犬のノミ・ダニ予防法から駆除法。ノミ・ダニが原因の病気とは

Contents


犬のノミ・ダニとは?

質問犬

犬のノミとは?

ノミとは、世界中に多くの種類が生息し犬や猫、さらに人間にも寄生する外部寄生虫のことです。

犬に寄生するノミの種類には「ネコノミ」や「イヌノミ」などの種類がありますが、日本では「ネコノミ」という種類であることがほとんどです。
このネコノミは、体長1〜3mmほどの小さな寄生虫で肉眼では見えるものの動きも早く、体毛に隠れやすいので気がつきにくいです。

犬の皮膚に直接寄生することによって様々な悪影響を及ぼします。
ノミの成虫は、オスメスに関係なく犬に吸血することによって栄養を吸っています。
幼虫は、成虫と違って血を吸うことはありませんが、成虫の糞(血液の消化物)や人やペットの食べこぼし、フケなどを食べます。

こうしてノミは、犬の皮膚に寄生し卵を産み幼虫、サナギ、成虫と成長を繰り返します。

【感染経路】

ノミは、草むらに潜んでいて犬や猫が通るタイミングで自分の体の何十倍ものジャンプをして寄生します。

そのジャンプ力は驚くほどのもので、強靭な脚力で体長の約60倍の距離、約100倍もの高さでジャンプすることができるとされています。
光などの刺激や犬・猫の呼吸(二酸化炭素)や体熱に反応し、ジャンプして寄生します。

都心部や田舎関係なく草むらがあるところに潜んでいますので、都心部に住んでいても安心はできません。

また、野良猫が多い地域にも多く潜んでいるので注意が必要です。

【症状】

ノミは犬の皮膚の上に寄生して吸血します。
ノミが吸血のために刺咬することによって、強い痒みが生じたり、大量に吸血されることで貧血を引き起こす場合もあります。

また、ノミに寄生されることによってアレルギー反応を示すこともあり、アレルギー症状を起こすと赤みや脱毛なども症状も見られるようになります。

さらに、ノミが持っているウイルスや細菌に感染してしまうこともあります。

犬のダニとは?

ダニとは、犬や猫、さらに人間にも寄生することのある外部寄生虫です。
ダニの種類にも様々な種類がありますが、犬に寄生するダニには犬の表皮に取り付く「マダニ」毛包虫とよばれる「ニキビダニ」耳ダニとも呼ばれる「ミミダニ」犬の皮下に寄生する「ツメダニ」などが代表的な種類となります。

ダニも、ノミと同様犬の皮膚に直接寄生することによって様々な悪影響を及ぼします。
犬の顔周りや耳、胸部、内股部、肛門周りなどの被毛が少ない場所に寄生しやすい傾向があります。

犬に寄生するダニは大型であることが多く、体長2〜3cmで肉眼でも確認することができます。
ただし、「ヒゼンノミ」に関しては、体長がとても小さく皮膚の中にトンネルを掘って寄生する種類となります。

いずれにしても、ダニは犬に吸血して栄養を吸うため、吸血したマダニは種類によってさらに大きく膨らみ500円玉サイズにも大きくなることもあります。

この中でも「マダニ」は特に体が大きく、犬にとって危険なダニとしても知られています。

【感染経路】

ダニは、基本的に草むらなどに生息しているため、都心部よりも田舎の自然の多い地域に多く見られます。

普段は草むらに潜んでいて、犬が散歩をしているタイミングで付くケースが最も多いです。
犬の呼吸(二酸化炭素)や体熱・体臭などに反応して落ちてきて寄生します。

実際にマダニに寄生されているところを見ると、黒いイボができていると間違えて病院へ行く飼い主さんも多いです。

【症状】

ダニに寄生されるとかゆみ腫れなどの症状が見られます。
その他にもダニの種類によっては、脱毛湿疹などの症状が見られることもあります。

犬の血液を吸血するため、大量に吸血されることによって貧血を引き起こすこともあります。

また、マダニの体内にウイルスや細菌を持っていることがあるため、感染症を引き起こす可能性もあります。
その場合には、発熱や頭痛などの様々な症状を引き起こすことになり、人間にも感染することがあります。

犬のノミ・ダニ予防方法や予防グッズ

残念ながら、犬のノミやダニの寄生を100%予防することはできません
ただし、こまめにケアしてあげることで発見を早め、駆除薬で防いでいくことはできます。

柴犬,お風呂,シャンプー

ノミ・ダニの予防方法①
ブラッシングやシャンプーなどのお手入れ

こまめなブラッシングと月1~2回のシャンプーを行っていくことで、清潔を保つとともに皮膚の異常を確認することができます。

ノミやダニに寄生されていないかをいち早く気付くためのきっかけになるでしょう。

すでに寄生されている場合には、シャンプーによって卵を洗い流すことも期待できます。

ノミ・ダニの予防方法②
飼育環境を整える

ノミやダニにとって住みやすい環境を与えないようにしましょう。
ノミやダニは湿気を好み、熱に弱い特徴を持ちます。
また、溜まったホコリを好む傾向も持っています。

部屋の空気の入れ替えや温度・湿度管理を行い、愛犬が過ごす場所やホコリが溜まりやすい場所はこまめに掃除機などで清潔な環境にしてあげましょう。
掃除機のフィルターもこまめに取り換えるようにしましょう。

特にノミやダニが好みやすい絨毯・犬のベッドやクッションなどは念入りな掃除をおすすめします。
お湯で洗ったり、乾燥機にかけるなどすると良いでしょう。
また、カーテンを開けて部屋に日光を取り入れることも有効的です。

フレンチブルドック

ノミ・ダニの予防方法③ 虫よけスプレー

ノミ・ダニに寄生されやすい散歩の前に虫よけスプレーを使うのも予防に効果的です。

虫よけスプレーというと蚊をイメージする人も多いかもしれませんが、ノミ・ダニに有効な虫よけスプレーもあります。
散歩コースに草むらがある場合や、ドッグランなどを利用する場合には虫よけスプレーを活用しましょう。

犬が舐めても安全な商品の使用をおすすめします。

グッズ紹介「レニーム」

インド原産のハーブ「ニームオイル」が主原料の虫よけスプレーです。

化学薬品や防腐剤などが一切使用されておらず、高い安全性を誇り犬が舐めても無害な商品です。
そのため、犬の体だけでなく犬用ベッドやキャリーバッグなどに使用することも可能です。

さらに、ミネラル分が多く含まれているため、ブラッシング時に使うことで毛づやを良くすることもできるおすすめ商品です。
『商品はこちら』

ノミ・ダニの予防方法④ 予防薬

ノミ・ダニの予防薬には市販のものも多くありますが、基本的には動物病院で販売されている予防・駆除薬を使われることをおすすめします。

この駆除薬を使うことによってノミやダニが付いたとしても、その影響を最小限に抑えることができ予防としての役割も果たしてくれます。

予防薬=駆除薬でもあるので、詳しくは後述の「駆除方法・駆除グッズ」で一緒にご紹介いたします。

犬のノミ・ダニ駆除方法や駆除グッズ

ノミ・ダニを発見しても絶対に自分で取らないこと!!

肉眼で確認できることも多いノミやダニですが、発見しても自分で取ろうとするのはやめましょう。
取ろうとして万が一潰してしまうと、卵を飛び散らせて増殖を加速させてしまう可能性があったり、犬の皮膚の奥深くまで噛みついているため無理に引っ張ってしまうことで頭部が体内に残ってしまうこともあるためです。

それによって、ウイルスや細菌などの感染の可能性も高めてしまうことにも繋がるでしょう。
もし、ノミやダニを見つけたら必ず動物病院で処置してもらうようにしましょう。

ノミ・ダニ駆除薬を処方してもらう

ノミ・ダニ駆除薬は、犬に寄生するノミやダニを一つの薬で一緒に駆除してくれる薬です。
最近では、様々なノミやダニの駆除グッズが販売されていますが、基本的には動物病院で販売されている予防・駆除薬を使って駆除することをおすすめします。

ここでは動物病院で扱われていることの多い薬について紹介していきます。
どちらにも効果のある薬は便利で、最近増えてきていて、多くの種類があり様々な特徴がそれぞれありますが、特に最近人気があり、よく使われる薬について紹介します。

ノミ・ダニの駆除薬①
「フロントラインプラス」

フロントラインプラスは、一般的に広く使われているスポットタイプの駆除薬です。

寄生したノミの成虫だけではなく、ノミの幼虫や卵にも効果があります。
また、マダニやシラミ、ハジラミも駆除することができます。

使用方法は、月に一度、首筋の毛をかき分けて、皮膚に直接全量つけるだけで簡単に投薬できます。

投薬後24時間後ならシャンプーをしても効果が落ちない特徴を持ちます。

しかし、このスポットタイプにはつけた場所に違和感があり嫌がったり、こすりつけたりする犬も稀にいるようです。

『商品はこちら』

ノミ・ダニの駆除薬②
「ブラベクト錠」

ブラベクト錠は、最近特に注目されているノミ・ダニ駆除薬です。

これは、おやつタイプの駆除薬で、ポーク味で嗜好性も高く飲ませやすいのです。

また、ノミ・ダニに3ヶ月効果があるので、投薬は3ヶ月に1度でいいので飼い主さんの負担も少ないです。

スポットタイプでは嫌がる犬や液体が付くという悩みがある場合には、このような飲むタイプの薬はおすすめです。
シャンプーも投薬後すぐに可能です。

しかし、3ヶ月に1度となるとつい投薬を忘れてしまうという飼い主さんも多いので気をつけましょう。
『商品はこちら』

ノミ・ダニの駆除薬③
「ネクスガード」

ネクスガードは、おやつタイプの飲ませるノミ・マダニ駆除薬です。

ネクスガードも嗜好性が高く、簡単に食べてくれる犬が多いです。
飲ませるタイプなので、スポットタイプが苦手な犬にはおすすめです。

効果は1ヶ月なので、投薬は1ヶ月に1度になります。
投薬後すぐのシャンプーも可能です。

『商品はこちら』

フィラリアも予防できる駆除薬がおすすめ

ノミ・マダニ駆除のほかに、フィラリアも一緒に予防できる薬があります。
最近ではこういった1つの薬でフィラリアも予防できる薬を使われる飼い主さんが増えてきているようです。

フィラリアも予防できる駆除薬①
「レボリューション」

レボリューションは、スポットタイプの駆除薬です。

レボリューションの効果は、ノミやフィラリアの他にも、ノミの幼虫や卵、耳の中に寄生するミミヒゼンダニ、回虫や鉤虫などといったお腹の中に寄生する内部寄生虫にも効果があります。

月に1度の投与で1ヶ月効果があります。
しかし、マダニに関しては効果がないので、都心部など自然が少ない地域に住んでいる犬や、完全室内飼いの犬にはおすすめです。

フィラリアも予防できる駆除薬②
「ネクスガードスペクトラ」

ネクスガードスペクトラは、ノミ・ダニの駆除薬のネクスガードにフィラリア予防の効果を加えた薬です。

月に1度投与するおやつタイプの飲ませる薬です。

レボリューションとは違って、マダニもきちんと駆除できるので、おすすめです。

犬のノミ・ダニが原因の病気とは?

ノミやマダニが体に寄生すると、様々な悪影響が起こります。

ノミやマダニに寄生された場合に引き起こす可能性のある病気には、
「貧血」や「アレルギー性皮膚炎」「Q熱」「ライム病」「日本紅斑症」「エールリヒア病」「バベシア症」「瓜実条虫症」「重症熱性血小板減少症候群」など、数多くの病気があります。

今回はそのうちのいくつかの病気について詳しくご紹介します。

ノミ・ダニが原因の病気①「貧血」

ノミとマダニは共に、犬の血を吸血して栄養を取り生活しています。

ノミやマダニに数匹寄生されたくらいで貧血を起こすことはありませんが、何十匹、何百匹ものノミやマダニに寄生されると貧血を引き起こすことがあります。

特にそれが仔犬や小型犬ならなおさらその危険性は高まります。

ノミ・ダニが原因の病気②「アレルギー性皮膚炎」

ノミやダニに刺咬されることによって、ノミ・ダニの唾液にアレルギーを引き起こす犬がいます。
アレルギー体質や皮膚が弱い犬によく見られます。

アレルギーを引き起こすと、強烈な痒みを伴います。
痒みがきついため、足で掻いたり噛んだりこすりつけたりするのでさらに炎症が広がり、出血や脱毛などの二次感染も起こしてしまいます。

たとえノミ・ダニが数匹の少ない数であってもアレルギーを起こす場合もあり、特に、ノミアレルギー性皮膚炎では、尻尾の付け根やお尻あたりの下半身に症状が現れることが多いようです。

ノミ・ダニが原因の病気③「瓜実条虫症」

瓜実条虫症とは、犬の体内に瓜実条虫(サナダ虫)という内部寄生虫が寄生することによって悪影響を及ぼす病気です。

この瓜実条虫の幼虫を持っているノミを飲み込んでしまうことによって、犬の腸内に寄生し成長します。
そして、寄生した瓜実条虫が卵を含んだ片節を犬の便に排出します。
この卵をノミが食べたり、他の犬が口にいれることによって感染します。

症状は、下痢や軟便などを引き起こします。

ノミ・ダニが原因の病気④「バベシア症」

バベシア症とは、バべシアという原虫がマダニを介して犬の赤血球の中に寄生する病気です。

バベシアはマダニが吸血する際に、唾液と共に犬の血管内に入り込み、すぐに血液中の赤血球の中に侵入し、寄生します。そして、赤血球内の成分を栄養として取り込み、発育します。そして、このバべシアは分裂し、赤血球を破壊しては他の赤血球内に侵入してさらに分裂を繰り返します。

症状は、重度の貧血症状がみられるようになり、元気や食欲がなくなったり、発熱をしたり、血尿がみられるようになり、放置しておくとそのまま死に至ることもあります。

ノミ・ダニが原因の病気⑤「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」

重症熱性血小板減少症候群とは、2011年に中国で発表されたマダニを介してSFTSウイルスに感染する病気のことです。

マダニに刺咬されることによって体内にウイルスが侵入し、発熱・嘔吐・意識障害などの神経障害、さらに皮下出血なども伴うことがあります。
最悪の場合には死に至る怖い病気です。

人間にも感染する病気で、有効なワクチンも開発されていません。
そのため、愛犬と一緒に予防していくことが大切です。

この記事のまとめ

犬のノミ・ダニ予防法から駆除法
  • 犬に寄生するノミの代表的な種類は「ネコノミ」
    犬の皮膚の上に寄生して吸血する。
    症状は強い痒みを生じ、感染症の可能性も。
  • 犬に寄生するダニの代表的な種類は「マダニ」「ニキビダニ」「ミミダニ」「ツメダニ」
    犬の皮膚の上に寄生して吸血する。
    症状には痒みや腫れ。種類によっては脱毛や湿疹も。さらに感染症の可能性もある。
  • ノミ・ダニ予防方法
    ① ブラッシング・シャンプーのお手入れで清潔を保ち、異常の確認を。
    ② ノミ・ダニが好む湿気やホコリを避け、飼育環境を清潔にすること。
    ③ 散歩前には虫よけスプレーを活用。
    ④ 定期的な予防薬を。動物病院で処方してもらうことがおすすめ
  • ノミ・ダニを発見しても自分では絶対に取らないこと!!
    卵の飛散や感染症など、事態を悪化させることがあるため、必ず動物病院で処置してもらいましょう。
  • 駆除薬は、市販品よりも動物病院で処方してもらうことがおすすめ!!
  • フィラリアも一緒に予防できる駆除薬がおすすめ
  • ノミ・ダニが原因で引きおこす病気は多く
    「貧血」や「アレルギー性皮膚炎」「Q熱」「ライム病」「日本紅斑症」「エールリヒア病」「バベシア症」「瓜実条虫症」「重症熱性血小板減少症候群」などがあり

犬のノミ・ダニ予防法から駆除法。ノミ・ダニが原因の病気とは さいごに

ノミやマダニは、普段散歩へ行っている犬なら何時寄生されてもおかしくない寄生虫です。
そしてノミ・ダニの寄生による影響はとても大きく、感染症の危険性も伴います。

ノミやマダニの駆除薬をきっちりと投薬することで、ノミ・ダニの寄生を最小限に抑えられることができるため、必ず投薬するようにしましょう。

最近では、駆除薬の種類も増えているので、愛犬の体質や性格、ライフスタイルによって駆除薬を選ぶことができるので、かかりつけの獣医師の相談の上で投薬していくことをおすすめします。