ケリーブルーテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ケリーブルーテリアの基本情報

ケリーブルーテリアは、アイルランドを原産とする犬種です。
アイルランドの正式な国犬としても指定されています。
狩猟犬として活躍し、番犬としても相応しい能力を持ち合わせています。

アイルランドでは一般的な犬種ですが、それ以外の国では飼育数が少なく認知度も高くはありません。
日本国内での飼育頭数も少ない犬種ですが、国内にブリーダーも存在し、毎年国内で飼育登録が行われています。

ケリーブルーテリアの歴史

ケリーブルーテリアの歴史
~ルーツ~

ケリーブルーテリアは、アイルランドのケリー州を原産とする古いテリア種です。
18世紀にはすでに犬種として成立していたと考えられています。

ルーツは定かとなっていませんが、「アイリッシュテリア」「ロズベリーテリア」「ベドリントンテリア」などのテリア種が掛け合わせて作り出されたと推測されており、最も古い記録として1847年ごろの文献に登場していますが、それまでの詳しい経緯は分かっておりません。

当時からネズミやウサギを始め、深い水の中でカワウソを捕らえたり、地中でアナグマを捕らえるなどの狩猟犬として、また、牛や羊などの牧畜を守る護衛犬や牧畜犬として幅広く活躍していました。

その後1920年代になると、美しいブルーの毛色が人目を惹き、ドッグショーにも出展されるようになり、人気を集めるようになりました。

ケリーブルーテリアの歴史
~「ブルーデビル(青い悪魔)」と呼ばれる理由~

ドッグショーで人気を博してから、イギリスやアメリカなどに輸出されることになりましたが、狩猟犬としての強いテリア気質から「ブルーデビル(青い悪魔)」と呼ばれるようになりました。
その気性の荒さから家庭犬としては普及できず、第二次世界大戦の影響でその数は減少してしまいました。

それでも、優秀な猟犬などの使役犬としての働きは継続しており、戦後になると愛好家たちの手によって家庭犬としても飼いやすいよう性格面を含めた改良が行われました。
その結果、少しずつ家庭犬として飼育されるようになっています。

ケリーブルーテリアの特徴

  • 体重15~18kgの中型犬
  • 筋肉質でプロポーションの良い体
  • 全体的に角ばった印象
  • 成長に伴ってブルーの毛色に変化する

ケリーブルーテリアの特徴
~大きさや身体的特徴~

ケリーブルーテリアは、体高44~51cm体重15~18kgの中型犬です。
真っすぐの長い足に、体長より体高がやや長く筋肉質な体を持っていて、地中でも地上でも害獣を駆除することのできる狩猟犬として優れた能力を持っています。
耳は半垂れ耳で、尻尾は真っすぐ上向きの尻尾が良いとされていますが、先の曲がった垂れ尾もいます。

ケリーブルーテリアの特徴
~被毛の種類や毛色~

ケリーブルーテリアの生まれたときの毛色は、ブラックやタン、シェードなどの毛色で生まれてきますが、成長に伴いブルーの色調へと変わっていきます。
ただし、ショードッグとしては、生後18か月までに毛色に変化がない場合は失格になってしまいます。

毛質は、カールをした羊毛状のコートが全身を覆っていて、テリア種には珍しいシングルコートです。

イングランドではトリミングが義務付けているのに対し、 原産国アイルランドでは、作業犬としての能力を重視され、トリミングが禁止されているといった変わった特徴を持ちます。

トリミングスタイルは、口髭もしくは口髭と眉毛を長く残し、体全体を少し短めにカットするスタイルが一般的です。

ケリーブルーテリアの性格・気質

  • 好奇心旺盛で活動的
  • 侵入者や他の動物・犬は容赦ない反応を示すことも
  • 飼い主には忠実で愛情深い
  • 「ブルーの命知らず」と呼ばれる勇敢な犬

ケリーブルーテリアの性格・気質
~典型的なテリア気質を持つ~

好奇心が強く活動的で、気の強いテリア気質を持っています。
「ブルーの命知らず」とも呼ばれていたほどの勇敢で負け知らずな性格で、「ブルーデビル(青い悪魔)」とも呼ばれるほどの気性の荒さを持っています。
気性の荒さは改良されてきましたが、見知らぬ人に対しては懐かず、短気で人や他の犬や小動物に対して攻撃的になることもあるようです。
警戒心や縄張り意識が強い、番犬として優れた性格とも言えます。

ケリーブルーテリアの性格・気質
~限られた人にだけ見せる愛らしい一面~

ケリーブルーテリアは、気性の荒い性格を持ってはいますが、飼い主家族に対してはとても愛情深く友好的で、従順な性格をしています。
見知らぬ人に対して警戒しても、それは最初だけで敵でないと判断すると打って変わって愛想を振り撒き歓迎するような性格も持っています。
誰にでも媚びることはなく、限られた人にだけ見せる愛らしい一面を持っているのです。
そして、いざという時には飼い主さんを守るため勇敢に立ち向かう頼れる存在となってくれるでしょう。

ケリーブルーテリアの飼い方・しつけ

ケリーブルーテリアの飼い方①
~飼育環境~

ケリーブルーテリアは、温暖な地域では屋外で飼育することもできますが、基本的には、室内で飼育し外でも運動できるような環境で育てることが理想的だと言われています。

どちらにしても、ケリーブルーテリアは縄張り意識が強く、外部からの侵入者には時に攻撃するようなこともあります。
宅配の人や近所の人に迷惑にならないような配慮も必要となります。
来客時にもハウスやサークル内で待てるようトレーニングもしておきましょう。

また、ケリーブルーテリアはシングルコートの犬種のため、寒さは苦手です。
寒い冬の季節には寒さ対策が必要となるでしょう。

ケリーブルーテリアの飼い方②
~運動はたくさん必要~

中型の狩猟犬とだけあり、運動量は多く必要です。
エネルギッシュな犬種でもあるため、精神的にも肉体的にも刺激に富んだ散歩や運動をしてあげると良いでしょう。
運動欲求を満たしてあげないと、ストレスが溜まって、吠える、噛む、物を壊すなど、犬特有の問題行動を引き起こすこともあります。

散歩は1日2回、それぞれ1時間を目安に連れて行ってあげましょう。
ボール遊びなどのゲームの他にも、リーダーウォークのトレーニングをすることで、飼い主の指示に集中するなど精神的な満足感も得られるようになるでしょう。

小動物を見つければ追いかけたり、他の犬に売られたケンカは必ず買うような犬種なので、例えドッグランなどでもオフリードにはしないようにした方が良いでしょう。

ケリーブルーテリアのしつけ
~威厳を持って、根気強く~

賢くて学習能力も高いケリーブルーテリアですが、独立心が強く頑固な一面もあるので、しつけは簡単ではないようです。
上下関係を作って、しつけをしていかないと軽く見られてしまいます。
子犬の頃から遊びを通じて信頼関係を築き、日々の一貫とした接し方でケリーブルーテリアのリーダーとなって根気強く接していきましょう。

また、力付くでのしつけは、ケリーブルーテリアの持つ気の強さから反発心を増してしまいます。
褒めて育てることを基本に、いけないことをした時は叱ると威厳を持って接していきましょう。

ケリーブルーテリアのお手入れ

ケリーブルーテリアのお手入れ①
~抜け毛は少ない?~

ケリーブルーテリアは、モコモコとした巻き毛で抜け毛が多そうにも見えますが、シングルコートなので抜け毛は少ない犬種です。

ただし、この巻き毛は、ホコリやゴミが絡まりやすく毛玉にもなりやすい特徴を持っていますので、 定期的なブラッシングが必要となります。
ブラッシングを怠ると、すぐに毛玉となってほぐすのが大変になる他にも、皮膚病を引き起こす原因にもなります。
できれば毎日、少なくても週3~4回を目安にブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

また、特徴的なヒゲは特に食後などは汚れてしまいますので、ブラッシングとヒゲの手入れを習慣化させておくと良いでしょう。

ケリーブルーテリアのお手入れ②
~トリミング~

ケリーブルーテリアは、トリミングが必要な犬種です。
原産国アイルランドではトリミングが禁止されているということもあり、必ずしもカットしなければならないというわけではありませんが、カットせずに長期間放置しておけば、見た目も良くない上、衛生面でも問題が出てくるでしょう。

トリミングというのはカットの他にも、爪切り、耳掃除、肛門腺絞り、シャンプー、ブラッシングなどの全てを含めてトリミングとなります。
自宅でできることは自宅で、できないことはプロに委ねてケリーブルーテリアのお手入れをしてあげましょう。

ちなみに体臭は少ない犬種ですが、月1回のシャンプーを目安に清潔を保ってあげましょう。

ケリーブルーテリアの注意する病気

ケリーブルーテリアの平均寿命は、12~15年と言われています。

比較的頑健な犬種と言われていますが、注意しておきたい病気として眼疾患があります。
中でも「眼瞼内反症また外反」「結膜炎」「白内障」「緑内障」などです。
定期的な健康診断では目のチェックもしてもらいましょう。

ケリーブルーテリアの注意する病気①
~眼瞼内反症~

眼瞼内反症とは、まぶたが内側に巻き込まれる疾患で、逆さまつげや炎症を起こしてしまう病気のことです。
角膜や結膜角にまつ毛が刺さるため、目やにや涙が出やすくなったり、痛がることや目が開けられないなどの症状が見られます。
軽度の場合ではまつ毛を抜く処置を取り、重度の場合では整形手術を行います。
症状が見られたら早めに動物病院で処置してもらいましょう。

ケリーブルーテリアの注意する病気②
~進行性神経疾患(小脳アビオトロフィー)~

稀な疾患ではありますが、ケリー・ブルー・テリア特有の疾患で、身体の神経が少しずつ蝕まれ、次第に全身の機能が衰えていく神経系の病気です。
原因には、ウィルス感染や脳内出血などが考えられますがはっきりしていないことも多く、決定的な治療法はありません。
経過観察をして治る子もいれば、手術をしても改善されずに進行が進んでいく場合もあります。
後ろ足を引きずって歩いたり、足腰がふらついているなどの症状が見られたら早めに動物病院で診てもらいましょう。

ケリーブルーテリアの注意する病気③
~股関節形成不全~

股関節形成不全は、股関節の発育または成長に異常が見られる疾患のことです。
成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。
軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。
遺伝的要因も多い病気と考えられているため、親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

ケリーブルーテリアの子犬の販売価格

子犬の販売価格。入手はブリーダーから

ケリーブルーテリアの子犬の販売価格は、約25万円です。

ペットショップで見かけることは、ほとんどない犬種です。
国内にブリーダーさんがいらっしゃるようですので、ブリーダーから直接引取ることが一般的な入手方法となります。

ケリーブルーテリアについて さいごに

「ブルーデビル(青い悪魔)」と呼ばれるだけあり、初心者にはおすすめできない犬種です。
運動量も多く必要なので、知識と経験、時間や経済力も必要となるでしょう。
家族でどこまで協力し合えるのかよく話し合ってから迎え入れるかどうか決めるようにしましょう。
手がかかる子ほど可愛いとも言いますが、こうして迎え入れたケリーブルーテリアとは、きっと強い絆で結ばれることでしょう。