トイプードルの爪切りは必要?どうすればいい?


トイプードル,ブラウン

トイプードルの爪ってどんな感じ?

犬の爪には白と黒い爪とあります。
トイプードルの場合は黒いです。
そして、人の爪との最大の違いは、犬の爪は爪にまで神経が通っていることです。
なので間違って神経の上を切ってしまうと、痛いでしょうし、出血もします。

白い爪の場合、うっすら赤く血管が透けて見えるので、どこまで切っていいかがよくわかりますが、黒い爪だと見えません。
なので、切る時にはコツがいります。

トイプードルの爪を切るコツ

お話ししたように、トイプードルの爪は黒いので血管が見えません。
なので、どこまで切っていいかがわかりにくく難しいのです。
コツとすれば、少しずつ切っていくのですが、血管に近くなってくると、切った爪の断面が湿気ってきます。

血管から遠い時は断面が白く乾燥しているので、違いはすぐわかると思います。
断面が湿気を帯びてきたら、それ以上切ると出血する可能性があるのでそこでやめておきましょう。

トイプードルの爪切りの頻度は?

爪切りの頻度ですが、これはどれくらい普段、散歩などで外を歩いているかでも違います。
普段から運動をするような犬だと、常に爪を使っていますので、爪切りの頻度はゆっくりでしょう。

目安としては、フローリングなどの硬いフロアを歩いた時に、爪がカチカチなるようであれば爪切りサインですね。
また、狼爪といって、4本の足それぞれの内側にある地面と接することがない指の爪は、どんなに散歩しても爪は削れませんので、定期的な爪切りが必要です。

トイプードルの爪が伸びすぎちゃったらどうなる?

爪は切らないと伸び続けてしまいます。
それだけなら気付いた時点で切ればいいとお思いかもしれませんが、犬の爪はそう単純じゃないのです。
犬の爪は爪が伸びる時に一緒に、神経と血管も伸びるのです。

そのため、あまりにも伸びてしまった時は、出血することをわかった上で、神経の通った血管も一緒に切らなければなりません。
当然痛いです。
どうぞ、そうなる前に定期的に爪のチェックをしてくださいね。

どうしても爪切りが怖い。
犬に拒否られる飼い主さんへ

爪切りは慣れもありますし、何より犬に拒否られると、無理やりやってケガさせたらと思うと、どんどん憂鬱になっていきますよね。

わかります。

そんな時は無理に頑張ろうとせず、獣医さんやプロのトリマーさんにお願いするのも方法ですよ。

もしくは、「電動爪ヤスリ」はいかがでしょうか?電動なので、手でシュッシュとやるより短時間で削れますし、何より爪切りで切るのと違って、バチんと切った瞬間に出血するという怖さがありません。
音もそれほどうるさくないようなので、どうしても爪切りが苦手な場合は、お試しあれ。

まとめ

爪切りは、子犬の頃から慣らしておくのも重要ですよね。
子犬の頃は恐怖の前に好奇心がありますので、いろんなものに慣れるのも早いです。

ぜひ、恐怖を覚える前に慣らしてあげましょう。
また、自分で定期的に爪切りすることで、犬の爪の減り方を見て歩き方の癖や、一方だけ妙に爪が削れているのであれば、ちゃんと歩けているか確認してみるなど、体の異変をいち早く知るバロメーターにもなります。