愛犬が食べる最適な量を知って健康を維持しよう!


愛犬がご飯を喜んで食べている姿を見るのは、飼い主にとっても幸せな時間です。
それでは、愛犬にどのくらいの量の食事を与えていますか?
愛犬に適した量でしょうか?喜ぶ姿が見たいからとついおかわりを与えてしまっている人もいるかもしれませんね。
食事は犬にとっても健康の源です。
愛犬に正しい量の食事を与えて健康を維持していきましょう。

ダックスフンド​​​​​​​

犬が食べる餌の適正量とは?

犬は、基本的に目の前にある食べ物をあるだけ食べてしまう習性を持っています。
そのため、適正量よりも多くの量を与えているともちろんすべて食べてしまい、肥満や様々な病気を引き起こしてしまうことがあるでしょう。

逆に与える量が少なすぎる場合には、栄養不足になってしまうことが安易に予想できます。

健康的な毎日を送るためにも、愛犬に合った適正量を与える必要があります。
そしてその適正量は犬の体重や年齢、犬の健康状態によって異なってきます。

ドッグフードに記載されている給餌量は適正?

ドッグフードのパッケージには1日の給餌量が記載されています。
これを適正量だと思って与えている人も少なくないようですが、実はパッケージに記載された量はあくまでも目安の量になり、犬の年齢や健康状態によって量を調整してあげなければなりません。
中には、誤った解釈から記載されている1日の給餌量を、1回分だと思って与えてしまっている人も少なくないようです。
そうなるとカロリー過多となり肥満や消化不良の原因となってしまいますよね。

記載されている給餌量はあくまでも目安だということを理解し、愛犬それぞれに合った適正量を知りましょう。

適正量かどうかのチェック方法

現在与えている量が適正であるかどうかを確認するための簡単な方法として、便の状態でチェックすることができます。
柔らかすぎず硬すぎない、適度な固さの便が理想的な固さです。
便がカピカピやコロコロと硬すぎる場合には、食事量が少なすぎる証拠です。
逆に柔らかい便の場合には、食べたものを消化しきれていないことから食事量が多いと考えましょう。
またこの場合には、食事回数を見直してみることで便の状態が改善されることもあります。
犬の食事は1日数回に分けて与えるようにしましょう。

餌の適正量の計算方法

それでは、愛犬の餌の適正量はどのように計算すればよいのでしょうか。
一般的な計算式をご紹介します。

◆1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

※係数

  • 幼犬(0~4カ月):3.0
  • 幼犬(4~12カ月):2.0
  • 妊娠・授乳中のメス:2.0
  • 避妊・去勢手術を受けていない場合:1.8
  • 避妊・去勢手術を受けている場合:1.6
  • ダイエット中の場合:1.0

計算式で1日に与えるカロリーが出たら、与えているドッグフードのカロリーに置き換えて量を割り出しましょう。
さらに、これを1日に与える回数に分けて与えてあげるようにしましょう。

犬が食べる適正量 小型犬の場合

小型犬は、犬の大中小と分類されているサイズの中でも、体が小さいながらも一番エネルギーを必要とすると言われています。
また、食いムラが多いのも小型犬だと言われています。
そんな小型犬には、嗜好性が高く栄養豊富な高たんぱく高脂肪フードがおすすめです。

小型犬の適正量 計算例

それでは、小型犬の餌の適正量の計算例を紹介します。

◆1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

※係数は前項参照

例えば、体重5kgの避妊・去勢手術を受けていない小型犬の場合、
(体重5kg×30+70)×1.8=396kcal  となります。

つまり、1日に必要とするカロリーが396kcalなので、これを与えているドッグフードのエネルギー量に置き替えて量を割り出すことで1日の適正量となります。
さらに1日に与える食事回数に分けてあげましょう。

犬が食べる適正量 中型犬の場合

中型犬は、コーギーやビーグルなど運動量が多く活発な犬種が多いです。
運動によって体内で発生する活性酸素は、抵抗力や免疫力を低下させたり、体内の細胞や組織の老化を早める要因となるため、運動量の多い中型犬はできるだけ抵抗力や免疫力をサポートしてくれる高タンパクで適度な脂質のフードがおすすめです。

中型犬の適正量 計算例

それでは、中型犬の餌の適正量の計算例を紹介します。

◆1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

※係数は前項参照

例えば、体重15kgの生後5か月の幼犬の場合、
(体重15kg×30+70)×2.0=1,040kcal  となります。

1日に必要とするカロリーが1,040kcalなので、これを与えているドッグフードのエネルギー量に置き替えて量を割り出すことで1日の適正量となります。
さらに1日に与える食事回数が3回なら3回分に分けてあげましょう。

犬が食べる適正量 大型犬

ゴールデンレトリバーやバーニーズマウンテンドッグなどの大型犬は、その大きな体を支えるための関節や心臓への負担に配慮が必要となってきます。
また、意外にも大型犬は消化器官が敏感で便がゆるくなりがちな傾向があります。
そのため小型犬用のような高タンパク高脂肪のフードだと、下痢や皮膚疾患の影響が出る場合があります。
大型犬用の栄養バランスのとれたドッグフードを選んであげると良いでしょう。

大型犬の適正量 計算例

それでは、大型犬の餌の適正量の計算例を紹介します。

◆1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

※係数は前項参照

例えば、体重25kgの避妊・去勢手術を受けている大型犬の場合、
(体重25kg×30+70)×1.6=1,312kcal  となります。

1日に必要とするカロリーが1,312kcalなので、これを与えているドッグフードのエネルギー量に置き替えて量を割り出すことで1日の適正量となります。
さらに1日の食事回数に分けて与えてあげましょう。

さいごに

愛犬の1日の適正量について紹介しましたが、ここで忘れていけないのは「おやつ」です。
本来犬におやつは必要性がないものですが、コミュニケーションやしつけに一躍買ってくれるアイテムです。
しかし、このおやつも1日の適正量カロリーに含めて計算しなければなりません。
市販のおやつは嗜好性を高めるため高カロリーなものが多く、小型犬であれば食事量に影響が大きく出てしまうこともあるでしょう。

そのため、できる限り低カロリーなおやつを選ぶようにする、フードにトッピングアイテムを加えてかさ増しする、おやつを与える時は運動を多めにするなどの工夫をして、上手に与えていくようにしましょう。

犬の健康をつくるのは主食だということを念頭においてコントロールしてあげましょう。