犬のお布団選びはここがポイント!


犬って柔らかいものが大好きですよね?犬によっては、寝るとき、必ず飼い主さんの布団に潜り込んでくるなんてありませんか?一緒に寝ている場合もそうでなくても、犬用の布団があれば、お留守番をさせる時など、ただ、サークルの中で留守番をさせるより、犬にとっては快適な時間になるのではないでしょうか。今回はそんな犬用の布団についてあれこれご紹介いたします。

犬,布団

犬用布団とは?

最近では犬用の布団は、人用の布団同様、いろいろな仕様があり、季節別にも快適な素材のものがたくさんあります。

デザインでいけば、

  • 寝袋
  • 犬用ベッド
  • ソファベッド
  • 敷布団・掛け布団セット

などがあります。

それらは全て、犬が快適に寝るために存在しています。

日中のお昼寝でも、留守番中でも、ゆっくりとリラックスするために犬用布団は大活躍します。

また、犬用布団を使うことで、体温調整をしたり、硬いフローリングと違い、体に負担をかけることなく寝ることができます。

そしてもう1つ。

犬の一生のうちに一度だけ使用する、棺に入れる用の布団もあります。

最後の時を、気持ちのいいお布団に寝せて、旅立たせてあげたいですよね。

犬用布団の使い方

愛犬のために犬用の布団を準備したけれど、どうやって使おう。

せっかく買ってきたのに寝てくれない。

愛犬が思うように布団を気に入ってくれないと、何が正しい使い方なのか悩んでしまいます。

様々ある犬の布団の使い方ですが、愛犬に気に入って使ってもらうために、犬が布団を使いたくなる方法3つ使い方をご紹介いたします。

1. 犬用布団を置く場所を選ぶ

犬がその布団を使うかどうかの大事なポイントは、「場所」が大きく関係します。

飼い主さんの都合で、邪魔にならないようなところに〜と安易に置いてしまうと、犬にとってそこが快適でなければ、残念ながら犬は使うことを拒否することもあります。

犬用布団の置き場所として、

  • お気に入りの昼寝場所に
  • 飼い主さんの寝室に置く
  • 騒がしくなく、静かなところ

がベストになります。

犬が布団を使う時というのは、完全に無防備になっている時です。

落ち着けない環境では、安心して眠ることができないのは人と一緒ですね。

2. 留守番の時のサークルの中に

犬に留守番をしてもらう時、サークルやケージに入れて出かける人。

室内にそのまま放置で出かける人と様々だと思いますが、自分が安心してくつろげるテリトリーがあるのとないのとでは、犬の精神状態に差が出ます。

自分だけの居心地のいい場所として、犬用布団を準備してあげると、飼い主さんを待つ間、そこで気持ちを落ち着けることもできるでしょう。

3. 犬用布団は清潔をキープ

犬は自分の匂いがついたものを好むだろうから…と、犬用布団を洗わないというのは危険です。

犬はキレイ好きでもあります。

添加物いっぱいの合成の芳香剤などは嫌いますが、キレイに洗われた犬用布団は、汚くベタベタし始めた布団より気持ちがいいことを、犬たちはちゃんと知っています。

犬用布団は洗わないことで、犬のよだれやフケ、食べかすなどから菌が増殖してしまいます。

犬を病気から守るためにも、キレイな犬用布団を使わせましょう。

犬用布団を選ぶときのポイント

犬用布団を選ぶときには3つのポイントがあります。

1. 犬の体の大きさに合わせる

当然のことですが、犬用の布団は、愛犬の体の大きさに合わせることが大切になります。

それは単純に、小型犬だから小さいサイズ。

大型犬だから大きいサイズというだけではありません。

基本的に犬は、フィットする空間が好きといいますよね。

でも全ての犬がそうとも限りません。

中には小型犬だけど、いつも飼い主さんと寝ているので、広い柔らかいベッドの上、思う存分寝返りを打って寝ることに慣れている為、小さい犬用布団を窮屈と感じる犬もいます。

ご自身の犬を観察した上で、ちょうどいいサイズを選ぶようにしましょう。

2. 犬の性格で選ぶ

犬用の布団には、いろんなデザインがあります。

どれを選ぶかは、愛犬の性格によって変わってきます。

何かに潜って寝るのが好きな犬には…

犬用の寝袋タイプの布団や敷布団・掛け布団タイプの布団、トンネル型の布団などがきっと、気にいるでしょう。

何かの上にドーンっと乗って寝たい犬には…

犬用ベッドやソファベッドがぴったりです。

マットレス部分を犬の年齢や性格に合わせて硬さを選ぶことで、さらに快適に眠ることができます。

3. 季節感があるものを選ぶ

近年、次々と犬の布団も新しいものが開発されています。

特におすすめなのが、夏の暑い日、犬が暑がっているからと今までは硬いアルミボードを預けたりしていましたが、決して、快適ではありませんよね?

最近では、犬用の布団を冷感生地で作ったものもあり、犬が寝た瞬間、ひんやりと感じるものもあります。

涼しく、ふわふわな布団で寝られるのです。

また冬は、犬の体温を反射して犬を温める布団があります。

このように、私たちが季節によって寝具を変えるように、犬の布団を変えてみるのもおすすめします。

犬用布団のおすすめ商品

数多くある犬用布団の中から、今回はおすすめ4つをご紹介いたします。

ぜひ、愛犬の布団選びの参考になさってください!

1. あったかクッション寝袋

この犬用布団の素材は、マイクロファイバーの中でも、特に柔らかいフランネル繊維を使っています。

フランネルの生地は、多く出回っているマイクロファイバーよりも毛の量が多く、柔らかく温かいのが特徴です。

布団の中に潜って寝るのもOK。

布団の上に乗って寝るのもOK。

どんな寝方もできる心地よい布団になります。

「あったかクッション寝袋」

2.  iDog ふんわりおふとん

お月様柄で、ピンク・ブルー_グレーがあります。

布団の上に寝転ぶことはもちろんですが、体を包み込むような掛け布団の作りになっているので、潜って寝るのが好きな犬にはきっと喜ばれます。

枕がついているのもかわいらしく、ポイント高いです。

「iDog ふんわりおふとん」

3. 防水布団カバー「犬のオシッコも怖くない」

こちらは、犬と一緒に寝ている人向けの商品になります。

毎日寝るときは必ず一緒に寝たがる愛犬。

トイレトレーニングがしっかりできていればいいですが、ひょんなことからおもらしをされたり、体調が優れず、あなたの布団の上で嘔吐なんてあったら、大慌てですよね。

そんなときに役立つのがこの防水布団カバーになります。

掛け布団カバーは、外側が防水になっているので、万が一の粗相から布団を守ります。

「防水布団カバー「犬のオシッコも怖くない」」

4. Petio ひんやりロールベッド

冷感生地を使った犬用布団になります。

どんなに暑い夏でも、できたらふわふわの感触の布団で寝たいのは犬も同じこと。

トンネル型になっているので、中に潜ってひんやりなってもいいですし、上にドンっと乗ってリラックスするのも心地よいはずです。

「Petio ひんやりロールベッド」