【動物看護士が解説】犬のメラノーマとは?原因と対策から治療方法まで


「メラノーマ」と聞いて、すぐにパッとイメージできる人はそう多くは無いと思います。人の病気にもあるメラノーマですが、犬にも発症することがある怖い病気の一つです。このメラノーマについて、まずどのような病気なのか、またその原因や症状、治療法などを動物看護師の経験を生かしてお伝えしていきたいと思います。

犬​​​​​​​

犬のメラノーマとは

メラノーマとは、黒色腫とも呼ばれる皮膚腫瘍の種類です。メラノーマは、メラノサイトというメラニン色素を形成する細胞に発生します。メラニン色素とは、動物の色素を作る役割をもつ細胞です。
犬のメラノーマは、悪性と良性がありますが、比較的悪性度が高く口腔内、皮膚、眼などにできやすい腫瘍です。
犬のメラノーマは、人のメラノーマに比べると発生度が高いのが特徴です。見た目は、黒色腫と呼ばれるだけあって黒色の腫瘍で、ほくろによく似たもので見過ごしてしまうことも多くあります。

メラノーマはその部位ごとによって、原因や症状などが若干変わってきます。主にできやすい口腔内メラノーマ、皮膚メラノーマ、眼球内メラノーマに分けて説明してきます。

口腔内メラノーマの特徴

口腔内メラノーマは別名、口腔内悪性黒色腫とも呼ばれる口の中の悪性腫瘍、いわゆる口の中の皮膚ガンです。大きさはかなり小さいものから、顔の形が変わってしまうほど大きくなることもあります。メラノーマには悪性、良性がありますが、口腔内にできるメラノーマは極めて悪性度が高いものです。

皮膚メラノーマの特徴

皮膚メラノーマは別名、黒色腫とも呼ばれる皮膚にできる腫瘍です。全身のあらゆる部位に発生します。皮膚メラノーマは、ほくろのようなもので、大きさも小さいものから悪性度が高いものだと大きくなるものもあります。黒色腫とよばれますが、黒いものも、もちろんありますが、灰色や茶色いできもののようなものもあります。

皮膚メラノーマは、口腔内メラノーマと違って、良性のほうが多いです。しかし、爪の周囲に発生するものや、肛門周辺などの皮膚と粘膜の境目に発生するものは悪性度が高くなります。

眼球内メラノーマの特徴

眼球内メラノーマは、眼球内にできるメラノーマです。眼球内メラノーマには悪性と良性がありますが、犬では比較的転移が少ないのが特徴です。眼球内といっても、前部ブドウ膜という虹彩や毛様体といった部分も起源として発生することが多いです。

犬のメラノーマ 原因

口腔内メラノーマ

口腔内メラノーマのはっきりした原因はまだ分かっていません。しかし、ドッグフードや噛むおやつやおもちゃなどの日常的に口にするものによる刺激がその原因の一つと言われています。

皮膚メラノーマ

皮膚メラノーマの原因もはっきり分かっていません。しかし、外部からの刺激が原因の一つともいわれています。

眼球内メラノーマ

他のメラノーマと同じくはっきりした原因は分かっていません。しかし、色素の濃い犬に発病されやすいとされています。

犬のメラノーマ 初期症状

口腔内メラノーマ

口腔内メラノーマは、自覚できるような初期症状はほとんどありません。特に口の中ですので、毎日口の中を見ているならば早期発見ができる可能性はあります。しかし、そうでなければ、メラノーマが大きくなってきたり、悪化したりしてから現れるような口臭、口や鼻からの出血、よだれ、口の中をやたら気にするというような症状がでてきます。

口腔内メラノーマは悪性度がかなり高い上に、進行も早く転移もしやすいため、症状が現れてから気が付いた時には、他の臓器や肺に転移してしまっているということも実際少なくありません。

皮膚メラノーマ

皮膚メラノーマの初期症状は小さなイボです。それ以外での自覚症状はありません。しかし、口腔内と比べると、体表であれば目につきやすいので早期発見はしやすいかと思います。特に短毛種であればイボができるので見つけやすいですが、黒い毛色や長毛種であればその小さなイボを見つけることが難しくなります。皮膚メラノーマも、悪性であれば気が付いた時には、他の臓器や肺に転移してしまっているということ少なくありません。

眼球内メラノーマ

眼球内メラノーマの初期症状は、虹彩や毛様体に茶色や黒いしみのようなものがみられることがあります。しかし、かなり小さく発生していると気が付かないことお多いですし、ただの色素と見過ごしてしまうことも多いです。

進行すると、そのしみのようなものが広がってきたり、濁ったようになってきたりします。さらに進行すると、ブドウ膜炎や緑内障を引き起こす可能性もあります。

犬のメラノーマ 治療方法

口腔内メラノーマ

口腔内メラノーマはどれだけ早期発見ができるかが重要です。早期発見できればまだメラノーマ自体も小さく、手術によって切除することが可能な場合があります。しかし、場所が口の中だけに、メラノーマができている場所によっては切除をすることが非常にむずかしいということもあります。

動物病院に勤務していて、実際に下あごにメラノーマがあるということで骨にまで転移していたために、下あごの骨ごと切除したという例も何件かあります。

また、抗がん剤で内科的に治療する方法もありますが、実際のところあまり効果は期待できません。

皮膚メラノーマ

皮膚メラノーマの治療法も口腔内メラノーマと同じく手術で切除するのが一般的です。見た目が明らかに良性のものであれば、患部を切除するだけで大丈夫ですが、見た目で悪性度が高いと疑われる場合はその患部よりも広い範囲で切除するということもあります。特に悪性度が高いとされる爪の周辺にできている場合であれば、断脚手術を行うこともあります。

眼球内メラノーマ

眼球内メラノーマの治療方法は、良性の場合であれば定期的に様子をみていったり、レーザー治療をおこなったり、症状の対処療法を行ったりなど病院によっては様々です。

悪性の疑いがある場合や、緑内障などを引き起こしている場合は、手術によって眼球摘出を行います。

犬のメラノーマ 予防方法

口腔内メラノーマ

口腔内メラノーマは、原因がはっきりしていないために予防することがとても難しいです。デンタルケアなどを日常的に行いながら、口の中をチェックすることが早期発見につながります。

皮膚メラノーマ

皮膚メラノーマに関しても、予防することが難しいため、早期発見が大切です。日常的にブラッシングをするついでに皮膚のチェックを行い、小さなイボでも気になれば早めに動物病院でチェックをしてもらいましょう。

眼球内メラノーマ

眼球内メラノーマも他のメラノーマと同じく予防することが難しいため、早期発見が大切です。日常的にアイコンタクトを行い、目のチェックをおこない少しの変化に気が付いたら動物病院で診てもらいましょう。

まとめ

メラノーマはその発生する場所によっては、命にかかわるとても怖い病気の一つです。良性のものもありますが、それは獣医師がパッと見ただけで見分けることが難しい場合もあるため、飼い主さんが判断することはとても難しいのです。ただのできものやイボ、しみと思っていても悪性のメラノーマだと手遅れになってしまうことも残念ながら実際少なくありません。小さなメラノーマであれば気が付くのが遅れてしまい、進行・転移してしまうこともあり、早期発見がとても大切です。

体のケアを日常的に行い、少しの変化があれば獣医師に相談してみましょう。