ワンコもぬくぬく♡犬に湯たんぽをおすすめする理由


昔は番犬として室外で飼われることが多かったため、犬は寒さに強いと思われがちですが、愛玩犬として室内で飼われている洋犬は寒さに弱い犬種が多いようです。被毛があるとはいえ、極寒の夜などはやはり何かの寒さ対策をしてやりたいですね。そんなときには湯たんぽが便利です。手間もかからず、なにより経済的です。湯たんぽの種類や使い方からおすすめ商品まで、犬の湯たんぽ知っ得情報のご紹介です。

犬に湯たんぽは必要か?

室内で飼われている小型の洋犬は、外飼いされることの多い和犬に比べると寒さに弱い傾向があります。

室内はエアコンなどで温度調節ができるため、さほど寒さを気にせずに過ごさせることができますが、就寝時や長時間の留守番時などは、光熱費のことも考えてエアコンを切るという方も多いのではないでしょうか。

そんな時のために愛犬のスポット暖房として便利なのが湯たんぽです。

湯たんぽはストーブのように火災の心配もなく、アンカのようにコードを齧られる危険もありません。

なにより手軽なのと安価で経済的なのが魅力です。

いろいろな種類の犬の湯たんぽ

昔は人にも良く使われていた湯たんぽですが、最近ではペット用湯たんぽとして再認識されてきました。

お湯を入れて使う昔ながらの湯たんぽに加えて、電子レンジで温めて使うジェル状の湯たんぽなど、形状もさまざまなものが売られています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので愛犬にあったものを選んであげましょう。

お湯入れタイプの湯たんぽ

〈特徴〉
昔からあるお湯を入れて使う湯たんぽです。

ブリキやトタン、プラスチックなどの硬い素材でできており壊れにくく丈夫です。

肌当たりのいいゴム製の湯たんぽもありますが、齧ると穴が空いたりしますので、噛み癖のある犬には向きません。

ベッドの側に置いたり、ゲージの中に入れたりと持ち運びも自由なのでさまざまな場所で使えます。

お湯入れタイプの湯たんぽは安価な上に丈夫なので、ひとつ購入すると長い間ずっと使えるのでとても経済的です。

但し、毎回お湯を沸かして入れ替える必要があるので、少し手間と時間がかかるのが難点と言えるかも知れません。

〈使い方と注意点〉
湯たんぽに80℃〜100℃の沸騰したお湯を入れて使います。

犬の皮膚は被毛に覆われていますがとても薄くデリケートです。

肌が直接湯たんぽに触れると火傷をする恐れがあります。

犬用の湯たんぽには専用カバーがついています。

必ずカバーをして、表面温度が34度~35度程度になるようにして使いましょう。

特に寝ていることの多い老犬の場合は、カバーをしていても、湯たんぽが長時間同じところに当たっていると低温やけどを起こす危険性があります。

時々は姿勢を変えてやるか、カバーの上からバスタオルやブランケットなどで包み、体感でほんのり暖たたまるくらいの温度にしてあげましょう。

材質の硬い湯たんぽは高さがありますので、極小型犬や足の悪い犬などは夜中に躓いて怪我をする恐れもあります。

今では平らな形状の湯たんぽも出ています。

これならベッドの下に入れて床暖房のような使い方ができます。

但し平らな形状のためお湯を入れにくいのが難点です。

斜めにして入れたり、漏斗などを使うと上手く入れることができます。

電子レンジで温める湯たんぽ

〈特徴〉

電子レンジで温めるだけで使える湯たんぽです。

毎回お湯を沸かして入れ替える必要がありません。

朝の忙しい時間でも手間がかからず、すぐに準備して出かけることができます。

保温材がジェル状なので肌当たりが良く、ベッドの下に入れると柔らかなホットベッドのように使えます。

保温材には使用限度があり耐久年数を過ぎると買い換える必要があります。

〈使い方と注意点〉

本体を電子レンジで約2~3分加熱します。

加熱時間は個々の商品によって違ってきます。

加熱し過ぎると湯たんぽが高温になりやけどをしてしまいます。

指定された加熱時間を守って使いましょう。

中身の保温材がジェル状で破れやすいため、噛み癖のある犬やいたずら好きな仔犬などの噛み契りには注意が必要です。

加熱後は裏が丈夫なアルミシートになった専用カバーに入れて使いましょう。

また、保温材そのものが硬いプラスチックなどでできているものもあります。

お湯を使う湯たんぽと同様に、老犬や寝たきりの犬などに使う時には低温やけどに注意して、時々様子を見て湯たんぽの位置を変えるようにしてあげましょう。

ペットボトルは湯たんぽ代わりになる?

ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにすることはできるでしょうか。

ペットボトルは基本的に耐熱性がありません。

水が冷えるときの体積の変化にも対応していないため、破損してお湯が溢れ出してしまう可能性もあります。

但し、冬のキャンプ場などの冷え込んだ夜などに、高温ではなく60℃程度のぬるめのお湯を入れたペットボトルを、一時的に使うだけならば問題はありません。

ペットボトルのカバーには厚手のパイル地の靴下などを利用すると便利です。

ペットボトルは必ずホットドリンク用のもの使いましょう。

犬の湯たんぽ おすすめ商品

パール金属 ステンレス 湯たんぽ 2.5L MK-2209

価格: 2,624

湯たんぽの定番ともいえるオーソドックスな小判型の湯たんぽです。

錆びにくく丈夫で衛生的なステンレス製。

湯たんぽカバーも各種揃っています。(カバー別売)

パール金属 ステンレス 湯たんぽ用カバー小判型用 ¥611

サイズ: 220 × 290 ×厚さ 60MM (本体のみ),

重量: 540G
容量: 2.5 リットル,

材質:本体/ステンレス鋼、口金(キャップ)・受け金/真鍮、 D カン/ステンレス鋼、パッキン/シリコーンゴム・交換用パッキン 1 個付

商品はこちら

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

価格:¥ 1,700

本体サイズ:約W29.5×D21.6×H7.4cm、トタン板厚:約0.5mm
本体重量:0.61kg
素材・材質:本体・溶融亜鉛メッキ鋼板 / 口金・しんちゅう / パッキン・合成ゴム
原産国:日本
付属品: スペアパッキン、袋付
容量:約2.5L

底が平らで安定感があるので、湯たんぽに直接水を入れて、ガスコンロやIHヒーターで暖めることができます。

暖房面積をできるだけ多くするため表面を波型にしています。

内部に支柱があり温度が下がってもへこみに強い造りになっています。

商品はこちら

ドギーマン 遠赤外線レンジでチンしてぽっかぽか

価格:¥3,165

本体サイズ:(幅X奥行X高さ) :28×5×24.5cm

本体重量:1.05kg

保温材:ポリエチレングリコール

電子レンジで温めるだけで簡単に使える遠赤外線湯たんぽです。

カバーの生地はポリエステル、詰め物はウレタンフォームで肌触りが良く、中面は保温性の高いアルミ・ポリエチレンを使用しています。

商品はこちらから

マルカン ソフトでワイドな湯たんぽ気分

価格:¥3,780

本体サイズ:(幅X奥行X高さ) :33.5×20×4cm

本体重量 :1300g

本体:水・プロピレングリコール・CMC

カバー:ポリエステル

保温シート:アルミシート、ポリエチレン

電子レンジで温めるだけで最大8時間暖かさが持続します。(気温・使用状況により異なります)

ソフトな感触なのでベッドの下に置いてもゴロゴロしません。

ワイドサイズなので大型犬にも使えます。

商品はこちらから

まとめ

湯たんぽは電気も火も使わないエコで安全、そして経済的な暖房器具です。

日本で湯たんぽは元禄時代から使われていましたが、「湯たんぽ」という名前の由来をご存知ですか?

中国で、お湯を入れた容器の暖かさが母親の肌の温もりのように優しく心地よいことから、その容器を湯婆(たんぽ)と呼ぶようになり、それが日本に伝わって湯湯婆(ゆたんぽ)になったということです。

寒い夜は愛犬も一緒に布団で寝るという方もおられますが、やはり寝るときは自分のベッドでという方のほうが多いのではないでしょうか。

そういう時には優しく体を温めてくれる湯たんぽを使ってあげたいですね。

湯たんぽの暖かさは飼い主の愛のぬくもり・・というべきでしょうか。