愛犬と一緒に!犬連れ旅行のおすすめスポットと注意点


最近では犬同伴可の宿やホテル、犬も入場できる観光地が多くなってきました。愛犬を連れてのドライブや観光旅行を楽しみたい飼い主にとっては嬉しいかぎりですね。愛犬と楽しい旅をするために知っておきたい注意点や、持って行くと便利なグッズ、厳選おすすめの宿&周辺のおすすめスポットなどをお届けします。

柴犬,ドライブ

犬連れ旅行をすると決まったら・・

家族旅行でも友人との旅でも、まず行きたいところから探しますが、犬連れ旅行の場合は犬と一緒に泊まれる宿を探すところから始めましょう。

行きたい観光地や場所があっても、その近くに犬と一緒に泊まれる宿がなければ犬連れ旅行はできません。

もちろん旅行というのは行きたい場所に行くことが目的なのですが、犬連れの場合は愛犬と一緒に旅をする楽しみが目的のようなものです。

犬連れ旅行すると決めたら、まずは犬と泊まれる宿を探しましょう。

犬連れ旅行におすすめの宿とおすすめスポット!

飼い主にも犬にも優しい、愛犬家のために用意されたような宿やホテルのご紹介です。

近隣のおすすめスポットもたくさんあります。

犬連れ旅行 関東

ペットと泊まれる温泉旅館 水上温泉だいこく館

ホテルや旅館の一部や別館のみ犬同伴可能というところが多いなかで、旅館全体が犬と一緒に過ごすために作られた温泉旅館です。

犬専用の露天風呂があり、食事はもちろん寝るときも同じ布団で愛犬と一緒に寝ることができます

館内には看板犬のラブとベルの2頭の犬と9匹の猫がいます。

犬や猫だけではなくウサギ・フェレット・小鳥なども同宿できます。

まさにペットのためのお宿・・というべきですね。

住所: 群馬県利根郡みなかみ町湯原795

電話 : 0278-72-3278

チェックイン: 14:00

チェックアウト:19:00

ペット料金: 一匹につき 2,160円

宿泊プラン:HPよりお確かめください。

ホームページ:だいこく館

近隣のおすすめスポット:湯原温泉公園・清流公園・カフェレストラン亜詩麻

きぬ川国際ホテル

1986年に日本で初めてペットとの同室宿泊を始めたホテルです。

「ペットは家族の一員」として迎えてくれる姿勢が、今では宿泊客の98%がペット同伴という結果につながっています。

犬専用の露天風呂に加えて愛犬と一緒に入れる家族風呂もあります。

遊具の揃ったドックランにはドックプールもあり夏の一日を楽しく過ごせます。

15匹以上の犬が宿泊している日はわんわんコンパが玄関ロビーで開催され、たくさんの愛犬達と触れ合うことができます。

わんわんコンパが開催されないときもロビーは開放されており、いつでも飼い主さんや犬達との交流ができます。

全国に仲良しさんの輪が広がるのも楽しいですね。

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝540
電話:0288-77-0019

チェックイン:15:00~19:00(17:00以降は連絡要)

チェックアウト:翌日10:00まで

ペット料金:( )内はHP特別料金 猫・小中型犬2916円(2376円)・大型犬4104円(3564円)

宿泊プラン:HPにてご確認ください。

ホームページ:きぬ川国際ホテル

近隣のおすすめスポット:鬼怒川公園 岩風呂・龍王峡・東武ワールドスクエア

犬連れ旅行 関西

海のホテル島花

関西有数の海の観光地淡路島にある犬同伴可能なホテルです。

淡路島はペットに優しい島だということをご存知でしょうか。

島内のホテルや宿はもちろん、ドックカフェや犬が入れる観光施設も多くあります。

ホテル島花はペット同伴宿泊可能なだけはなく、淡海峡を一望できるハーバービューとサントピアマリーナが目の前に広がる絶好のロケーションを誇ります。

愛犬と泊まれるドックフレンドリールームはタイルフロアとカーペットフロアがあるスタンダードルームと専有露天風呂付きのウッドデッキがあるフレンドリーヴィラがあります。

愛犬と一緒にお部屋で食事ができるルームサービスディナーも利用することができます。

愛犬とサイクリングやドックランで遊んだあとはドックカフェでまったり一休み。

お父さんはゴルフやフィシングも楽しめます。

住所:兵庫県洲本市小路谷1277番5
電話:0799-22-2521(グループ電話予約センター)

チェックイン:15:00

チェックアウト:11:00

ペット料金:1室につき1匹目は¥4,000(税別)・2匹目は¥2,000(税別)で同伴可能(1室あたり2匹まで)

宿泊プラン:HPでご確認ください。

ホームページ:海のホテル島花

近隣のおすすめスポット:伊弉諾神宮・上立神岩(かみたてがみいわ)・ナチュラルカフェ カプチーノ・わらびCAFE

料理旅館 きぐすりや

大正8年創業の歴史ある宿で、「きぐすりや」という屋号は明治時代から薬商を営まれていたことに由来しています。

美山の自然に囲まれたのどかな風景の中にある宿は、田舎のおばあちゃん家に帰ってきたような安らぎを感じさせてくれます。

ペット専用の部屋は二間続きの和室で、お風呂は温泉ではありませんが、美しい美山の自然を眺めながら入浴できます。

お風呂は家族湯やグループ湯として無料で貸切ることもできます。

ドックランなどの設備はありませんが、愛犬と一緒に田んぼのあぜ道や棚野川の河川敷を優しい土の感触を楽しみながらゆっくり散策するのも楽しいですよ。

なによりも「ワンちゃんも家族の一員」との趣旨から小型犬(2頭まで)限定ではありますが、宿泊料金が無料というのが嬉しいですね。

住所:京都府南丹市美山町鶴ケ岡今安8−1
電話:0771−76−0015

チェックイン:15:00~

チェックアウト:~10:00

ペット料金:無料(宿泊は小型犬のみ1室2頭まで)

宿泊プラン:HPでご確認ください

ホームページ:料理旅館 きぐすりや

近隣のおすすめスポット:かやぶきの里・かやぶき美術館/資料館・大野ダム・野鹿の滝

犬連れ旅行で注意したいこと

愛犬を連れての始めての旅行は楽しみでわくわくしますね。

でも愛犬と旅行するときにはどのような準備や注意をすればいいのでしょうか。

愛犬と旅行に行く前にこれだけは準備しておこう!

・狂犬病や混合ワクチンの証明書

どのホテルや宿でも犬の宿泊には狂犬病と混合ワクチンの摂取済みの証明が必要です。

必ず証明書かそのコピーを持っていくのを忘れないようにしましょう。

・シャンプーやノミやダニの駆除

旅行に行く数日前にはシャンプーをして、ノミ・ダニの駆除薬を飲ませておきましょう。

・マナーベルトや紙オムツの用意

普段はちゃんと決められたところで排泄ができる犬でも、旅先で環境が違うと上手く出来なくなることがあります。

粗相を予防するためにもマナーベルトや紙オムツを忘れずに持参しましょう。

・クレートやケージに慣れさせておく

車の中や公共鉄道、ホテルのロビーや廊下などはクレートかケージに入れて移動することになります。

普段からクレートやケージを寝床として使うなどして慣れさせておきましょう。

・毎日食べ慣れているフード

宿泊先などで用意される食事もありますが、環境が変わって緊張したりして食べないこともありますので、普段食べ慣れているフードを持っていきましょう。

犬連れ旅行で用意したいグッズ

愛犬との旅行に持っていくといいものにはどんなものがあるのでしょうか。

必ず持っていくもの

・リード

・首輪

・おやつ

・水・水入れ

・ケージ・クレート

・ペットシート・タオル

・毛布(いつも使っていいるもの)

・車酔いの薬

あれば便利なもの

・洋服(レインコートや冬には防寒着など)

・おもちゃ

・消臭スプレー

・ウエットティッシュ

・ブラシ

・お散歩バック

・うんち袋

・粘着ローラー

最後に・・

初めての犬連れ旅行は飼い主も愛犬も緊張したり不安になったりしますが、前もってしっかりと計画を立てて準備をしておけば大丈夫です。

最初から長時間の旅行では愛犬の負担も大きいので、まずは近場の小旅行から始めてみましょう。

愛犬と一緒に旅をすることで、思い出に残る楽しい時間がたくさん増えるといいですね。