犬を撫でる時に知っておきたい。喜ぶ場所はここ!


あなたは毎日、愛犬を撫でていますか?犬は大好きな飼い主さんに撫でられることが大好きです。私たちも愛犬を撫でることで、暖かくふわふわした被毛は心地よく感じ、愛犬の匂いで癒されるなんてことも。今回は犬を撫でるときのポイントを詳しくご紹介いたします。ぜひ、愛犬がもっと満足してくれる撫で方
を目指しましょう!

フレブル,撫でる

犬を撫でるとは?

犬を撫でる意味を考えたことがありますか?

もちろん、かわいい愛犬を目の前にして、愛情表現として撫でることが大きな意味でありますよね。

そして、犬を撫でることにより、4つのメリットが生まれます。

1. 犬へのマッサージで心身のリラックス

犬の全身を撫でながらマッサージすることで、犬自身の凝った筋肉が癒され、血行も良くなるので、皮膚や被毛の健康にもつながります。

犬は日々、一生懸命室内や外の散歩で、筋肉を使っています。

人間のように、「あ〜、疲れた」とお風呂に入ったり、マッサージを受けに行ったりすることもない犬たちは、私たちが思う以上に、体が凝っているのです。

飼い主が優しく凝りをほぐしてあげることで、犬は心身ともにリラックスします。

2. 全身チェックで、病気やケガの早期発見

全身を撫でてあげることで、普段見た目では気づかない変化に気づくことができます。

  • 被毛に隠れてわからなかったけど、触ってみるとしこりがある
  • 撫でてあげたとき、体の一箇所を触ると痛がる
  • 撫でてみて、初めて皮膚に湿疹があるのを発見

など、きちんと体を撫でて気づくことがたくさんあります。

見た目はいたって元気な愛犬でも、進行するまで、目に見える変化はないことが多いです。

撫でて全身チェックすることで、病気やケガの早期発見をすることができます。

3. 犬とのコミュニケーションが増し、絆が深まる

人と犬との間では、言葉で会話をすることはできません。

でも犬は、人以上に人の感情を読み取る能力に長けています。

そのため、飼い主さんが撫でる優しい手を通じて、犬たちはその愛情を汲み取り、そこから信頼関係が生まれ、絆が深まっていきます。

4. 飼い主の心が癒される

癒されるのは犬だけではありません。

犬を撫でることで、脳からオキシトシンというホルモンが分泌されます。

これは最近では「幸せホルモン」「愛情ホルモン」などと呼ばれることもあります。

つまり、オキシトシンというホルモンは、人の心を穏やかにし、ストレス解消を促し、幸福感を感じることができるというホルモンなのです。

セラピー犬がいい例で、どんな状況の人でも犬を撫でることにより、多少なりとも心が救われることがあります。

私たちが愛犬を撫でてホッとするのは、オキシトシンの効果なのでしょう。

犬を撫でるときに注意すること

撫でられるのが好きな犬たち。

でも、どんな犬でも100%撫でられることがOKなわけではありません。

犬を撫でるときに、犬へのマナーとして3つ注意することがあります。

1. 初めて会う犬を撫でるとき

1番注意したいのが、初めて会う知らない犬を撫でるときです。

たまに、とにかく人が大好きで撫でて〜!と寄って来てくれる犬がいますね。

そんな犬なら、特に注意することもなく撫でてあげることが可能ですが、そうではなく、人見知りで怖がりな犬、警戒心が明らかにある犬などは、注意して撫でないと、犬が恐怖から噛み付いてしまう場合もあります。

ときに、人嫌いに輪がかかってしまうことがあるので、ぜひとも5つのルールを守りましょう。

① 飼い主さんにまず声をかけ、許可を得る

犬によっては、触ってもらいたくない場合があります。許可を取るのは最低限のマナーです。

② いきなり正面から触らない

犬は正面から向かってくるものを嫌います。大きな人間ならなおさら恐怖を感じます。

③ 立ったまま、上から見下ろして撫でない

犬の何倍も大きな人間が、上から犬を見下ろして撫でるのは、犬を覆うような状態になり、犬には不快さしかありません。

④ しゃがんで、犬から近づいてくるのを待つ

犬と同じ位置になり、向こうから興味を持ち、寄ってくるのを待つ余裕が犬にとって心地よい距離感になります。

⑤ 頭から撫でずに、背中などから撫でましょう

知らない人に、頭をガシガシ撫でられるのは、犬にとっては気持ちいいものではありません。

撫でられるのが好きな背中から撫でるようにします。

2. 気持ちよく寝ているとき

気持ちよくぐっすり寝ているとき、人の都合でいきなり撫でられるのは気持ちいいわけではなく、起こされてびっくりするだけです。

愛犬の場合、大抵は仕方ないな〜とばかりに怒りもせず撫でさせてくれますが、間違いなく犬のストレスになっています。

3. 何かに夢中になって興奮しているとき

おもちゃで遊んでいる最中や、他の犬たちと遊んでいるときなど、何かに夢中になって興奮しているときは、全神経がそっちに集中しているときです。

そんなときに、それを邪魔するように撫でられると、犬にとっては迷惑な行為でしかありません。

撫でるときには、興奮を落ち着かせてからにしましょう。

犬が撫でられて嬉しい場所

せっかく愛犬を撫でるなら、嬉しいと思う場所を撫でてあげたいですよね!

首回りとアゴ下・背中

アゴの下には犬がリラックスするツボがあります。

そこを撫でられるとウットリできるようです。

また首回りは、犬は常に自分よりも大きいものを見上げて生活しているので、どうしても常に凝り気味になります。

また、首から背中は筋肉や神経が繋がっていますので、そこを優しく撫でることで、筋肉の緊張が解けます。

耳の付け根とその後ろ

よく犬は自分の足で、カリカリカリッと耳の付け根を掻きますよね。

その要領で、優しく犬の耳の付け根を撫でながら優しく掻いてみましょう。

大半の犬は、目を細めて気持ちいい顔をします。

胸からお腹

お腹をゴロンと見せてくれるほど、愛犬が家族に気を許している信頼関係があれば、優しく胸からお腹にかけて撫でられることを喜びます。

たまに、自分から撫でて〜とお腹を見せてくる犬もいますね。

ただ、犬のお腹は急所でもあり、無理矢理お腹を向けさせて撫でるということは、絶対にしてはいけません。

後ろ足の付け根

アクティブに動く犬であれば、駆け足したり、ジャンプしたりしたときに、随分後ろ足の関節を使います。

自分ではうまくマッサージできない場所を、優しく撫でられると筋肉や関節がリラックスでき、犬が喜びます。

腰からしっぽの付け根

犬のしっぽは常に感情を表すために動いています。

当然、疲れますよね。

犬は、しっぽ自体を触られることは嫌いますが、しっぽの根元を優しく撫でられるのは好きなようです。

腰からしっぽにかけて優しく撫でてあげましょう。

犬が撫でられたくない場所

では逆に、撫でられたくない場所ってどこでしょうか。

それは、全身の末端部分になります。

  • しっぽ
  • 足先
  • 耳の先

なぜ?と思いますよね。

体の先端は、神経がたくさん集中しているので過敏なのです。

体中を触られることに慣れていないうちは、嫌がる犬が多いので注意しましょう。

ただし、口は歯磨き、足先は爪切り、耳の先は耳掃除の時に触らなければいけません。

そのため、普段から少しずつ嫌がられない程度に撫でることから始め、触られることに慣らしましょう。

まとめ

犬は、大好きな人に撫でられるのが大好きです。

その撫でられ方も、優しくが好きな犬、ワサワサと豪快に撫でられるのが好きな犬と様々います。

性格によって、撫でられて好きな場所が違ったり。

あなたの愛犬は、どんな撫でられ方が好みでしょう?

毎日撫でてあげる時に、いろいろ撫で方を変えて愛犬の反応を見てみるのも、楽しい時間になるのではないでしょうか。