チワワの噛み癖直したい!でも、マズルコントロールまで必要?

チワワの噛み癖に悩んでおられる方は多いと思います。また、噛み癖については、他人も飼い主さんも不幸になりかねませんので、直した方が良いでしょう。しかし、噛み癖っていったいどうすれば直るのでしょう?マズルコントロールってよく聞くけど、一体なんなの?どういう方法なの?そんな疑問にお答えします。

どうして噛むの?

そもそも、何故チワワは噛むのでしょうか?もちろん噛まない子もいますよね?その違いは一体なんなのでしょう?いくつか原因が考えられますが、幼少期の環境が原因であることもあります。犬は、生まれてから一般家庭の家庭犬になるまでに、親犬や兄弟犬と過ごすことで社会化を学びます。その中で、「加減」というものを知って行くのです。生まれて早々に親犬や兄弟ワンコから引き離されて、社会化ができてない犬は、加減がわかりません。ですので、「これ以上やってしまうと、相手を怒らせる、相手に危害を加える」ということがわからないのです。それは、結果的に癖となって残ってしまうことがあります。

マズルコントロールってなに?

タイトルにもあります、「マズルコントロール」って、一体なんでしょう?それは、犬の口吻を軽くつかみ、服従的な立場を認識させる事を言います。犬は、口を掴まれることを嫌がりますので、これを行うことで、自分(人間)の方が犬よりも優位であると示す方法です。これも一つの方法には違いないのですが、あまり強くやりすぎると場合によっては命にかかわることがあります。 特に、幼犬に対してマズルコントロールは避けた方が良いでしょう。また、チワワはもともと短鼻種と言って鼻が短い犬種ですので、そもそもマズルコントロールには不向きの犬種です。掴むほどマズルが長くないからです。それよりも、原因を追究してその原因に対応した躾をする方が早く的確に直すことができます。

チワワのような小型犬に効果的な躾け方法

では、チワワの噛み癖にはどのような方法が効果的なのでしょう?お留守番が多い場合はどうしてもストレスが溜まりがちです。ですので、それが噛むという行動で発散してしまう場合があります。このような場合は、何かおもちゃなど噛んでもいいようなものを与えてあげましょう。飼い主さんの手を噛もうとしたら、強く「ダメ」と言い、その後噛むための玩具やガムを与えます。それを噛みだしたら褒めるというような方法が効果的です。 噛むための玩具として、ストレス解消になるような感触の玩具や音のなる玩具などがペットショップで販売されているので、一度試されてはいかがでしょうか?

急に凶暴になったら、その原因は?

注意すべきは、今まで噛まなかったのにいきなり噛むようになった。どこかを触ると噛むようになったなどの場合は、病気や怪我の疑いがあります。普段噛まない子が、我慢できずに相手を噛んでしまう場合は、よほどどこか苦痛なのでしょう。このような場合は、すぐに獣医師に相談しましょう。 ほっておくと手遅れになる可能性がありますし、老犬の場合は痴ほう症である可能性も高く、早めの検診が重要になってきます。噛まれるとお世話もできませんし、何かと困ることもでてきますので、早めの対処が必要です。

飼い主さんがしっかりした信念を持とう

噛み癖にしても、吠え癖にしても、とにかく飼い主さんが芯をしっかり持って、愛犬と向き合うことが大切です。ある時は怒るがある時はなーなーになってしまうでは、チワワもどうしていいのか迷ってしまいます。可愛い愛犬だからこそ、ダメなものはダメ、褒めるときは思い切り褒めるというようなメリハリが躾には一番必要なことでもあります。