マルチーズが震えるのはなぜ?震えから読み取るサイン

マルチーズなどの小型犬はよく震えます。人間と同じように寒いときや怖いとき、またトイレを我慢しているときに震えることが多いのですが、中には重大な病気のサインのときもあります。犬は言葉が話せないので、体の不調を震えというサインで訴えることがあります。愛犬のマルチーズがなぜ震えているのかを見極めて、対処法を考えてみましょう。

マルチーズが震える主な原因

マルチーズが震える主な原因は人間にも起こりうる理由のことが多いです。

一番に考えられるのは寒さ。

マルチーズのように小さい犬は寒がりのことが多いです。

また何かに怯えている、怖がっているときにもよく震えます。

トイレを我慢しているとき、どこかが痛いのを我慢しているときにも震えることがあります。

怒っていたり喜びすぎたりして興奮状態に陥ったときにも震えることがあります。

風邪などの病気で体温が上がっているときにも震えることが多いので、体調が悪くないのかどうか、気をつけてあげるようにしなければなりません。

マルチーズによくある「犬震え病」とは?

マルスチーズがよく起こしてしまう病気に「犬震え病」があります。

犬震え病は精神系疾患で、興奮したときや極度にストレスを感じたときに体が小刻みに震えます。

悪化するとてんかんを起こしてしまうこともあります。

マルチーズはデリケートでストレスを受けやすい犬種なので、特に犬震え病にかかりやすいと言われています。マルチーズがストレスをあまり感じないようにする環境づくりが大切です。

マルチーズ,震え

マルチーズが震えるときの対処法

マルチーズが寒いときや、怖い思いをしているときなどに震えるのは一時的なものですので、寒い状態や怖い状態を脱すると自然に震えは治まります。

しかし、いつまでも震えが止まらない場合は注意が必要です。

マルチーズの震えには重大な病気が隠れているというサインであることもありますので、震え出した時間や状態を覚えておいて動物病院に行きましょう。

部屋が寒くてよく震える場合は、マルチーズがいる環境を暖かく保てるようにしてあげましょう。

マルチーズが震えるのはなぜ?震えから読み取るサイン まとめ

マルチーズが寒くて震えていることはよくあることなので、あまり気にしなくなっている飼い主さんも多いことでしょう。

寒さによる震えは暖かくしてあげれば治まります。しかし場合によっては重大な病気が隠れている場合があります。いつもと様子が違う、いつまでも震えが止まらないなどの場合は、すぐに動物病院で診てもらうようにしましょう。