陳代謝も高めてくれます。

新しい家族が増えたら

子犬にとって新しい環境になると何かと体調も崩しがち。
子犬が慣れるまでの1週間前後は出来るだけ家族で見守りながらトイレトレーニング・ハウストレーニングなどのしつけをしっかり行っていきましょう。
家族の愛情をたっぷり注いであげると、きっと良い子に育ちますよ!