動物看護士が解説!フレンチブルドッグの平均的な費用と値段設定の傾向は?


平均的な値段とは?

フレンチブルドッグの価格帯は15〜30万円です。
他の犬種に比べて価格の幅が大きいのが特徴です。
また、10万円前後の安いフレンチブルドッグもいますし、50万円を超えるような高価なフレンチブルドッグもいます。
ブリーダーから直接購入すると、ペットショップなどを介さない分、仲介の値段がかからないため、安く手に入る場合もあります。
血統の良いフレンチブルドッグは、とても高価に設定されている場合もあります。

高くても良いフレンチブルドッグとは限らないですし、安くてもダメなフレンチブルドッグとは限りません。
価格を決めるのは、ブリーダーやペットショップですので、ペブリーダーやペットショップスタッフの話を聞いたり、直接見て触ったりしてから、慎重に選ぶ事が大切です。

他の犬種に比べて何で高いの?

フレンチブルドッグの価格は、他の犬種に比べるとやや高いです。
これにはフレンチブルドッグ特有の理由があります。

もちろんフレンチブルドッグは人気の犬種であることも理由の一つです。
それでも、その他の人気犬種であるチワワやトイプードルやミニチュアダックスフンドなどに比べて価格が高いのは、フレンチブルドッグが短頭種だからです。
フレンチブルドッグのような短頭種は、出産が困難な場合が多く、帝王切開での出産がメインです。
帝王切開での出産となると、親犬の出産にかかる費用や子犬達の定期的な検診などが必要となります。
また麻酔のリスクもあり、全ての子犬が健康に生まれるわけではありません。
その分の費用が上乗せされているため、フレンチブルドッグの価格は他の人気犬種に比べ高く設定されているのです。

毛色や性格によって費用は変わるの?

毛色によっても値段は変わってきます。
最も高い値段に設定されているのが、「パイド」と呼ばれる、白ベースで黒や茶色が顔や体に入っている毛色です。
ただし、パイドでも色の入り方によって安い場合もあります。
「クリーム」は白地ですがやや茶色がかった単色の毛色です。
白色から薄い茶色まで濃淡は幅広いですが、薄ければ薄いほど値段も高くなる傾向にあります。

「フォーン」は、クリームよりも濃い茶色です。
「ブリンドル」は、黒色ベースに茶色や白色が混ざった毛色です。
クリームやブリンドルは、パイドやクリームよりは価格が下がる毛色です。
しかし、珍しい毛色の入り方をしていると値段は高くなります。

性別は、オスよりメスのほうが高い傾向にあります。
そして、チャンピオン犬の子犬だと、血統が評価され高く取引されています。

まとめ

フレンチブルドッグは、流行に左右されず安定の人気があります。
ペットショップでもよく扱われる犬種です。
フレンチブルドッグが少し高いのは、出産事情を考慮した上での理由もありますが、やはりシンプルに値段を安くしなくても売れるといった背景があります。

ブリーダーやペットショップのスタッフと話をして、値段と相談しながら、お気に入りのフレンチブルドッグを見つけましょう。