ベルジアングリフォンの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ベルジアングリフォンの基本情報

ベルジアングリフォンは、ベルギーを原産とする小型犬です。
「グリフォン」とは、フランス語で“針金のような”を意味し、黒いワイヤー状の被毛を持ちます。
また、ベルギーグリフォンと呼ばれていることもあります。

同じくベルギー原産の「ブリュッセルグリフォン」「プチブラバンソン」とは兄弟犬種で、日本では2002年まで同一犬種「ブリュッセルグリフォン」として扱われていました。
原産国ベルギーでは、古くから貴族の寵愛を受けて可愛がられてきた犬種で、現在でもポピュラーな犬種として人気があります。

小型犬人気の強い日本でも、近年ベルジアングリフォンの飼育数は徐々に増えつつあるようです。

ベルジアングリフォンの歴史

ベルジアングリフォンの歴史
~ルーツ~

ベルジアングリフォンは、ベルギー原産の「ブリュッセルグリフォン」から派生した兄弟犬種です。
ブリュッセルグリフォンは、1800年以前のベルギー・ブリュッセルで「アーフェンピンシャー」や「グリフォン」と呼ばれる地犬を元に生まれた犬だと考えられています。
食物を荒らすネズミなどの害熟駆除を得意とし、愛らしい振舞いからも一般家庭ならず上流階級の間にも人気が広まっていきます。
その後、鼻ぺちゃ(短吻種)ブームによってパグと、小型化するためにヨークシャーテリアと、狩猟犬から愛玩犬化するためにキングチャールズスパニエルと交配されていきました。

パグとの交配によって短毛の個体が生まれることになり、後に「プチブラバンソン」として扱われるようになります。
そして、ヨークシャーテリアの黒い被毛を受け継ぐ個体が生まれるようになります。
その個体が「ベルジアングリフォン」として公認されることになったのです。

ベルジアングリフォンの歴史
~ブリュッセルグリフォンからベルジアングリフォンになるまで~

ベルジアングリフォン・ブリュッセルグリフォン・プチブラバンソンの3種類の扱いは、現在でも同じ母犬からそれぞれの子犬が生まれることもあるため、単なる「同じ犬種の毛色・毛質違い」とする国も少なくありません。
原産国ベルギーでも、元々は「ブリュッセルグリフォン」と同一犬種として扱われていましたが、1880年代に別犬種として扱われるようになりました。
日本でも、2002年に別犬種として公認されています。
国際畜犬連盟FCIでもそれぞれの犬種として公認登録されていますが、各国のケネルクラブでは、犬種をすべて同じ犬種のバリエーションとして公認していたり、ベルジアンとブリュッセルを同一犬種、ブラバンソンを別犬種として公認しているケネルクラブもあります。

ベルジアングリフォンの特徴

  • 体重2.5〜5.5kgの小型犬
  • 鼻ぺちゃ顔に口髭、顎鬚、眉毛が印象的
  • ワイヤー状のラフコート
  • 毛色はブラック・アンド・タンが基本

ベルジアングリフォンの特徴
~大きさや身体的特徴~

ベルジアングリフォンは、体高18〜20cm、体重2.5〜5.5kgの小型犬です。
体の大きさの割に、大きく丸い頭部を持ち、鼻ぺちゃ顔には口髭、顎鬚、眉毛が生えています。
耳は垂れ耳のボタン耳で、断耳して立ち耳にされることもあり、尻尾は垂れ尾で短く断尾されることもありましたが、いずれも現在は動物愛護の観点から行われなくなってきています。

ベルジアングリフォンの特徴
~被毛の種類や毛色~

ベルジアングリフォンは、フランス語で“針金のような”を意味するグリフォンの名前を持つ通り、ワイヤー状のゴワゴワとした毛質のラフコートです。
毛色はブラック・アンド・タンが基本となります。
ベースカラーはブラックで、目の上やマズル、胸部や腹部などにタンのマーキングが入ることもあり、レッドやブラウンが混じる場合もあります。

ベルジアングリフォンの性格・気質

  • 明るく友好的
  • 番犬には不向き
  • 飼い主の行動をよく観察
  • 賢くてもしつけは気長に

ベルジアングリフォンの性格・気質
~明るく優しい愛玩犬~

ベルジアングリフォンは明るくて優しい犬種です。
飼い主には愛情深く、小さな子どもさんや他の犬とも仲良くなることができる友好的な性格でもあります。
警戒心を持ち見知らぬ人に対して吠え立てるようなこともありますが、人見知りするのは最初だけで、友好的な相手にはすぐに慣れてしまうことも多いようです。
番犬向きと言われるブリュッセルグリフォンとは違って、番犬には向いていないでしょう。

ベルジアングリフォンの性格・気質
~優れた観察眼~

ベルジアングリフォンの特徴は、家族の行動や指示を日常的によく観察することができることです。
観察眼が鋭く、またそれを理解する能力も持ち合わせています。
ただし猟犬の気質から少し頑固でめげない面もあります。
そのため、しつけでは根気強く向き合っていく必要があるでしょう。

ベルジアングリフォンの飼い方・しつけ

ベルジアングリフォンの飼い方①
~室内飼育でコミュニケーションを大切に~

ベルジアングリフォンは、暑さも寒さも苦手とします。
鼻ぺちゃの犬種は、体内に熱をため込みやすく熱中症になりやすいと言われています。
また、ベルジアングリフォンはシングルコートで下毛がないため、寒さも苦手なのです。
そんなベルジアングリフォンを飼う場合には、快適に過ごせる室内飼育が基本となるでしょう。

明るく活発、一方で繊細な面も持ち合わせているため、室内でも十分なコミュニケーションを大切にして遊んであげましょう。

留守番も比較的得意ですが、イタズラ好きな一面があるので留守番中の誤食や事故がないよう注意してあげてください。

ベルジアングリフォンの飼い方②
~散歩や運動量~

ベルジアングリフォンは小型犬なので、運動量はそれほど多く必要ありません。
室内でゲームをするだけでも運動量的には大丈夫ですが、備え持った社会性を伸ばすためにも、できるだけ毎日、 散歩は1日1~2回、20分程度を目安に連れて行ってあげましょう。

運動欲よりも精神的な刺激を求めます。
ボール遊びなどのゲームを取り入れてあげたり、他の犬と上手に接することもできるのでドッグランで遊ばせてあげると良いでしょう。

ベルジアングリフォンのしつけ

ベルジアングリフォンは、飼い主のことを注意深く観察し状況判断ができる賢い犬種なので、教えたことは覚えてくれますが、頑固な面から時間を必要とすることも多いようです。
できるだけ柔軟な子犬の時期からしつけを始め、根気強く教えてあげましょう。
明るく遊ぶことが大好き犬なので、遊びの中で褒めながら伸ばしていくと良いでしょう。
持ち前の社会性を最大限引き伸ばしてあげるためにも、子犬期から若犬の時期には他の犬と積極的に遊ばせてあげましょう。

ベルジアングリフォンのしつけ①
~無駄吠え~

警戒心から無駄吠えをしてしまうことがあります。
体が小さい割には大きな声で鳴くため、近所迷惑になりかねません。
できるだけ子犬期に、様々な場所や音、香り、人や他の犬などと接する機会を作り、たくさんの経験をさせて「知らないもの=怖いもの」を減らしてあげましょう。
また、警戒吠えや要求吠えなどで吠えている時には、決して応じず無視をして、鳴き止んだ時に褒めてあげていく基本スタンスを守っていきましょう。
そうすることで、「吠える=無視される」⇒「静かにする=褒められる」と認識していくでしょう。

ベルジアングリフォンのお手入れ

ベルジアングリフォンのお手入れ①
~抜け毛は多い?臭いは?日々のお手入れ~

ベルジアングリフォンの被毛は粗い中長毛ですが、シングルコートのため抜け毛が少ない犬種です。
ただし細く絡まり毛質のため、こまめなブラッシングが必要です。
できれば毎日、少なくても週3~4回はコームで梳かしてあげましょう

体臭は、強いというわけではありませんが、それなりに体臭はあります。
シャンプーは月1回程度を目安に入れてあげましょう。

同時に目に毛が入ってしまわないよう、すきバサミなどでカットもしてあげてください。
トリマーさんにお願いしても良いでしょう。
寒がりの犬種なので、冬場はカットしすぎないように注意しましょう。

また、口周りの被毛は、食後などに汚れがちですので、こまめに拭き取ってあげてください。

ベルジアングリフォンのお手入れ②
~歯磨き~

犬の歯は、虫歯になりにくいですが歯周病になりやすい特徴があります。
特に室内飼育の小型犬に多い傾向があると言われていますので、室内飼育のベルジアングリフォンにおいても歯磨きを習慣化するようにしましょう。

まずは子犬のうちから、口に触れられることに慣れさせることから始め、ガーゼなどを使ってやさしくこする歯磨きで少しずつ奥歯まで磨けるようにしていくと良いでしょう。
慣れてきたら歯ブラシを使った歯磨きに切り替えていきましょう。
できれば毎日、少なくても2日に1回は行ってあげましょう

ベルジアングリフォンの注意する病気

ベルジアングリフォンの平均寿命は、12~14歳です。

頑健で遺伝的疾患が比較的少ない犬種だと言われていますが、短頭種に多い呼吸器系疾患や熱中症には十分に注意しましょう。
短頭種のため、頭が大きく出産がとても難しい犬としても知られています。
多くの場合帝王切開での出産となるようです。
また、麻酔のリスクも持っていますので病気の早期発見早期治療が大切です。

ベルジアングリフォンの注意する病気①
~短頭種気道症候群~

短頭種がなりやすい気道の病気をまとめて「短頭種気道症候群」と呼びます。
いずれの病気も、いびきや呼吸困難、呼吸が荒い、咳、呼吸時に音がするなどの症状が見られます。
肥満を予防することで発症するリスクを軽減することができるため、食事と運動の管理をして肥満を予防していきましょう。

短頭種気道症候群 1.気管狭窄

気管の一部が細くなっている状態を気管狭窄と呼びます。

短頭種気道症候群 2.軟口蓋過長症

口腔内の天井部から後方にのびた柔らかい軟口蓋が通常よりも長いことで呼吸が妨げられておこる呼吸器系の疾患です。
通常の犬種と同じ長さだとしても、短頭種にとっては長すぎるため起こります。
先天性疾患であることがほとんどですが、症状は高齢になってから現れることもあります。
症状がひどい場合には外科的に切除する必要があります。

短頭種気道症候群 3.鼻腔狭窄

鼻の穴が狭いことにより、呼吸がしづらくなる苦しい病気で先天性であることがほとんどです。
症状がひどい場合には、外科的に鼻の穴を広げる手術が必要になります。

ベルジアングリフォンの注意する病気②
~膝蓋骨脱臼~

小型犬に多い病気で、膝のお皿が外れる脱臼の病気です。
足への負担が重なることで起こりやすくなります。
症状が軽い場合には、必要によって痛み止めを投薬しながら自然に治るのを待ちますが、症状が重い場合には手術が必要となります。
足にかかる負担を減らすことで予防することができるので、肥満にならないよう注意することと、フローリングへの滑り止めや段差の軽減し高いジャンプをさせないようにするなどして予防しましょう。

ベルジアングリフォンの子犬の販売価格

ベルジアングリフォンの子犬の販売価格は、だいたい25万円~40万円近くすることもあります。
難産なうえ、1度に生まれる頭数も少なく希少な犬種のため、犬種の中でも相場が高い傾向にあります。

希少犬種なだけにペットショップで見かけることはありませんが、国内にブリーダーさんが少なからずいらっしゃいます。
子犬を探す場合には、ブリーダーで探されることをおすすめします。

ベルジアングリフォンについて さいごに

ベルジアングリフォンは、愛嬌のあるひょうきんな表情がとても愛らしい犬種です。
希少な犬種ではありますが、とても可愛い性格をしているので、一人暮らしでも小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭にもおすすめの小型犬です。