【動物看護士が解説】犬のクッシング症候群の症状と原因から治療法。飼い主さんができる予防法について


犬,ポメラニアン

犬のクッシング症候群の症状

クッシング症候群とは、別名、副腎皮質機能亢進症と呼ばれるホルモンの過剰分泌によって、様々な症状がみられます。どのような症状が出てくるのか、挙げていきます。

多飲・多尿

クッシング症候群の一番多くみられる症状は、この多飲・多尿です。クッシング症候群を発症すると、のどが渇くようになり水を大量に飲みます。大量に水を飲むために、尿の量や回数が増えます。この症状は、飼い主さんも比較的気が付きやすい症状です。

肥満

クッシング症候群の症状の一つに、多食もあります。ホルモンの病気のために、ホルモンバランスが崩れてお腹もすくようになり、普段よりもよく食べるようになったり、1日量よりも食べ物をやたら欲しがるようになったりします。そして、クッシング症候群になっていることに気が付かずに食べ物を多く与えると、肥満に繋がります。

皮膚が薄くなる

皮膚が薄くなるという症状は、クッシング症候群の特徴的な症状の一つです。毛艶もなくなり、皮膚の質感が変わっていくのが分かります。触った感じも薄くなっているというのが実感できるようになってきます。

左右対称の脱毛

左右対称の脱毛という症状も、クッシング症候群の特徴的な症状の一つです。通常の皮膚病などからくる脱毛はきれいに左右対称になることは少ないです。クッシング症候群の左右対称の脱毛は、背中の毛に分かりやすく出ます。だんだん毛が薄くなり、毛質も変わってきます。

腹部膨満

腹部膨満という症状もまた、クッシング症候群の特徴的な症状の一つです。症状がひどければ、お腹が地面についてしまうほど下に垂れてくるので、特徴的な体型になります。これは、体の筋肉が脱力や萎縮、筋力が落ちてくるために、内臓を筋力で支えられなくなったり、足の筋力が落ちてきたりします。これを、クッシング体型とも呼ばれます。

パンティングが増える

パンティングとは、通常運動した後や熱い環境下において、体温調節を行うために口を開けてハアハアと呼吸をすることをいいます。クッシング症候群の症状の一つとして、このパンティングが増えることもあります。

神経症状

クッシング症候群の状態が悪いと、発作やふらつき、意識障害などの神経症状がみられることもあります。

他の病気の併発

クッシング症候群を発病していると、糖尿病や甲状腺機能低下症などの他のホルモンの病気を併発する可能性が高くなります。併発すると、それらの病気の症状も同時に見られるようになります。

犬のクッシング症候群の原因

クッシング症候群の原因は、副腎という腎臓の上にある内分泌器官からコルチゾールというホルモンが慢性的に過剰に分泌されることによって引き起こされます。

また、脳の内分泌器官である下垂体というところに、腫瘍ができたり何らかのトラブルが起こったりすることによって正常に機能しなくなり、ACTHという副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌されることによる、下垂体性の原因が80~90%を占めるといわれています。

そして、副腎自体に腫瘍ができることによって正常に機能しなくなる原因が10~20%を占めるといわれています。

その他の原因として、ステロイド剤を長期的に投与している場合に医原性に起こる場合もあります。

犬のクッシング症候群の治療法

クッシング症候群の治療法には、内科療法・外科療法・放射線療法がありますが、その多くは内科療法や外科療法です。

内科療法では、副腎からのコルチゾールの産生を抑制する働きのある薬を投与します。このように投与をある程度続けていき、定期的に検査をして薬の量を調節するなどをして様子を見ていくという治療法が一般的です。内科療法がうまいこと行けば、症状も治まることも多いです。

外科療法では、副腎腫瘍が原因の場合にその腫瘍を手術によって取り除くという治療法です。腫瘍が原因の場合でも、内科療法が選択される場合も多いです。

クッシング症候群になりやすい犬種

クッシング症候群になりやすい犬は、基本的に7歳以上の高齢犬に多くみられます。

また、副腎腫瘍はオス犬になりやすいともいわれています。

犬種別だとどの犬種になりやすいかを挙げていきます。

小型犬

  • ミニチュアダックスフンド
  • チワワ
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • テリア種

中型犬

  • ボストンテリア
  • ビーグル

大型犬

  • ジャーマンシェパード
  • ボクサー

飼い主さんができるホームケア

愛犬がクッシング症候群になってしまっても、飼い主さんが家で出来ることはあります。飼い主さんの家でのホームケアや看病によって、クッシング症候群の症状の悪化を防ぐことができたり、改善されたり、安定することはあります。

具体的にどのようにホームケアを行っていけばいいのでしょうか。

薬を確実に投与する

内科療法だと、基本的には薬の投薬がメインになります。獣医師の指示に従い、きっちりと投薬することで症状は改善されることがほとんどです。この投薬を忘れてしまったり、投薬を途中でやめてしまったりすると効果が薄れてしまいます。飼い主さんが家で出来る一番大切なことは獣医師の指示に従ってしっかり投薬方法を守るということです。そして、定期的な検査を受けることをおすすめします。

ストレスを与えない

クッシング症候群は、日常のストレスでも症状が悪化してしまうことがあります。

例えば、分離不安の犬の場合には飼い主さんが長期間家を留守にしたり、同居しているペットとの性格が合わなかったり、家族が増えるなどの家庭内の変化が愛犬にとって強いストレスになっている場合があります。特にストレスに弱い神経質ぎみな性格の子だと、このようなストレスに気を遣ってあげなければいけません。

食餌の量の管理

クッシング症候群の症状の一つにある肥満は、飼い主さんの食餌の管理によるものも多いです。クッシング症候群になると、通常時よりもお腹がすきやすくなりいつもの食餌量よりも多く欲しがる様子を見せる犬も少なくはないです。ここで、また与えてしまうことによりだんだん体重が増えて肥満になります。また、肥満は糖尿病などの他の病気の原因ともなりますので注意が必要です。愛犬の届くところに食べ物をおかないことや、食事管理や体重管理も飼い主さんのできることの一つです。

併発病の管理・予防

クッシング症候群になると、他の病気も併発しやすくなります。糖尿病や他のホルモン系の病気に加え、膿皮症などの皮膚病も発症しやすくなります。他の病気を併発すると、さらにストレスがかかってしまうために病気の悪化につながってしまいます。皮膚病に関しては、適切なシャンプーを使用したり早めに動物病院に相談したりしましょう。また、皮膚が薄くなるので、ブラッシングをするブラシの見直しや、やさしく皮膚を拭いてあげることを日課にすることで、予防や早期発見にもつながります。